FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
社会 第11回(江戸時代2)
2012年08月11日 (土)
社会の第11回は江戸時代(2)

江戸時代は長いので3部作。
今回もまた人物というよりも江戸時代の文化や産業などの話。
そうだなぁ、平和な(?)時代だもんなぁ。

出てくるのほとんど芸術家や文学系関係。
井原西鶴(浮世草子)、近松門左衛門(人形浄瑠璃)、松尾芭蕉(俳諧:奥の細道)、
菱川師宣(浮世絵)、本居宣長(古事記伝)、前野良沢・杉田玄白(解体新書)、
伊能忠敬(地図制作)、青木昆陽(蘭学者)、十辺舎一九(東海道中膝栗毛)、
滝沢馬琴(南総里見八犬伝)、与謝蕪村、小林一茶、葛飾北斎(富岳三十六景)、
歌川広重(東海道五十三次)、シーボルト

あとは
元禄文化、儒学、朱子学、藩校、国学、蘭学、化政文化、俳諧、川柳、寺子屋
五街道、一里塚、関所、東廻り(西廻り)航路、北前船

政策や暮らしでは
年貢、新田開発、油かす、ほしか、備中ぐわ、千歯こき、唐み、地引きあみ、
工場制手工業(マニュファクチュア)、株仲間、両替商、商品作物、
将軍のおひざもと、天下の台所、蔵屋敷、年貢米、城下町、港町、宿場町、門前町、


・・・結構ヘビーな(汗)

NHKの「見える歴史」で歌川広重と近松門左衛門の回があったし
前に「今夜はヒストリー」で葛飾北斎を見たり、他にも時々美術系の番組を
見ることもあるので意外と知ってる人もちらほらいた。

全員「はじめまして」では怖い・・・よね(汗)

出来事がないのでラクそうに思えて実は全然頭に入ってないような気も。
案外そういうもんだったりする。

さて、どうなりますやら。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可