FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
算数解き直し完了(下巻第1回~第9回)
2012年09月20日 (木)
第9回までの解き直しが済んだ。

正解したものは抜いて、間違えたものはまたやるサドンデス方式。
どんだけ同じ問題をくり返しやらせてるんだって話だけど
最後の方はやり切ることにも意義を見出してたりして。
あー、こういうこだわり過ぎも良くない時もあるから気を付けないとな。

だけど今は諦めずにやることや、「まぁいっか」とならないこと(母子お互いに)
苦手だと思わずに「やればできるんだ」と体感して欲しいこと、
そんなことあんなことを考えて決めた。

本当は他にもやりたいことがあるから
「まぁいっか」と言ってしまったらラクだよなーと思うこともあるけど。

問題によっては3回目、4回目までかかったものもあるんだけど
ムスメは一からちゃんと考えようとするので偉いなと思って。
まぁ答えを覚えてたところで、答えだけ書いてもアウトだけどね(笑)

何度もやりつつ、答え合わせは毎度一緒に考えるところから。
そうすると不思議なもので、ある時すんなりわかる時がくるというか。
え?今頃?・・とか、それまで何度も説明してたのは何なんだ??・・とか
思わなくもないんだけど、でもすっきりできたんだったら進歩。

気がかりだった図形の回転移動も集中したらできるようになった。
・・・毎回集中してください(願)
この部分は計算ミスで持ち越していたものもあったのでねぇ。
どこがどう回転するのか、きちんと押さえることができたらいいんだけど。

何が最後まで残ってたかというと、やっぱり差集め算と旅人算。
たくさんではなくて、練習問題の一番最後的なちょいと面倒な問題が1つずつ。

そういうややこしい問題をやっているうちに
基本的なことはできるんだな、と確認できる部分もあった。

間違えたり、わからなくて手詰まりになってしまった時は
途中まででもわかるところまでムスメに説明をしてもらっていて
それが段々と通じるものになってきたから。
だから基本的なことはわかるようになってきたかな・・・と思いたい(願)

今までは組分けテストの範囲などお構いなしで
予習シリーズ1冊分を通しで見ていてやってきたけど
下巻はもう割り切ってテスト範囲ごとにガッチリやることにした。

今回は第9回で区切っちゃったのでここまでやったけど
これからは急がずに次の組分けテスト4回分を
テストのサイクルを利用して範囲ごとにきちんとやろう。

次は週テスト問題集の第1回~第4回まで。
B問題をひと通りやってからC問題、それから第5回分(組分け回)

初めてみる問題なのでどこまでできるかな。
これまでは週テスト問題集も1冊まとめて全部やってから
まとめて最初から解き直しだったけど、今回は小分けにして5回分ずつなので
解き直しの日も予定してある。

きちんと見直しながら確実に(基本だけでも・笑)できるようにしていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可