FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科(気体の性質)
2012年10月27日 (土)
理科は太陽の話(第6回・第7回)の次は「気体の性質」

第8回・第9回でやるので、これで次回の組分けテストの範囲分になる。
どちらの回も9月に入ってからいつもの流れで予習シリーズ+サブノート、
練習問題、週テストAB問題、CS問題と続けてやってある。

今週CS問題の2回目・・・なのだけど、このところのパターンでいくと
「すっかり忘れてるーーー」になると思われるので(苦笑)
ここでもまずサブノートを再度やることにした。私も学習したなぁ。

やってみると、やっぱり忘れてるーー(汗)

二酸化マンガンだとか、過酸化水素水だとか、私もすっかり(コラ)
よっぽどムスメの方が覚えてるんじゃないか?(すまん)

よかったねぇ、サブノートを再度やっておいて。

こういうのを見ると、毎週1単元ずつしっかりやって週テストを受けるという
塾の流れってのは大事なんだな~と思いつつ、
でも5週に1度の組分けテストの時にはすっかり忘れてるんじゃ・・・?

だよねぇ、みんな一緒だよねぇ。適宜復習が大事ってことで
5週に1度のテストというのはちょうど良いのかもしれない(期間も量も)

第8回と第9回のサブノートをやった後に、それぞれCS問題。
出来具合の方は46点と39点(70点満点)

半分弱か~、まだまだだなぁ。
でも第9回の方は初回が14点だから倍以上に成長(笑)

考え方はわかってきたようなので、後はそれぞれの気体の性質を覚えないと(汗)

計算したり、月や太陽のように考えないといけないものよりも
この辺は覚えれば何とかなるんだから、とやや強引な励ましをしてみた(笑)
でもホント、そうなんだよね。覚えれば何とかなるものなら覚えよう。
次の課題は気体の性質をきちんと覚えること。

しかし理科は何だか忙しい。

人体やったかと思えば太陽の壮大な話だし、かと思えば目に見えない気体の話、
次は確か振り子の話だったっけ。
それぞれが全く別次元の話だから、理科が得意・不得意って一概に言えない気がする。

だからこういう範囲のあるテストだと出来具合も上下しそう。
理想を言えばどれも満遍なくできるといいんだけどね(笑)

ムスメの志望校の場合は基本ができればいいので
どの単元も基本的な問題はできるようにしておくのがひとまず目標。
あまり単元によってムラのないようにしたいところ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可