FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
社会 第18回(昭和時代2)
2013年01月17日 (木)
社会の第18回は「昭和時代(2)」

ついに5年生の大トリ。ここまで辿り着いたか~(しみじみ)
歴史もこれにて終了。

昭和なんてついこの間じゃん、と思う昭和生まれの自分。
さすがに高度成長期の世代ではないけれど、その頃の話は親から聞いてたし
歴史として習ったというよりリアルな暮らしの方に近い感じ。

今回もNHK教育の10min.を利用。
予習シリーズを開いた状態で見ていると、ほとんど対応してる。
使われてる写真も同じという時もあるし。

鎌倉・室町あたりの濃さとは違って、1回分の負担が少なく感じた。
覚える用語はあるものの、人物や文化や歴史的事柄の多い古い時代とは違う。
三種の神器なんてソラで言えちゃうぞ(私はね・笑)

ちなみに週テスト問題で三種の神器を選択肢から3つ選ぶ問題で
ムスメは「冷蔵庫・洗濯機・カラーテレビ」を選択。
惜しい、3つめはカラーテレビじゃなくて白黒テレビでしたー。

そうだよなぁ、写真だってテレビだってカラーが当たり前だもんなぁ。
映画「always 3丁目の夕日」で家にテレビが来た日のシーンを見て
そういえばあれも白黒だったよねー、なんて。
あの時代が舞台になっているドラマや映画はムスメには新鮮に見えるみたい。

そのうちバブルが弾けた頃なんてのも歴史として習うんだろうなぁ。
つい最近の気がするのに。大人になってからだとそう思う(苦笑)

そういえば後から生まれれば生まれるほど歴史の範囲が増えて大変だよね~、
なんて学生の頃に話してたことを思い出した。私も子供だったなぁ(遠い目)

年が明けてからは英検の方に重きを置いてる状態なので
社会は正直ちょっと手薄感は否めないけど、こんな感じなので助かる。
この範囲のテストも受けないから余計に手薄って話も。

こうやって思うと、定期的に範囲に沿ったテストを受けるのって
尻に火がついてモチベーションを保つのにも良かったんだなぁ。

4年生でも同じように1月末の組分けテストを受けていないので
どうしても下巻の最後2回分くらいは手薄になってた。
今回も週テスト問題を納得できるまで反復するというのは省略だし(汗)

まぁいいや、次にやる時は6年の夏休み以降の総まとめの時だ。

とにもかくにも、これにて5年生の社会オール終了。やったー。
予習シリーズ購入(6年)
2013年01月15日 (火)
年が明けてから6年生の予習シリーズを購入。

前は12月頭の発売をまだかまだかと待っていたこともあったなぁ(遠い目)
今じゃカリキュラムギリギリだ。

今回購入したのは

6年上巻
・予習シリーズ(算数)
・予習シリーズ(理科)
・予習シリーズ(社会)
・サブノート(理科)
・サブノート(社会)
・週テスト問題集(算数)
・週テスト問題集(理科)
・週テスト問題集(社会)
・計算と一行問題集(算数)

これまでと変わらず。

カリキュラム的には6年生上巻で範囲が終了するので
予習シリーズの購入はこれで最後になるはず。

下巻は・・・売ってるんだっけ?(コラ)
予習シリーズとしてはちゃんと下巻もあるんだけど
内容はこれまでの総復習になっているので使わない予定。

代わりにというか、6年生の後期用として「実力完成問題集」だとか
通年教材としてだけど「四科のまとめ」が用意されているので
後期はそういった教材を使うことにしようかなとは考え中。

でもうちの場合は志望校に合わせると基本中心になると思うので
市販の受験用教材を使ってもいいのかもしれない。

そのあたりも考えつつ、まずは目の前のものに一生懸命取り組むのみ。

6年生の教材かぁ・・・毎度のことながら新しい学年のものはドキドキする。
パラパラと見てみても当然難しそうに見えたりもする。
でも1つずつコツコツとやっていけば終わるんだしね(当たり前か)

