FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
図形の回転移動
2012年09月13日 (木)
下巻の第1回~第9回までの解き直し中。

意外(?)と図形が残ってる。
だいたいが計算ミスなんだよなぁ・・・。

足し忘れ、かけ算のミスはもちろんのこと
「周りの長さ」の時に半径×半径でやっちゃってたり。
1つの問題の中でいくつものミスがコラボしてることも結構ある。

どうしてなんだろうな、急いでしまうのか?
でもテストの時はそんなにヒドくない。
組分けテストのように範囲が広くて問題数もほどほどだと
図形問題は2~3問で、きっと集中してやるからだろうか。

うーむ。

計算やポカミスはさておき(置いてちゃいけないけど)
内容的にスッキリできてないのが図形の回転移動。

回転した後の求める部分がわかれば答えが出せる。
・・・当たり前だよ~、これじゃ回転移動の問題じゃないじゃん(汗)
どの部分を出すのかを自分でわかるようにならないと。

全くわからないわけじゃなくて、できたりできなかったりな状態なのと
やり方もその時によって違うのできちんと押さえておかないと。

中学入試 算数のつまずきを基礎からしっかり [図形]

予習シリーズの例題部分を見てもいいんだけど
もうちょっと違う、ムスメにわかりやすいコツやツボがあるかなと思って
引っ張り出して見てみた。

たくさんの単元を1冊にまとめてあって各ページは少しずつ。なので簡潔。
回転移動は難しく考えすぎてるところもあるからなー。
もっとカンタンにできるよってのがわかるとありがたい。

図形は旅人算やつるかめ算みたいにややこしいことはなくて
とにかく計算して出せばよくて、後は計算の工夫もしてミスを減らしたい。
どうしてもアナログタイプなのでね(苦笑)

順番に1つずつ出してしまいがちで、計算が多くなれば計算間違いや
足し忘れなんかもしてしまうので出し方もそろそろ工夫したい。

てかムスメの場合、図形に限らず「やり方を統一する」ことにしないと(汗)

気まぐれだからなぁ、その時その時で違うことが多いから。
図形なんかも出すところや数え方も統一しておけば足し忘れも防げると思うのに
思いつき、目についたところから足してくことがあるからなぁ。
そういう時にはやっぱり足し忘れてることもあるし。

今はまだちょっと入れられないけど、総復習の時期になったら

難関中学に合格する!!算数脳を鍛える図形トレーニング 増補改訂版 (YELL books)

このあたりを1日1問ずつやるのもいいかもしれないな。
どの単元も毎日少しずつ。英語みたいなもんか。

回転図形・図形の移動モノは志望校でも毎年出題されているようなので
とにかく図形は基本的なものをきちんと取れるようにしたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可