FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科 第11回(物の運動)
2012年10月12日 (金)
理科の第11回は物の運動。振り子ってやつ。

テスト明けの祝日を使って予習シリーズ+サブノートをやって
その後の平日は練習問題、週テストAB問題、CS問題と1日1つずつ。

予習シリーズってきっと良いものなんだろうけど
理科に関してはちょっと・・・つまらない(コラ)

文章で説明されてもねぇ。てか塾のテキストだからそういうものなのか。
いや、自学用でもあるんだから、語られる口調を読んで自学するためか。

読んで理解するのが苦手な子供ですみません(汗)

と言っても私が読んでるので、耳から入ってるはずなんだけどね(苦笑)
親音読・子黙読・・・そういえば国語と同じだ。

これも国語と同じく、読みつつ途中で解説入れたり
わからない言葉がないか確認したり噛み砕いてみたり例え話をしてみたり。
ハイジのブランコのひもは相当長いな、すごい周期だろうね、とか(アホ)

仕組みはわかっても、後は数字が絡むと理解が悪いみたい。
丸覚えもダメだし、表を読み取ってそこから考えるのも苦手だし。

一応これもあるので読んでおいた。電流の時に買ってみた物(苦笑)

中学入試まんが攻略BON!理科-力・電気 (中学入試まんが攻略BON! 7)

いろんな単元が1冊に入っているので細かい点までは触れてないけど
基本的なことは漫画で見る方がわかりやすいかも。

2日目に練習問題をやって、出来具合は散々なんだけど
本人曰く「何となくわかってきた」らしい。そうかそうか、それはよかった。

翌日に週テストAB問題で再度確認。
どうも根本がわかっているような、いないような??
横からや上から振り子の動きを見るって言われてわかってるのか??
読解力の問題じゃないだろうか・・・または想像力か。

それからコマ送りで撮影した写真で、玉が移動した距離や撮影の秒数から
玉の速度を求める問題がなぜかできない。おーい、速度の基本的問題ですよー。
どうなってるんだか。

できていないところを説明すると、ポカーン・・・でもないし
チンプンカンプンでもないようなのでそのまま翌日はCS問題。

CSでも間違えているところを考え直すと「あ、そういうことか」となって
頭の中のあやふやな箇所をクリアにしていけている印象。
こういう理解の仕方ってうちにしたらある意味理想かな。

今回は毎日続けていったことで
最初のサブノートでチンプンカンプン(笑)→練習問題で「へぇ」
→AB問題で「何となくわかってきたような」→CS問題「あ、そういうことか」
・・・と絵に描いたような(?)感じかも。

算数でも歴史でも思ったけど、先にまとめてやって後でまとめて演習って
結構リスク高かったのかも。
ある程度その時にガツッと入れてしまって、「そういうことか」程度には
理解しておかないと、曖昧なまま日にちが経つともっと大変なことになるし。

なるほど・・・やっぱり1つ1つをできるだけきちんと確実に、なんだな。

そういえばテスト問題の最後の方には全く別の単元の問題が入ってた(苦笑)
そうだ、3割程度は既習範囲から出すってことになってるんだっけ。
これまでは気がつかなかったなぁ。

ABでは最後の1枚が丸々、CSでは最後のページの半分が別の単元。
ちなみに第9回(気体)になってたから、1つ前のものが入ってるってことか。
これはこれで良い復習になると思うけど、これじゃ演習がさらに減る(悲)

それに社会もたくさんの問題に当たった方がいいのかもと思うようになったので
昨年度発売(実施は一昨年)の週テスト問題集を注文した。

一応これで2年分の過去問を用意することになる。
今は1つの問題を3巡やってるけど、2年分だとどうするかなぁ。
やる時間も工夫しなくちゃ。

算数は多分やる暇はないと思うので
これまで通り1年分のものをきちんとやっていくことにして
理科と社会はピックアップして使おうかな。ちょっと検討。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可