さぁコピーとスキャンに励もう(笑)
予習シリーズ(算数)下/第17回
2013年01月14日 (月)
5年生(下)の第17回は

・正比例と反比例
・時計に関する問題


比は比でも正比例と反比例。
ムスメは何だかわかるようなわからないような・・・(苦笑)

実は前回までにやった中でも逆比ってのがちょっと苦手みたいで。
増えていく、減っていくの正比例と反比例はわかるんだけどね(笑)

それからこれまで文章題なんかもアナログで1単位量あたり・・・で
コツコツと答えを出してきているので、なかなか比を使おうとしない。

丸覚えやとりあえず数字を使うというやり方よりも
アナログ的でも考えながら答えに辿り着ければOKとやってきたので
気持ちもわかるんだけど、比でやった方がいいところも完全スルー。

そろそろ比でやるようにしようね、と前にも言ったんだけどなぁ。
なかなかそういうところは頑固者で(汗)

時計算も時計だし角度だし大丈夫かなと思ったら意外と難航。
そんな時、無料解説映像を知ったので利用してみた。

正比例と反比例のところも合わせて再度。
わかりきってる部分は飛ばしつつ一緒に視聴。
解説というか、例題を使ってやり方を教えてくれるという感じで
途中で一時停止をしてその場でやってみて、答えを確認。

答えも選択肢になっていて、正解すると「その通り!」なんて褒められて
間違えた時は「おいおい、これまで何をやってきたんだ」なんて言われて(笑)
私と同じようなこと言うのでちょっとウケた。

予習シリーズの例題と同じかどうかも見てないからわからないけど
見た感じ似てるのでそこだけやって、時計算は予習シリーズの例題はパス。
そのまま基本問題に進むことにした。

正比例と反比例も確認になったし、歯車の問題はちょっと曖昧だったので
1つずつやることができて良かった。

どういう感じなのか見たかったので私も一緒になって隣で視聴しつつ、
わかってるところは飛ばしたりなるほど~なんて言ってた(笑)
これからも利用しようと思う。

<基本問題>

比のところは本当に基本的なところは何とか頑張れた・・・かな。
まだちょっと頭の中がスッキリした感じはしないけど。

どのパターンが正比例か反比例かをいろんな具体例から選ぶものは
良い練習になると思った。まだアヤフヤだったけどね(苦笑)

文章題ではグラフの読み方がおかしくて、正比例うんぬん以前の問題。
何でかなぁ。
そういえば何かのタイプはグラフを読み取るのが苦手って見た覚えが。

グラフを見ていけばわかるものを・・・というのが
読めない人からしたらわからないらしい。うーむ(汗)
変化する部分が見れないということなんだろうか。そう思うと少し納得。

理科でもそうだからなぁ、まぁ苦手でも何でもいいし
他の人と違うおかしな方法でもいいからその人なりの読み方が見つかれば。
個性が強いわけじゃないのにこういう特徴的なところは強いからなぁ。

時計算もわかったようなわからないような・・・で持ち越し数問。
でも明らかに無料解説ビデオを見たおかげでやりやすくなってると思う。

と言いつつ解き直しは一発で終わらず(汗)

まだわかってないんだよなぁ。
というより、やり方を覚えるために「言われた通りにやってみ」と
言っておいてもその通りにやってこない。

もちろん最初から「とにかく何も考えなくていいから言われた通りにやれ」と
言うわけじゃなくて、解説ビデオも見て理屈がわかってるはずなんだから
後は四の五の言わずに演習してみろって言ってるつもり。

だけどなぁ、妙に頑固なところがあるのでやらないんだ(怒)
かと言って納得しようと何かするわけでなく、また自己流でやるわけでもなく。
何だろうなぁ、ホントよくわからない。

