FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
週テスト問題集(下)第11回~第15回
2011年10月02日 (日)
算数は週テスト問題集(下巻)のB問題をコツコツやってる。

この5回分も組分けテスト(第15回)だけを残すのみだったので
2日連続で結果記録。

上巻の時と同じように5回分ずつの途中経過。

       ムスメ  平均
         ↓     ↓
第11回   92   74   ・・・ならべたご石の数
第12回   79   64   ・・・日付や日数と曜日
第13回   72   72   ・・・円と正多角形
第14回   77   69   ・・・立方体と直方体(2)
第15回  132  114 (200点満点・各コース共通問題)

+++++++++++++++++++++++++++

<問題のパターン> 通常回の場合

大問1=計算問題4問
大問2=単元から一行問題レベルが4問
大問3=単元から基本レベル?が2問
大問4=単元から練習レベル?が2問
大問5=単元からややこしレベル?が2問

※時間的にも最後までやれないことが多いし、大問5はできなくてもヨシ。
我が家レベルの目標としては大問4の1問目までを確実にやり切る。

★第11回・・・ならべたご石の数

一番最後の一問だけ時間切れ⇒そのまま自力でもやれず。
時間内にできたところは全て正解。どうも集中してできた様子。

ただ、大問4あたりだと自己流で何とかやって答えに辿り着いたみたいなので
解説を一緒に見て、もうちょっとラクに辿り着けるやり方も確認。
でも週テスト問題集の解説は答え合わせ用の補助的なもので詳しくはない(苦笑)

★第12回・・・日付や日数と曜日

予習シリーズで若干危なっかしい感じだったけどお近づきになれてきた様子。

大問3の(1)は「何日間」もちゃんと+1で計算してるのに転記ミス(アホ)
大問4は2つとも間違えた。曜日を出すやり方を再確認。
1つ違うと次も間違えちゃうしなぁ。

大問5も何日目と曜日を出すものだったけどできてた。
けどやり方は遠回りだし何だかスッキリしてないのでやり方を確認。
正解してたけど再度やってみて欲しいので、やり直しに入れておくことに。

★第13回・・・円と正多角形

普段は時間切れはあまりないけれど、図形モノは時間切れになるな~。
大問3(2)と大問4(2)を飛ばして時間切れ。
その代わりに大問5は2つとも正解。

こういう調節は教えたわけではないんだけど・・・本能か(笑)

間違えたのは久しぶりに最初の計算と(コラー!)、大問3の(1)
後は時間切れの分。これでギリ平均点なのか。
あ、計算問題をちゃんとやれてたら平均点は超えるじゃん。

ちなみに計算は筆算に書き直す時の転記ミス。防ぎようがないじゃないか・・・

間違え+時間切れの3問は一緒にやってみるけど意外と難航。
答えを見るも「えー?」とよくわからない(私も)
もうひと声、解説が欲しいっす・・・。

★第14回・・・立方体と直方体(2)

ムスメの好きな展開図。今は何の根拠もなく頭の中でやっている。
感覚でわかるのもいいとは思うんだけど、難しくなったら困るんだろうな・・。

大問2の一行問題で、展開図を組み立てた時に指定された辺と重なる辺は?で
ちゃんと指定された辺に線を引いてるのに、いつしか違う辺で考えたと(アホ)

あとは大問5が2つとも時間切れ。そして時間外でやるのも諦めた(笑)
ややこしいよな~。
解説を1つずつ見ていきながら検証していく。
私は何だかこんがらがっちゃったんだけどムスメは「そうか~」と言ってた。

ただ、言われればわかるけど自分からは導き出せないレベルかな。
(英語と同じで言ってることはわかるけど自分では喋れない、みたいな)
展開図に関しては基本形をきっちり押さえてあればいいや。

+++++++++++++++++++++++++++

<問題のパターン> 組分けの場合

大問1=計算問題4問
大問2=一行問題8問
大問3から大問7まで=2問ずつ

※時間的にも最後までやれないことが多いし、大問6・7はできなくてもヨシ。
我が家レベルの目標としては大問4までか大問5(1)までを確実にやり切る。
それ以前に計算と一行問題はきちんとやること。

