FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
夏休み
2012年08月08日 (水)
夏休みまっただ中。

遊ぶ時は1日中遊び、勉強する日は1日家に籠っていたり
言い方によっては、ある意味メリハリのある生活(笑)
旅行の時は筆記用具すら持って行かないので、やれる時はガッツリやってる。

溜まってる録画は見まくって消化しまくり、オンタイムでいろんな番組も見てる。
それを通り越して映画のDVDも結構見てる。アニメもたくさん(笑)
自由だー、平和だー。

しかし受験組だと思うと、やってる時間は明らかに少ない。
多分塾に行ってる時間と同じかそれ以下だもん。
塾行ってる子はその後に自習室とか家で宿題もやるんだもんね。

片や受験をしないとバンバンに遊び回ってる状態で
まわりはもちろんそういう子が大多数。高学年なのでさらに活動範囲も増大。
だから「夏休み何やってるの~?」と聞かれると返答に多少困る。

一応ね、宿題をやってる~ということになってるけど
そればっかりだと、どれだけ宿題に時間かかってるんだ??と
若干アレレ・・・な子に思われてしまうし(爆)

自由研究に時間かけてて~となると、自分でプレッシャーかけるようなもんだし(苦)
遊び回ってる~となると、「あーそーぼー!」と迎えが来ても困るし(汗)

まぁ、いろいろと面倒なわけだ。

学校も課外活動?のようなものが割とあるようで
ボランティア活動だったり、スポーツ少年団みたいなものもあるし
どれにも属していないムスメは学校の先生からもお誘いがあった模様。

やんわりと断るらしいんだけど、こういうのも難しいねぇ。
6年生になったらもっといろいろ夏休み中でも学校を通す活動(任意参加)が
あるのかもしれない。ギョギョ。

それでも中には塾の夏期講習に行ってる子の話もちらほら聞き始めた。
と言っても、もちろん高校受験を視野に入れての話。

そういう人達に塾について聞かれて「行ってない(塾は考えてない)」と答えると
「高校はそんなに高いところを目指していない人」と思われるのか
「好きなことを伸ばしてあげるのもいいよね」なんて暖かい言葉をもらったり(爆)

それぞれの世界で「当たり前」ってのがあって
でも隣の世界とはそりゃ話は違ってくるわけで
どちらにも混ざっている身としてはヒジョーにめんどくさい。

中学受験をガッツリ考えてる人は「夏期講習は当たり前」だろうし
もしかしたら小学生の間は夏休みの旅行に行けなくても仕方ないとなるかもしれない。
高校受験を今からガッツリ意識している人は「塾に行くのが当たり前」だろうし
5年生から何もやってないなんて考えられないのかもしれない。

・・・いや、何もやってなくないんですけどね(ボソッ)

やってることいっぱいあるんだよーーー、でも言えないんだよーーー。

英検2級の勉強だって別に今やらなくていいわけだしさ
高校受験組からすると、どうせ中学に上がってからでも英検は取れるし
3級くらいあれば内申書(?)に書けるからそれでいい、らしい。

内申書に書くためにやってるわけじゃないんだーーーー

こう言うとすると
「中学に入って英語でトップクラスの成績を取っておくため」
に変換されるらしい。

5年生でこれじゃ6年生の夏休みはもっと気を遣うのかな。
「ハワイに1か月行っちゃいますの、オホホ」と言って家に籠ったら楽か(ウソ)

いやいや健全に遊ぶ時は遊び、やる時はやろう。今年も来年も。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可