解き直しを2回くらいして練習問題へ。

<練習問題>

めんどくさーーい(コラ)
もう、私が考えるのも面倒で。年齢と共に理解力が落ちてる気がする。

比の「★:☆」を使う時と使わなくてもできる時があるのが
よくわからないようで、比を使った方が簡単なのに延々とやっていたり
逆に単純に考えればいいものを比の式にしようとして混乱していたり。

うーん、根本のわかっていない典型的親子(私も同罪)

でもなぁ、「1グラムあたり」で考えればいいものくらいできて欲しいなぁ。
それもスルーっと計算間違えたりするからなぁ(涙)

それから時計算。

こちらは映像授業のおかげでだいぶわかりやすくなったとはいえ
何だかこんがらがって考えちゃうんだよなぁ。

でも基本的なことはできるので、後は問題の条件をきちんと使えば。

・・・なんだけど、どうも視点がおかしくて。

何だかすっとんきょうな答えを書いてくるから「???」と思って
どうしてこれが出るのか聞いていると話がどうもおかしい。

問題は「長針と短針が重なるのは午後何時何分か」なのに
なぜか間が180度になる時間を計算して求めてる。

えーーー??なんでなんで??

「だって一直線に・・・」って、それは1つ前の問題でやったやつじゃん。
全くどういう頭になってるんだか。
一緒に問題を読み上げてやっているはずなのに、頭の中だけ置いてけぼりってか。

集中力がある人って単に没頭してるってことなんだよなぁ。
話は聞いていても耳に入ってるだけで、脳まで伝達されてないというか。
こういう人って時と場合によっては「夢見る夢子ちゃん」なんて言うんだっけ(古)
でも勉強の時は勘弁してほしい。

と言いつつ、こういうところを除けば時計の角度から
針の重なりや動きを出すのは旅人算が嫌いじゃないので大丈夫。

いろんなところでいろんなものが絡んでくるから怖いよー。
学判テスト結果(5年・冬)
2013年01月12日 (土)
5年生として最後の学判テストの結果。

(※算数・国語=150点、理科・社会=100点満点、偏差値は四捨五入)

        点数    偏差値
算数 ・・・  78点     53
国語 ・・・ 103点     50 (←実際は49.9)
理科 ・・・  56点     56
社会 ・・・  54点     59

偏差値・・・ 4教科=54

週報のようなまとめが出てないのかうちが見れないだけなのか
今のところわかるのは各教科と4教科のみ。
(2教科、3教科はいつもまとめ一覧表から拾ってるので)


自己採点の時点で過去最低だなとわかったくらい。
特に学判は普段の組分けテストよりも良かったので余計に。

・・・と深く深く落ち込んだのに蓋を開けてみたら、あれ??

過去最低には変わりないのだけど(汗)
どれも40台を覚悟していたので一瞬よくわからなかった。

でもこれには理由があって、聞くところによると
大きな塾の子達が冬の学判は受けないからだとか。
そういえば1000人くらい減ってるもんな。

なので毎年この時期の学判は平均点が高めに出るそうで
つまり成績も甘めに出るというのが定番らしい。へぇ。

でもその大きな塾や他にも普段はいるであろう方々とは違う地域だと思うので
自分の書いた志望校別の判定の数字(人数とか)は変化ないと思う。
てか、その前にうちの地域でどれくらいの人が学判受けてるんだって話もあるけど。

しかしなぁ、何だかびっくり。
それに一番驚いたのが国語。

ぶっちゃけ一番良いと思って、このところ悪かったけど持ち直してきたか~、
なんてしみじみと感心していたのに。ぬか喜び(汗)

これは男女別で点数を出すからなんだよね。

女の子は国語が良いので平均点が高い。⇒だから思ったより偏差値は低い。
しかし女子達はみんなすごいねぇ。いや、うちも女の子なんだけども。

ちなみに男女別の平均点。
※1/16 男子平均点追記

            <男子>         <女子>
        今回  夏    春    今回  夏    春
算数 ・・・ 75点(83点/75点)  68点(76点/67点)
国語 ・・・ 98点(84点/94点) 103点(92点/98点)
理科 ・・・ 51点(53点/67点)  47点(52点/65点)
社会 ・・・ 42点(58点/59点)  37点(55点/57点)