★第15回

一番最後の大問7が2つとも時間切れ。
あとは一行問題が2つ、大問3(2)、大問6(1)(2)が間違い。

一行問題は「選び方」と「ご石の並べ方」である意味納得。

特に選ぶものは、昨日も話をしたばかりの「選び方」と「並び方」の取り違え。
カードを使ってはいるものの、選んだカードの「数字の和が8になるもの」なので
順不同でいいわけだよね。だから「選び方」でいいんだけど
ご丁寧に樹形図で並べ方を書いてカウント。

カード=並べ方!と丸覚えしてるわけじゃなくて、思い込み・・・か。
問題文に「カードを選ぶ順番は考えないものとする」と書いてあるのに
そこを読んだか聞いてみると「あっ・・・(汗)」と。おーーい。

多分一行はさっささっさとやっているようで、カードの話を見ると
何をどう選ぶのか、くらいを読んだ時点でさっさと書き出してしまう模様。
何だかねぇ。

書いた分の樹形図からダブりを引けば、ホラ正解。あー、もったいない。

もう1つの碁石の並べ方も何だか思い込み。
「右の図のように」ってあるのに図を数えず。

もうね、根本がわかってないなら教えるけど、わかってるけどおかしなことを
されてしまうと、どこをどう教えていいんだか。

大問3の展開図では「組み立ててできる直方体の辺の長さの合計」を出すのに
展開図からせっせと足していったみたい。
そんなことしてたら間違えたり数え漏れしちゃうだろー。

組み立てた完成図を書いて、そこから出したらいいんじゃない?と言うと
「あ!ホントだ~(ニコニコ)」・・・平和だな、おい。

大問6は日付と曜日の問題。
(1)はできると思うんだけどねぇ、また前に教えたやり方を完全無視して
自己流なやり方(というより力ワザで押し込み)で出してた⇒間違い。

頼むから、統一したやり方でやろうよ。
教えた時にそのやり方の方がわかりやすい、やりやすいって言ってたじゃん。
なのになぜ使わない??

この時はこのやり方!って公式みたいに決めつけて丸覚えってんじゃなくて
ちょこっとやりやすい方法を取り入れてるだけだし
これで類題をいくつかやった時はきちんとできたから採用を決めたのにさ。

自己流でもいいけど、だったら正解しましょーよー。
間違えやすいから工夫を教えてるのにさ。

何かこういうとこ頑固っていうのか、いや、わざと使わないんでもなくて
ただ単に忘れてるらしい。よくわかりましぇん(涙)

この範囲は取り立てて困ることは・・・ないはず。
でもご石の数、日付や曜日っていうのは紙一重だからなぁ。
一行問題の日付はちゃんとできてたから基本は大丈夫そうだけど。
まずは何より基本をきちんと。計算もね。
週テスト問題集(下)第6回~第10回
2011年10月01日 (土)
算数は週テスト問題集(下巻)のB問題をコツコツやってる。

上巻の時と同じように5回分ずつの途中経過。

組分けテスト(第10回)は時間がかかるので週末にまわしてたので
この5回分は今日までズレ込み。
反対に通常回がどんどん進んでる状態で第11回~第15回の分も
あとは組分けテスト(第15回)を残すのみ。これは明日やる予定。


      ムスメ  平均
        ↓     ↓
第6回    63   64   ・・・いろいろな選び方
第7回    63   71   ・・・時間の単位と計算
第8回    84   73   ・・・線分図に整理する問題
第9回    70   76   ・・・三角形の面積
第10回  134  115 (200点満点・各コース共通問題)
 
+++++++++++++++++++++++++++

<問題のパターン> 通常回の場合

大問1=計算問題4問
大問2=単元から一行問題レベルが4問
大問3=単元から基本レベル?が2問
大問4=単元から練習レベル?が2問
大問5=単元からややこしレベル?が2問

