FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
復習の様子
2012年08月29日 (水)
復習ウィークというより大きな復習の機会にある今週。
なにせ上巻全部が範囲ということだし、夏休み中は下巻にどっぷりと
浸っていたので結構忘れてるってこともあるし(汗)

夏休みを使って予習シリーズ(上巻)の練習問題だけ
もう一度やっておけばよかったかなー、なんて今さら思ったり。
まぁ下巻を進めるので手一杯だったんで無理な話なんだけどね(苦笑)

ここ2~3日は今年実際に受けた過去問をやっていて
一番最初(3月)の回なんてそれ以降も復習でやってるから一体何回目?状態。
真面目に数えるとすると4月、6月、そして学判前なので復習だけで3回目。

とんとんと続いた6月、学判(7月)の復習の時は
理科も社会も良い感じでできてた覚えがあるんだけど
さすがに1か月半たってるし、また俗世を離れての旅に出てたりして
抜け落ちてるところもちょこちょこと。

初回分はさすがに間違いも1~2問くらいだったけど(3回目だから当たり前か)
6月分の過去問は7割くらいしかできてなかったり。およよ。

一応範囲としては第1回~第15回までのところを再度やってみて
同じ単元がまた出てきたりしているので、どこがアヤシイのか少しわかった。

ちなみに算数の場合は一行問題でもあちこちから出るし
単元としてはほとんど意識していない。とにかく頑張れ(いいのか)

理科では植物系の知識問題がポロリと落ちかかっていたのと天体の勘違い、
音の話、あとやっぱり気になるのが「温められた物質」の話。
水蒸気がどうとか、温められた空気がどうのとか。

音と物質のあたりはやってる最中からアヤシかったもんなぁ(汗)

その反面、手堅いところは相変わらず手堅い。
そういうのって確か最初から手堅かったような気がする。
つまり大丈夫なモノは最初から大丈夫で、アヤシイものはいつまでもアヤシイ。

・・・それもツライけど。

とにかくインプットが確実な子のようで
例えば社会だったら地図も地名も川も山も地図に書き込んだりすることなく
するりと覚えてしまうのに、簡単な単語がいつまでたっても記憶に残らないとか。

多分ある種の特性なんだろうなと思うようになった。その方が話が早い。
どうして覚えられないのーー?と不思議なんだけど仕方ない。
その分、得意なところや助かってる部分もあるのでそこを大事にした方がよさそう。

ムスメにも話してあるけど「3度やって覚えられなきゃ多分もう無理」(苦笑)

こんな諦めさせるようなこと言ってていいのかは疑問だけど
でも3度やっても覚えてなかったり変わっていなかったら
ムスメの場合はもう変わらないと思った方がよさげ。

妙に頑固だったり、妙に無関係なところでこだわってたり(図形のズレとか)
きっと何か個性があるんだろうなと思うしね。

間違いを失くすのは無理なので(これは誰でも同じだけど)
間違いを減らす、リスクを減らす予防をしようねと話をした。
だから頼むから頭の中だけでやってしまわずに式を書いてくれ。

そして算数。

案外と古い話でもできていて少しホッとした。
数の話や、曜日を出すものもちゃんと統一したやり方でやれてたし。

ただし計算ミス多し(またかよ)

計算ミスってか、この2ケタの足し算を間違えるのか??
これは計算が苦手ですっていう問題なのか?
簡単だからと筆算しなかったレベルのものを間違えるのは一体どうしたら。

全部筆算にしろって言うのも何だし、明らかにできるものは頭の中で
やればいいとは思っていても、それを間違えられちゃーねぇ。
そして筆算をするにも転記する時に書き写し間違えるというコンボも多い(汗)

なんだかねぇ。

2枚目、3枚目の問題はきちんとできて正解してるのに
1枚目の問題で3つも間違えるってどうよ・・・な状態。
(ちなみに最後の4枚目はうちでは見ないフリ)

どこをどう正せばいいのかわからなくなってきた。

計算と一行問題もしばらくやってないからなぁ。
・・・やってた頃もポカミス続出だった、というのはひとまず忘れて
一縷の望みをかけて(オーバー)また計算と一行問題をやるかな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可