FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
学校説明会
2012年11月19日 (月)
今年度2回目の学校説明会。

前回は生徒さん参加で生の声が聞けたり学校紹介が主だったけど
今回はそういうことはなく、時期的なこともあって
出願や試験内容について入試担当の先生からのお話がメイン。

6年生の模試も兼ねているので
説明を聞いているのは6年生の保護者が多かったのかな。
子供は少なくて、多分お姉ちゃんが模試中の下の子がちらほら。

来年はムスメも模試を受けるんだよなぁ。ドキドキ。

まず最初に進学実績の話。
ガッツリ勉強をさせる雰囲気ではないけど進学の相談には
親身になって乗ってくれるみたい。

何が何でも国公立!難関!という学校でもないので
その子その子に合った進学先を・・・という感じみたい。

後は入試に関しての話。

毎年思うけど、段々と強気な雰囲気(苦笑)
問題も確かに難しくなってるし、「頑張ってね」な上から目線。

いや、学校側だからそれが普通なんだろうけど
最初に説明会に出た数年前はもう少し違ったんだよなぁ。
それだけ志願者も増えたってことなんだろうな。

平均点などの資料は前回の説明会でもらってるし
内容?については昨年度聞いた感じとさほど変わらず。
もう少し具体的な話?は12月の説明会でお話があるみたい。

また今回は学校生活のことで、いじめへの取り組みの話もあった。
このところそういう質問が多いのかも。
実際私も次に個別相談の機会があれば、聞いてみようかと思ってたし。

中高6年間女子ばかりできっといろいろあるだろうから、その時にどうするのか。
マンモス校でもない女子校だと逃げ道が少なくなってしまうしね。
個々でいろいろ違うから明確な答えはもらえないかもしれないけど
答えてくれる時の姿勢や空気を見てみたいなと思って。

本日の収穫(?)

早めに着いたので待っている間に過去問を見ていたら
ムスメも横から見てきて、不意に一緒にやることになった(苦笑)

やると言っても紙とペンで書いて・・・ではなくて
算数だったら問題を読んでみて「これならわかる」とか
「これならできる」とか本人の自己申告(笑)

でも一緒に勉強している私からするとよくわかる。
これならムスメにもできそうだなとか。

少し難しい問題を出すようになってきたとはいえ
小学校範囲から受験算数を入れるようになったというレベルの話なので
予習シリーズの基本問題ができれば大丈夫そうな問題が多そう。

速度や割合など、ちょうど下巻でやったばかりのところもあるし
そう考えると5年生で習うところが大事っていうのは本当なんだな。

他の教科も見たがるので社会も一緒に見てみると
予習シリーズでやったところまではムスメでもできる。おぉ~、何だか嬉しい。
国語は漢字のところだけ拾って見てみると、なぜか全部できた(コラ)
四谷のテストじゃ全部できないのにねぇ。

2年生から説明会に行っているので過去問は数年分もらえているけど
最近は問題がかなり変わっているので、実際に使えるのは昨年度のものくらい。

だから力試し的に使いたいので取っておこうと思っていたのに
不意に一緒に見ることになってしまった(笑)
6年生でやる頃には忘れてるんだろうけど、あまりに早くに過去問を
見せるのもどうかなと思っていたので。

でも実際に問題を見てみて、ムスメも今自分のやってることが
入試に繋がってるんだと実感したんじゃないかな。
今回は情報の収穫よりもこんな収穫があった。

帰ってきてからムスメが「来年はこの模試を受けるんだよね?」と聞いてきた。

そうだよ~と答えると、「えーと・・この試験って、えーと?」と
ゴニョゴニョしているのでどうしたのかと思ったら
「この試験で何か決まる?」と・・・。

そうだ、ムスメは入試がいつなのか知らないんだった(爆)

「模試」の意味は知っているものの、学校で行われる模試は
受付を見てるだけでも普段受けている塾での模試とは雰囲気違うもんね(笑)

それに学校での模試は判定を出してくれると説明会で説明があったので
そのあたりも少し頭に残っていて「判定=入学試験?」と思ったのかな。

無駄にドキドキさせてしまってごめんよ~(苦笑)

「今日やってた模試はお試しの試験だからね。
四谷の組分けみたいに後で結果が送られてきて、自分が今どの程度なのか
教えてもらえるんだよ。本番は〇〇だからね」

と改めて入試の日にちを伝えた。
入試の時期って大人からしたら当たり前なんだけど
子供は1~3月が入試シーズン(高校・大学含む)なんて知らないもんね。

そういえば初めての英検の時も目標値だけは知らせておいて
実際の合格点を教えていなくて、この時も無駄にドキドキさせたんだっけ。
情報は共有しているつもりだったけど、肝心なこと知らせてなかったんだな(苦笑)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可