※時間的にも最後までやれないことが多いし、大問5はできなくてもヨシ。
我が家レベルの目標としては大問4の1問目までを確実にやり切る。

★第6回・・・いろいろな選び方

一行問題で2つ間違い。
赤玉・青玉・白玉の並び方を聞かれてるのに「選び方」にしてた。
もう1つは3本の棒を使って作る三角形。よく出るパターンなんだけどな。

あとは大問4(1)と大問5を2つとも。
もうこればっかりは数え間違い、ダブりも数えてたり、そういうのだから
気を付けてやろうとしか言いようがないような。

★第7回・・・時間の単位と計算

一行問題で1つ間違い。計算間違い(コラ!)
あとは大問4・大問5を全部できず。

「20分の7日」というのがわからなかったみたい。
時間切れではないので一応自分なりに考えてたみたいだけど(苦笑)
そこの部分がわかればあとは自力でできた。
大問5も間の数を間違えてただけで惜しかった。

でも問題文の条件がやたらと長いので整理できなくて
意味わかんなくなっちゃってることがあるのかも。
図を書いて1つずつ見ていけばできそうなんだけど。
・・・って今回はちゃんと図を書いていたんだけどねぇ(苦笑)

★第8回・・・線分図に整理する問題

大問5の2つが時間切れ。
でもそのままやって(合ってても点数には入れないけど)も正解はできず。

だけど大問4まではきちんと取るという、ある意味うちの理想形なのでOK。
線分図に直すのは慣れてきているかな。

★第9回・・・三角形の面積

やっぱりねぇ、面積はまだまだ修行が足りませぬ。
一行問題で三角形の面積が間違い。勝手に長さを決めるな~(汗)

大問4(1)も間違えて、大問5の2つは時間切れ(その後の自力でもできず)

2つの三角形の面積の差がわかってる状態で
そこにそれぞれ同じものを足しても差は変わらない
・・・っていうパターンがまだできないかな。
私はパターンに見慣れてきたので問題読んで気付くようになってきたけど(笑)

どうしても書いてある数字を駆使して面積を出したいと思うようで。

わからないでもないけどね
でもどう頑張っても出せないようになってるから(苦笑)

大問5はややこしいけど2人でそれぞれにやってみた。

ムスメは答え合わせの時、自信があって(?)間違えた問題は
「ちょっと待ってて!」とコソコソ~と直すんだけど
わからなかった問題は「一緒にやろう!」と裏紙を持ってきてくれる(笑)

図形に関しては私は速いのでさっさと解いて答えを確認してると
「ズルい~」と言うけど、「教えて~」とは言ってこない(笑)
意地があるんだかどうなんだか。

あまりにわからない時は(私も含めて・汗)悩んでても仕方ないので
解説の解き方を見て「あーそうかー!」でいいと言ってあるんだけど
答えを見るのはいけないことだ、といういう倫理観があるようで見たがらない。

いやいや、自己満足で「できた!」よりも
解説を見て「そうか!」の方がいいんだよ、とはいつも言ってるんだけど。

まぁ私が解説見て「そうか~なるほど~」と言ってるようなレベルなので
あまり説得力がないのかもな(苦笑)

+++++++++++++++++++++++++++

<問題のパターン> 組分けの場合

大問1=計算問題4問
大問2=一行問題8問
大問3から大問7まで=2問ずつ

※時間的にも最後までやれないことが多いし、大問6・7はできなくてもヨシ。
我が家レベルの目標としては大問4までか大問5(1)までを確実にやり切る。
それ以前に計算と一行問題はきちんとやること。

★第10回

まず時間切れが大問5(2)、大問6(2)、大問7(1)と(2)の4つ。
解答した中での間違えは一行問題で1問、大問4(2)、大問6(1)の3つ。

こうやって飛ばして、大問4と大問5の(1)はそれぞれできていたので
時間がかかりそう・・・と思ったものはスルーできるみたい。

まずは最初の計算~一行問題まではきちんととれていてよかった。
ココ基本なのでね(笑)

一行問題で間違えた1問は並べ方。やっぱりか~(汗)
でもよく見るとカードで整数を作る問題で、「何通りの整数ができるか」を
聞かれてるんだけど、ムスメは「選び方」で答えてた。

