FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
歴史をひとつひとつ
2012年09月11日 (火)
社会は今月から週テストのAB問題を第1回から順に。
第7回までやったところで、第1回に戻ってCS問題をやっているところ。

どうして第7回までか、と言うと
10月の第一週に第1回~第4回の復習ウィークが入ってくるので
そこまでにCS問題を2回やりたいと思って。単に日にちを見て逆算(笑)

しかしすっかり忘れてるんだな~(苦笑)

でも少しやると少し思い出したりするようで
AB問題よりもCS問題の方が出来が良かったりする。
続けてやればそうなるのも当たり前か。

第1回の石器時代、弥生時代あたりは混乱することもないからいいんだけど
それ以降の段々と天皇が増えていったり(ってのも変だけど)
お坊さんや宗派の話もいくつかの時代に入ってくると混ざってしまうみたい。

1回ずつをきちんとCS問題までやって、ガッツリ蓋でもしておいた方が
混ざらなくてよかったのかな、なんて思ったり。

でも歴史なので1回ずつ区切って過ぎてるわけじゃないし
結局は流れで絡んでくる話なので、後はグルグル見ていくしかないかな。

と言いつつ1回の中でのことはきちんと押さえておかないといけないので
週テスト問題集を使いつつ、答え合わせをしながら見直してるところ。

いつもの如く、問題ができればOKじゃなくて「こっちだったら?」とか
「じゃあコレをやった人は?」と問題を出しながらやってるので
答え合わせにかかる時間の長いこと長いこと(苦笑)
でもこれって大事だと思うのでね。

それから「そーなんだ!歴史編」もまた読み直そうと話してる。

予習シリーズを見ていく時に読んで、そのおかげでだいぶわかりやすかったけど
いかんせん情報量も多かったし、その時に頭に入ったつもりの出来事や名前も
すっかり抜けてしまっているので(苦笑)

今また読んでみたら「あー、そうそう」って思えるかな・・・と期待。

ただ単に読んで、見て、語って(我が家はこれが多いかも・笑)だけでは
やっぱり難しそうな歴史。そりゃそうか。
どこかできちんと自分の手でまとめてみないといけないかも。

って、こんなの基本か。
みんな地理の時から白地図に書いたりノートをまとめたりしてるんだもんなぁ。

ノートまとめは勉強の仕方の基本なのだろうけど
でも書くこと読むことでは入りにくいタイプの子もいると思うんだけど
そういう考えってのは甘いのかな。言い訳かなぁ。

まずは図にまとめよう。名前とキーワードくらいでシンプルに。
名前とやったこと、同じ時代でかためておこう。
後は宗教とお坊さん、文学系(?)の人物名と作品の組み合わせ。

聖徳太子あたりの登場人物は大丈夫なんだけどなー。馬子とか入鹿とか。
ここは「今夜はヒストリー」のドラマ仕立てで見たからなぁ。
この番組も秋の改編で姿を消したらしい・・・残念。

ひとまず第4回までをきちんとまとめて、くり返しやっておこう。
でも今週から社会は毎日やれるわけではなくて
「理科か社会のどちらか」に戻すので理科の方が多くなっちゃうかな。
(理科は予習シリーズを先に進めながら+第4回までの復習だから)

とにかく歴史もひとつひとつ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可