FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科 第7回(地球と太陽2)
2012年08月24日 (金)
理科の第7回は地球と太陽(2)

前回の時にNHKの理科10min.で該当する回を見ておいたので
スムーズに予習シリーズをスタート(のつもり)

そうだなぁ、地球が公転してることもわかったし、傾いてることもわかった。
だーけーどー、最初は何だかスッキリしないー(汗)

予習シリーズのページを進めてもしつこいくらいに
春分・秋分の日、夏至、冬至の話が出てくる。とにかくコレが基本なんだな。
イラストを見てみてもわかるような、わからないような。

こういう時はホント映像で見ながら聞きたーい、と思う。

地軸の傾きに見立ててペンを傾けて、どこの部分(上・下)に太陽が当たるかとか
挙げ句には自分達が傾いて頭に陽が当たるのか、お腹に当たるのかとか。
ものすごいアナログ方式(笑)

その後にサブノートをやってみると、なるほど・・・と少しわかってきた様子。
でも「なんでだ~」と言っているので横で見ながら
これまた2人で「地軸が~」と言いながら頭を傾けてみる。

いや、わかるんだよ、何となくわかるんだけどイマイチ掴みきれてなくて。

サブノートを計算して埋めながら少しわかってきたみたい。
4年生の時はありがたみを感じなかったけど(そもそも使ってたっけ?)
5年生になって理科も社会もサブノートを使って整理できてるなと実感してる。

この後に練習問題、AB問題といくだけできちんと整理できることもあれば
今回のようにもう少し確認しておきたい時もあるので、その時は別冊頼み。

テーマ別特訓ノート理科天体―国立・私立中学受験

4年生の月の時にもお世話になったので。
イラストがわかりやすい気もするし、予習シリーズをかなり補ってくれる。

今回はこっちを先に見ておいてから予習シリーズをやってもよかったかも。
だって予習シリーズは文章で説明してあるんだもん。
まぁ語りかけられる感じで見ていくと思えばいいんだろうけど
単元によってわかりにくい時とわかりやすい時とあるしね。

テーマ別特訓ノートの該当する回をコピーして
導入部分は書きこむ必要のあるところを書き込みながら確認して
ムスメの好きな「入試問題にチャレンジ」をやった。

前に月のところをやった時に、量も多いし、やらされてる感にならないように
問題の脇に小さく書かれている学校名を見て
「すごいじゃん、☆☆中学に合格できるよー」なんて盛り上げたからか(笑)

基本的な問題なんだけど、週テスト問題集とは違う感じがするし
実際の過去問だし気分的にやりごたえがあるのかも。

今回も太陽の回の「入試問題にチャレンジ」をやったら
だいぶわかってきたように思えた。
その後の練習問題も、間違えはしても修正も素早いし確実になってきた。

週テストAB問題もチンプンカンプンじゃない状態で取り組むことができたし
スッキリしないままにしないで良かった。
やっぱりテーマ別特訓ノートには手助けしてもらえるなぁ。

「電流」「植物・動物」とこの「天体」の3冊しかなくて
気体や物質関係の号がないのが残念。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可