「何通りの整数ができるか」なら「並べ方」なんだけど
どうも選び方・並べ方が混ざってしまう時がある様子。
お金の払い方なんかだと「組み合わせ」だから選び方になるし
そっちの方が馴染んでるのか、組み合わせ(選び方)に偏りがちなのかも。

「カードでできる数のこと」だとわかれば答えも合うので
しっかりと何を聞かれてるのか確認してやれるといいな。

大問4(2)も何だか問題をおかしな風に取り違えてた。
「わくの中の最も大きい数」を全体のカレンダーの大きい数だと思い込み。
カレンダーの中で一番大きい数って言ったら月末しかないじゃんか。

大問5(2)は時間の問題で時間切れ&手つかず。
よーいどん!で個々で解いてみると、1パックにして考えることはできて
でも時間の計算で手こずっていた。

大問6は並べ方。(1)は答えてたけど不正解。
2本ずつある3種類のジュースを2本ずつ3つの袋に分け・・・
もうややこしくなってしまうらしい。私もだ~(汗)

大問7の図形の面積は両方時間切れだけど(1)はその後自力でやれてた。
(2)も別々にやってみたら私より早くできた。よしよし。

+++++++++++++++++++++++++++

この4回分の中で行くと、やっぱり「いろいろな選び方」が鬼門だな~。
線分図は3年生からちょこちょことやってきたからか定着。
三角形の面積も何とか慣れてきたみたい。
後は「時間の単位と計算」もビミョーなので気を付けたいところ。
週テスト問題集(下)第1回~第5回
2011年09月23日 (金)
算数は週テスト問題集(下巻)のB問題をコツコツやってる。

5回ごとの組分けテストは時間もかかるので休みの日に。
内容は最後まで一応やっているので多少順番が前後しても問題なし。

上巻の時と同じように5回分ずつの途中経過。


      ムスメ  平均
        ↓     ↓
第1回    84   73   ・・・分数のたし算・ひき算
第2回    85   63   ・・・いろいろな四角形
第3回    63   63   ・・・整理と分類
第4回    49   78   ・・・周期算
第5回   122  122 (200点満点・各コース共通問題)


出だしだけは上巻の時と同じでまずまずなのに、その後が(汗)
単元別テストなので良い時と悪い時と顕著に差が出るなぁ。
でも最初の計算問題で落としてるものもあるので、そうも言ってられない。

+++++++++++++++++++++++++++

<問題のパターン> 通常回の場合

大問1=計算問題4問
大問2=単元から一行問題レベルが4問
大問3=単元から基本レベル?が2問
大問4=単元から練習レベル?が2問
大問5=単元からややこしレベル?が2問

※時間的にも最後までやれないことが多いし、大問5はできなくてもヨシ。
我が家レベルの目標としては大問4の1問目までを確実にやり切る。

★第1回・・・分数のたし算・ひき算

最後の大問5だけを間違えて、そこまでは全部できてた典型にしたいパターン。
(いや、満点目指せよって話だけど現実的に)
その問題もきちんと図を書いて考えればわかりそう。

「8mの長さのうち5分の2」というのが、大人だと分数のかけ算でやれるけど
まだ習っていないので小数にしたりやってくうちに混乱した様子。
その後に「5分の4メートル」と、今度は1メートルが基準のものが出てくるし
元々コレ系は勝手にひっかかることが多いからなぁ。

★第2回・・・いろいろな四角形

一行問題で「平行四辺形の性質」を記号から選ぶもので間違い。
コレ、確か予習シリーズの練習問題でもずっと残っていたような気がする。
垂直って言葉がわかっていなかったり。
でも空いてるところに平行四辺形を書いて考えていたようなのでやや進歩か(笑)

もう1つは大問5の(2)
(1)はできていたので惜しかった・・かな。
問題の中にあるポイントを使えてない(思いつかない)みたい。

★第3回・・・整理と分類

一行問題の簡単なベン図で人数間違い。
ダブってるのをひき忘れてるとか、基本的すぎる(汗)
それで次の問題も間違い。

大問4の表から人数や平均点を出すもので(1)は正解でも
(2)では引かなきゃいけないのを引き忘れ。
大問5はややこしいので少し解説を見ながら確かめてみるのみ。

最後の問題はできなくていいので、一行問題はできるようにしたい。

★第4回・・・周期算

うげー(涙)
予習シリーズではそんなに立ち止まらなかったものが
こういう時にやっぱりドツボになることが多い気がする。
根本はわかってるけど、問題だとこんがらがっちゃう・・という事に多いかも。