算数は前回より7点も下がってるので助かった。
しかし・・・国語は10点もアップですか~。
そして理科と社会はどちらも50点以下。特に社会はすごい。

男女差も相変わらず。
女子で見ると算数は-7点、国語は+5点。
やっぱりムスメが男子だったら国語も平均点いくんだよなぁ(苦笑)
その分、算数が下がるのでどちらも51~52くらいに揃う感じになるかな。

でも国語以外は男子の方がいい。つまり合計点も男子の方が良いわけで
こうやって男女差ってついていっちゃうんだなぁ。
ムスメは女子校なのでどちらにしても男子とは競争しないのだけど(笑)

理科と社会の平均が低かったのは、もしかしたらカリキュラム的に
やっていない他の塾の子達も受けてているからかなぁ、なんて思ったり。
個別指導塾でやってる子達とかね。
それを言ったらキリがないけど、学判は組分けよりも
外部の子が受ける率が高いのかなと。

++++++++++++++++++++++++++++++

各教科の振り返りは素点が出た時点で書いたもの。
今回出来具合と偏差値が噛み合ってないけど(汗)

<算数>

大問1の計算問題3問はクリア。当たり前になって欲しい(願)

大問2の一行問題は散々。

2つくっついた三角形のうちの角度を出す問題。
どうして勝手に90度って決めちゃうのか??
他の2つの角が38度と54度って書いてあるよね?それで残りが90度?
見た感じ直角に見えるからそうしたらしい(呆)

そのすぐ次の速さの問題。
「時速18kmで走る時、6kmの道のりを走るのに何分かかりますか」

時速を分速にして、分速0.6kmらしい。
あぁそうですか、18(km)÷60(分)が0.6になるんですか。
どうなんだ、この計算間違い。

あとは約数の個数を出す問題、何通りか出す問題、公倍数絡みの問題。
この3つは元々苦手なところなのでチカラワザでやったらしいけど間違い。

一行問題の最後の2つは仕方ないとしても(普段から2つくらいできないから)
最初の2つは言葉も出ない。

大問3(比)、大問4(角度)は2問ずつともに大丈夫だった。

大問5の差集め算はできているはずなのに何だか違う。
差集めの基本はできているのに、「何を出してるのか」をいい加減に
やっているので最後までちゃんとやり切れない。

大問6の図形の回転も途中までやって飛ばし、大問7は(1)だけ正解。
大問8は手を付けず大問6に戻って考えてる間に時間切れだったらしい。

タラレバでいってもそんなに点数ないなぁ。
一行問題で3問(+18点)、大問5の差集め算で1問(+6点)で+24点。
それでも100点ちょい超えくらいか。

春の学判で94点、夏で102点だったので、それくらいにはいけてたってことか。
あーあ、最初の計算問題で間違えた時の方が点数良かったってのも何だかねぇ。

<国語>

一番よかった国語。
自己採点していても「おっ?」という手応え。
物語文と説明文どちらも良くできていて、抜き出しや記述が良かった。

内容や気持ちを問われる選択肢問題ができていないところを見ると
内容を把握できてないのか、聞かれていることが何か頭で変換されているのか。
聞かれたことに答えることができないからなぁ。

記述は物語文で12点中11点、説明文では何と満点。
わかりやすい文章だったとはいえ記述が驚くほどポカをしなくなってきた。

語句系は・・・相変わらず。敬語が壊滅(汗)
見直しながら再度教えてみたんだけど「???」だった。ありゃりゃ。

「相手を持ち上げる=尊敬語」というのも
「相手を持ち上げる=自分が下がる=謙譲語」に脳内変換されたり(汗)
こういうときだけどうして「つまり」と置き換えられるのか。

