FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
天体スペシャル
2012年10月19日 (金)
理科の第6回・第7回の「地球と太陽」がどうもいまいち。

第6回の週テストCS問題の二巡目をやってみたら
一巡目ではできていたのに今はもうサッパリ~というもの続出。
解説を聞いて「そうだった~」という反応も少ないので
要はあやふやな状態だということがわかった。

ということで急きょ天体スペシャル。

テーマ別特訓ノート理科天体―国立・私立中学受験

困った時のコレ。
「月」の単元の時には本当にお世話になったので信頼してる。

その前にコレも本棚から引っ張り出して一緒に読んでみた。

ドラえもんの理科おもしろ攻略 天体(地球・月・太陽・星の動き)がわかる (ドラえもんの学習シリーズ)

だいぶ前に買ってあって、ひと通り読んでいるはずなんだけど
わかってない時に読んでるし、多分マンガ部分しか見てないと思うし(苦笑)

ドラえもんのこのシリーズは結構「読む」ところも多くて
参考書のようになっているページもあるので私も一緒に読んだ。
なるほど~、ちょっとわかってきたぞ(今ごろ)

さすがに深いところまでは書いていなくて基本的なことだけど
それでもやり直す前に見ておいてよかった。

そしてようやく単元別特訓ノート。
とりあえず地球と太陽の話のところを全部コピーして、導入のところも
図に赤ペンで自分達にわかるように書き込みながら読み進めていくようにした。
解説は丁寧だけど、自分達にわかりやすい言葉や見方ってあるのでね。

やってみていると、どうも私達は平面(地図)で考えてるみたいで
立体(地球)で見れていないのがズレだったのかも。

月も立体とは言いつつ、夜空に出てきて沈む流れも
地球を中心とした図で上弦・下弦・新月・満月の話も何となく平面で
考えてもコトが済んでたようだしなぁ。

だから地球上に人が立っていて、太陽の光が当たって・・・というのも
ムスメが思う立ち方だと地図上に寝転がってることになる(汗)
それを私が気がついて言ってもしばらくは通じなかった。
ボールを持ってきて、それにペンを立てて説明してやっと通じた(苦笑)

あとはそれに光がどう当たるかを別のペンで示したりしながら
また地軸が傾いているのも確認してグルグル回しながらやってみた。
やっぱり立体で目の前でみないとわかりにくいよなぁ(私も)

ひと通りやってみて、単元別特訓ノートの例題をやり、問題をやる。
既にわかっているところもあるし、できるようになってきたものもある。
でも全般的に何となくできてきていて、一体私達はどこで躓いてたんだ??

いや、こうやってやることはできても
実際の問題になるとチンプンカンプンになったりして。

「入試問題にチャレンジ!」というところでは、どの中学の入試問題か
中学名が書いてあるので、正解すると「よし合格」と喜ぶ(笑)
いや、この問題だけが出るわけじゃないんでね・・・

ページ数は多いんだけど、半分くらいのページは説明+薄い文字で
書いてあるのをなぞりながら理解していく形なのでそんなに負担もないかな。
予習シリーズのよりもシンプルに書いてあって
シンプルすぎて先生よくわかりませーんなことも(苦笑)

でも基本的にはわかりやすい。月の時もそうだったし
イッキにまとめてやってみると同じようなことが続いて書いてあったり
続けてやることでわかりやすく思えるような気がする。
(もちろんここまで1日でやれてるわけはなくて数日かかってる)

週末は予定では新しい単元(第12回)に進むつもりだったけど
天体スペシャルの仕上げをやることに。

まずサブノートをもう一度。
サブノートは単元の初日に予習シリーズを読んでからやるのみで
こうやって再びやることって今までなくて(苦笑)
改めて頭の中が少し整理できるといいな。

それから第6回・第7回の週テスト問題をやって
前よりムスメ自身が消化できてるか確認するつもり。

アヤシイなと感じた時は、すぐに補修しないと回っていかないと実感してる。
理科は進むにつれて怖くなってきたなぁ。
天体も何とか持ちこたえていけますように(祈)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可