基本的な1パックはわかっていて、それを出したり計算したりするのは
大丈夫なようで、自ら引っかかるのは図形の問題。
これも1パックに分けられればその後はスムーズなんだけど
どこでどう分けていいか迷うらしい。

ただ一行問題だと四角形みたいな簡単な形なのでわかるはずなんだけど
今度は簡単(に見える)過ぎて図に何も書き入れず頭の中でやって間違う。
こういうとこ、本当にサボるからなぁ。
もう1つの一行問題は「何個多いですか」を見落としてた(アホ)

いくら一行問題とはいえ1つ7点なのでここで14点も落としてる。
それに!この回は計算問題でも1つミス。この3つで21点も(!)

そして大問4は時間切れ、大問5を先にやったようだけど2つとも×。
大問4の方がわかりやすいから先にやったらよかったのになぁ。
大問5はタイルをいろんな向きに並べたもので、こういうのマズイのに(苦笑)

だけどどれも演習すれば何とかなっていくんじゃないかと
思うのでまた全部終わってからの再度やり直し+アルファはやりたいなぁ。
やり方はわかってるのに実演になると・・・というのはもったいないし
そこまでなら後はくり返し演習あるのみなのかな、と思って。
基本形だけでもきちんと押さえられるようにしたいところ。

+++++++++++++++++++++++++++

<問題のパターン> 組分けの場合

大問1=計算問題4問
大問2=一行問題8問
大問3から大問7まで=2問ずつ

※時間的にも最後までやれないことが多いし、大問6・7はできなくてもヨシ。
我が家レベルの目標としては大問4までか大問5(1)までを確実にやり切る。
それ以前に計算と一行問題はきちんとやること。

★第5回

大問2の一行問題で2つ間違い。
図形の規則モノと人数を推理するモノなのである意味納得(汗)

それも図形の規則モノは、1パックで考えること+使った棒の数だし。
上巻でも図形の竹ひごを数えるのを間違えちゃうことが多かったからな(汗)
推理するものも何となくわかってるようなわかってないような。
一行問題といえども侮れず。

あとは大問4、大問5はそれぞれ(1)はできたけど(2)で間違い。
大問6、大問7は時間切れ&その後やったけど正解できず。

大問4(2)はかけ算の計算ミス(アホ~)
大問5(2)は周期で数えるもので「和がはじめて100を超える」を
1パック丸ごとで考えてしまって間違い。

大問6と大問7は一緒にやってみた。
図形の問題と人数を推理する(線分図)もの。
じっくり考えて一緒にやれば何となくできそう。
私は図形は好きだなー(私の嗜好なんかどうでもいいけど)

線分図も見るとまわりくどいけど、自力で答えは出せてた。
一緒に解答を見て「もう少し近道があるねぇ」なんて話はした。
そういう時には素直に「おぉ~」と感心しているけれど、自分でやる時に
同じようにやるかというと、それはそれで別なんだよなぁ(苦笑)

周期モノが穴だなというのはわかるんだけど
通常の予習シリーズの練習問題をやってる分にはボチボチやれていて
これこそ初めて見る問題だとできなくなるみたい。
というか、頭がカタイんだろうな~。

解き直しをしてできるようにはしておきたいな。
予習シリーズ下巻終了
2011年09月18日 (日)
総合回翌日の直しもこれが最後になるので、続けて直しの直しを。

上巻の時と違って相当少なくて済んだ。進歩したのかどうか。
惜しいとかポカミスでの持ち越しだったので
今回の「直しの直し」は1日で全てクリア。


★第11回「ならべたご石の数」からは練習問題2問。
★第13回「円と正多角形」からは練習問題1問。
★第15回(総合)からは練習問題1問。
★第17回「小数の計算(1)」からは基本問題4問、練習問題2問。
★第18回「小数の計算(2)」からは基本問題1問、練習問題4問。
★第19回(総合回)からは基本問題1問