漢字はこれまでの組分けテストの漢字部分をやっておいたら
そこでやったものがいくつか出た。そのおかげで10点中7点。
しかも家では間違えて書いていたので再確認しておいたものばかり。
これで間違えてきてたらガックリだったよなぁ(汗)

正解率は
物語文72%、説明文73%、語句38%、漢字70%

もうね、読解問題ができると本当にホッとする。
それなら語句を頑張れよということもあるんだけど
6年生になったら国語頑張ろう(先送り)

<理科>

普段は大荒れもしない理科なのに初めてガックリ。
でもこれまでのテストでも普通にできてるものができないというのが続出。
こういうことがあるのか・・・と本番のことを思うと初めて怖くなった。

何ていうのかな、間違えたところを聞いてみると即で正解が言える。
選択肢問題だと「こっちじゃないならコッチかな?」で言ってるかもしれないけど
それじゃあ「直しの女王」になっちゃうよ。直しなら完璧ってのも情けない話で。

だって普通に「何でこの答えにした?」と聞いてみると
「だって・・・あ、正解って★★?」と正解を言ってくるんだもん。
これじゃあどこをどう修正したらいいんだか本当にわからない。

本当に間違えているところもあれば、問題読み違いだったり
答えだと思っているものと違うモノをウッカリ書いたり。

・・・こういうウッカリというのを私はやらかさないので本当に解せない。

普段は間違えた問題や単元ごとに書くけど、間違い多すぎて書けないや(汗)

強いて言えば天体と気体は良かった。
気体は普段アヤシイくせにテストだと意外とできる不思議。

<社会>

社会は歴史に入ってからも安定していたのに、これまた散々。

でもね、難しくて・・・ではなくて、これまた理科と同様で
今までやれてたことができていないという変な感じ。

算数のようなものなら、今までやれてたのにできなくなった・・ということが
あるのかもしれないけど、覚えていることが出せなくなるのは??

それにすごく不可解な頭の構造になっていて

・~~が京都に幕府を開く
・参勤交代の制度を確立したのは~~

というのがわからなかったと言う。・・・へっ?

ムスメの中で「幕府を開く=初代将軍」というのが思いつかなかったらしい。
わざわざこういう言い方をするということは他に誰かいるんだろうか、とか
初代は初代なだけで、実は幕府を実際に開いたのはその後の人だったっけとか。
参勤交代にしても「確立した」と言われただけでもうダメ。

試しに聞いてみたら、「江戸幕府の初代将軍は誰ですか?」なら答えられても
「江戸幕府を開いた人は誰ですか?」だと微妙らしい。

えっ・・・(絶句)

流れで覚えましょうとか、そういう問題じゃなくて
何か頭の中がおかしくて私にはよくわかりません。

それから相変わらずの決めつけ。

聖徳太子が行ったことを選ぶ問題で「小野妹子を唐に送った」を選択。
いや、違うよね「小野妹子って何だった人だっけ?」と聞くと「遣隋使」

・・・だったらコレ選ぶことはないんじゃない??
わかってるのに選ぶって何で???

1つめの選択肢「役人に仏教をさかんにすすめた」というのを
勝手に「正しくない」と決めつけて、残りの3つから無理無理に選んだ模様。
でもさ、明らかに残りの3つが違うんだからさ、戻って選べばいいだけじゃん。

「農民が武器を持つことを禁止する。~~をくわだてて反抗するものは」と
いうような文章でも、「くわだてる」がわからずに答えはサッパリ。
でもさ、農民が領主に反抗うんぬんと書いてあるんだからわかるよね。
その部分を強調して聞いてみると「一揆だ」とすぐ答える。
わかるのにわかりましぇん、なんて全くどうしていいのか。

ほとんど口を出さないオットも今回ばかりは
「ナメてるというか、おごりがあったんじゃないのか」と言った。
普段勉強にはノータッチだけど、テストの点数や出来具合は報告しているし
前日に学判の過去問をやっているのも見ていて
「学判は組分けよりも簡単♪」と言っていたのを覚えていたらしい。