前半組が残ってなくてよかった。
あるとしたら、どれだけ持ち越すんだ・・・だもんね(苦笑)

これとは別に、第12回「日付や日数と曜日」は持ち越し分が結構あったので
この回は練習問題を全て(前もできてたものも含めて)再度やってみた。
14問のうち9問クリア。

確認し直したやり方を使ってやれていたところもあれば
「おーい、どうしてそう考える!?」というところもまだあり(汗)

何日間、何日後、何日前・・・は大丈夫なんだけど
どーしても「何日目」っていうのが鬼門みたい(汗)

●9月17日から数えて4日目は? ⇒ 17+4-1=9月20日
●9月20日は9月17日から数えて何日目? ⇒ 21-17+1=4日目

1を引くのか、1を足すのか。
でも「こういう時はとにかく1を引け」という丸覚えはしないで
理屈で納得した上でやってって欲しいんだけどなかなかスッキリできない。

「4日目は?」というのは
予習シリーズの説明にもあったように、間の数で理解できてるんだけど
鬼門(?)なのは「何日目ですか?」という方。(予習シリーズには説明がない)

ま、これくらいなら指で数えればわかるんだけど(コラ)
そういう手を使うってことじゃなくて(苦笑)
でも曜日を計算して出すのはお手の物になってきたし
日にちモノは一旦これくらいで終わらせておいて、また出てきた時に考えよう。

++++++++++++++++++

これにて予習シリーズ下巻が終了。

上巻では総合回の解き直しは入れてなかったけど
下巻では私が解き直し用紙を作るのに手慣れたので入れられた。

次は週テスト問題集(B問題)をまた第1回から。

やや心もとない「日付や日数と曜日」のところもまた出てくることになるので
そこでもう1度練習して、スッキリできるといいんだけどなぁ。
予習シリーズの直し(下・第16回~第18回)
2011年09月16日 (金)
総合回翌日のお直しデー。これで下巻最終の直し。

★第5回(総合)からは練習問題1問。

 → クリア。
    図形の周期算はちゃんとした形で1パックにできた。

★第6回「いろいろな選び方」からは練習問題2問。

 → クリア。
    お金コインの組み合わせでややこしかったけど今回は大丈夫だった。

★第7回「時間の単位と計算」からは練習問題1問。

 → クリア。
    間の数の1をひき忘れてたものはようやく丁寧にできた。

★第10回(総合回)の基本問題2問。

 → クリア。
    前回は三角形の面積をすっかり忘れてたけど思い出したらしい。

★第11回「ならべたご石の数」からは練習問題8問。

 → 2問持ち越し。
    周りの碁石の数を出すのに「三角形」を「四角形」と勘違い(汗)
    もう1つは規則性も絡んだもので数え間違い(汗)

★第12回「日付や日数と曜日」からは練習問題6問。

 → 1問しかクリアできず・・5問持ち越し。
    あちゃー。ちょっとこんがらがってるな・・。
    曜日を出すのは大丈夫なんだけど、その前の日数が間違ってる(汗)
    コツ(ネットで探して私もマスターした・笑)を改めて教えたので
    次の再直しには入れず、第12回の問題を全部もう1度やってみる。

★第13回「円と正多角形」からは練習問題1問。

 → またクリアできず。
    正五角形に正方形を入れた形の角度を出す問題。
    もう1度その場でやり直すとできるので(前回もそうだったぞ)
    使う角度や辺などは間違えてはいないみたい。

★第15回(総合)からは練習問題2問。

 → 1問持ち越し。
    やはり曜日を出すものが持ち越した。
    日にち系は第12回の練習問題を再度やってクリアにしていきたい。
   
+++++++++++++++++++++++++++++

さてここからが第16回~第18回の分


★第16回「条件整理と推理」からは直しなし。

★第17回「小数の計算(1)」からは基本問題9問、練習問題6問。

 → 基本4問、練習2問持ち越し。
    小数第2位で四捨五入した結果を「15」で書いちゃうような
    どこで四捨五入したかわかるように書け、って約束を守らず。
    どっちでもよさそうなことに対してはズボラだからな・・・
    いや、どっちでもいいことじゃないんだけど。
   