簡単だからってナメたりするような子じゃないと思うんだけどな、
でも社会に限らず上っ面を読んでホイホイホイ~と手を付けてるように
見えるところも多々あるので、もしかしたらちょっとはあったのかも。

それに急に普段やらないようなこともやってみたり。
普段「アメリカ」としか答えないのに急に「アメリカ合衆国」なんて書いて。
間違いじゃないけどさ、これで漢字でも間違ってたらどうするんだ(怖)
これまでに1度もそこまで書いて答えたことないよね?
普段やらないことを本番で急にやるのって本当に怖い。

問題用紙4枚中、後半の2枚は地理、産業などの問題。
久しぶりだからどうかと思ったら意外とできてた。何度もやったおかげかなぁ。
ぶっちゃけ歴史よりも良くて助けられたくらい。

しかし歴史。

覚えている知識そのものも大事だけど
聞かれ方で答えられるなくなるなんてよくないこと。
というか、ひっかけでも何でもなくて勝手に転んでるだけが相当多い(汗)

何だろうなぁ、言葉を知らないからなのかものすごい脳内変換されてたりするし。
素直に聞かれたことだけに答えればいいのに・・・と思う反面
「つまり」と深く考えなきゃいけないところでは素直に表面だけを見てたり。
逆なんだってば・・・と思うことも多い。

+++++++++++++++++++

偏差値はどうあれ、出来具合で見ればダウン2連続はキツイなぁ。
もう自己採点してる時の辛さと言ったら(涙)

それも問題自体は組分けよりはまだわかりやすい内容だと思うし
問題数と時間も普段よりはきつくないと思うのにな。

国語の出来が良かったのがせめてもの救い。
・・・結果的には一番悪かったけど(汗)

でも読解はムスメにしたらよくできたと思うし、記述も良かった。
だから国語の力としては全くないわけではないということだと思いたい。
文章の読みやすさにも左右されるので安定して取るのは難しいし
今後はますます文章が難しくなってくるらしいのでちょっとドキドキ。

あとは今回はポカミスというよりも、また違う種類の間違え方を見た。
こういうこともするんだ、こういうこともあるんだ、というのを知った。
今で良かったかも・・・と思うことにしよう。

当たり前なことを当たり前に、できることを確実にって難しい。
でもそれを目指したい。
難しいことできなくていいのでね、基本を確実に。

後は意識の問題。
でも気負いすぎると突然「アメリカ合衆国」まで答えちゃうので
あまり気負わせすぎるのも考えものかも。

だけど受験者数が少ないとか、平均点が低かったからと言っても
受けた中での上位35%くらいに入れたってのは
自宅組にとってはバンバンザイ。4教科で54だったら御の字。

6年生に向けていろいろ発見、考えることがあった。
5年生で3回の学判テストお疲れさまでした。
理科 第17回(動物とヒトの誕生1)
2013年01月10日 (木)
理科の第17回は「動物とヒトの誕生(1)」

メダカとニワトリ、それから動物の誕生の話。
久しぶりの自然界(怪物くんか・・って、あれは人間界か)

メダカは学校でやったのでスムーズ。
でもだいぶ前だったみたいなので思い出しながら。
そして学校よりも話が深いので新たに知識を足しながら。

女子校の入試ではこういう生物系が多いと聞く。

ムスメの志望校でも数年間ずっとメダカちゃんが出てる気がする。
もちろん予習シリーズ網羅してないと答えられないほどの問題はなくて
学校の授業でやったところから出るようなイメージだけど。

これまた感覚でやってしまうところがあるので
場所や名称もきちんと押さえておかないとな。

それに哺乳類だけど卵で生まれるだとか、水中で生まれるだとか
爬虫類だけどどうだとか・・・若干ごちゃごちゃ(苦笑)
私はちょっとこの手のモノが苦手なのだけど、ムスメは好きみたいなので
きちんと押さえておいて下さい(コラ)

水溶液や気体のように計算もないので平和だー。