    四捨五入モノが基本で1つ、練習で2つ。
    練習問題の方は問題文では「2.3万人」で書いてあって
    問題では「何人以上何人以下」と聞かれているのに小数のまま出してる。
    小数でやれば「2.34万人以下」だとしても「人」で考えたら
    「23499人」となって答えは変わってくるわけで。
    アバウトすぎる。てか、まず「何人」ってのを見落としてるし(汗)

★第18回「小数の計算(2)」からは基本問題7問、練習問題5問。

 → 基本1問、練習4問持ち越し。
    基本の計算問題はオールクリア(当たり前)
    一行問題で牛乳瓶の数を出すのに「3.9本」
    ・・・割り切らなきゃいけないと思ったらしい(でも余りも出してる)
    感覚がよくわかりましぇん。

    練習問題はなぜか別のメモ紙に筆算をして答えの転記間違い(!)
    「計算ミスを減らすには目盛り付きのマス目にきちんと書く」と聞いて
    今のやリ方(自作方眼用紙)にして、実際計算ミスも減っていたのに
    なぜか別のメモ用紙に。

    別の問題で書くスペースが足りなくてメモ用紙を取り出したようで
    それは別にいいんだけど、それ以降の問題も書くスペースは足りてるのに
    何の迷いもなくメモ用紙に順不同で筆算。
    間違えたところの見直しもしにくいったらありゃしない。
    この、惰性で流されていく性分は何とかならないんだろうか(呆)
   
    もう1問は「毎日2杯」を1杯として計算。問題見てなさすぎ(怒)

★第19回(総合回)からは基本問題6問、練習問題3問。

 → 基本1問持ち越し。練習はオールクリア。
    長方形のまわりの長さを計算する時に最初は4辺で考えてるのに
    途中で半分で考えてるつもりになってタテを引くのに1辺分しか引かないとか。
    軽くでも四角を書いておけばウッカリしなくて済むんじゃないか?
    頭の中の勝手な変化がわかりましぇん。

+++++++++++++++++++++++++++++

根本がわかってないとか、やり方が間違ってるんだったら
教えていくこともできるし、直していくこともできる。

100点満点のテストで、いまいちまだ理解しきれてなくて50点と
やり方はほぼわかってるのにポカミスで50点だったら
理解しきれてない方がまだ100点を取れるようになれるかもしれない。
ポカミスしてたらいつまでたっても似たようなもん。
最初のうちは同じようなもんかもしれないけど結局後で差がつく。

理解できてないなら、ちゃんと理解できれば変わってくるわけでしょ。
だけどポカミスは次も多分同じようなもんだ。変わんない。

教えようがない分、ミスをしなくて済むような工夫は教えてる。
と言っても図を書いておく(忘れ防止)、筆算を丁寧に書く・・くらいだけど。

歩き出しちゃったらスタート地点も、下手したら目的地や目的すら
スポーンと忘れちゃうような子だから目印をところどころに置いてくような
(ヘンゼルとグレーテルのパン屑か・・・汗)
自分なりの工夫をした方がいいんだけどな。

あーあ、理解できなきゃそれはそれで辛いけど、ポカミスも辛いよー。
困るってことを体感して欲しいので、ポカだろうかポコだろうが何でもやり直し。

それでも上巻の時よりも最終の直しは少ない気がする。
上巻は第5回、第10回・・と回を追うごとに持ち越しに持ち越しまくって
第19回の翌日もすごい量だったし、当然全部を一発で直せないから
また直しの直しに持ち越して、結構日にちもかかってた気がする。

今回は「直しの直し」ってのが16問(第12回分は除く)

第12回「日付や日数と曜日」は直しの直しにも6問は残っちゃってるし
何だかスッキリできていないようなので、練習問題を再度やることに。
わかっちゃえば何てことない(はず)なのでここでクリアになるといいんだけどな。