FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
理科 第3回
2012年08月03日 (金)
理科の第3回は動物とヒトのからだ(3)

ようやく人体系3部作のラスト。
今回は血液、心臓、動脈とか静脈とかの話。

えーと、実は私こういうのサッパリわかってないもので
一般常識的なこと(怪我を直すのが血小板とか)ならわかるけど
動脈と静脈も名前くらいしか知らない人間。

教育テレビの「ふしぎがいっぱい」を探して見てみるも
なーんかコレっていうのに当たらない。

血管や心臓の話ということで、具体的にみたいなと思って
中学生理科の10min.を見たらちょうどピッタリ。

血液の流れの超アップ映像とか、血小板が傷口にわらわら~と貼り付く様子とか。
静脈の弁が開け閉めするのも、動脈は速いので弁がいらないというのもよくわかった。
やっぱり映像系は助かるなぁ。気がついて良かった。

そこから肺動脈だの大静脈だのっていう話は予習シリーズで。

心臓に入るグループ分けで静脈、出るのが動脈っていうのはわかっても
「心臓とつながってる」で覚えちゃったようで、最初しばらくは
何度聴いても頑なに「肺に入るから肺静脈」となってしまった(苦笑)

違うんだよー、「心臓とつながってる」じゃなくて
「心臓へ入る/心臓からから出る」という分け方で考えないとね。

という自分もわかってないもんだから混乱しちゃったりして(汗)

2人してあーだこーだ言いながら、ようやく「ほぉ~、そういうことか」で納得。
後はその心臓と肺の出入りから全体の流れで、静脈と動脈のことを
ちゃんと理解してからの話なので、体全体のことも困らずに理解できた。

やっぱり自分が納得できるまで最初はがっつり見ないとね。
私はついつい自分がわかるまで「あーでしょ、こーでしょ、あーでもない」と
同じことをしつこいくらいに何度も確認したり書いたりしているので
最初にこれだけやると(社会の歴史でも)後が助かる。

自分がちゃんと覚えていないとムスメの間違いも直せないし
練習問題ができればいい、ではなくて答え合わせの時に確認もしたいし。

だったら予習しとけよって話もあるけど、
ムスメと一緒にしつこくやった方が一度で済むし(コラ)
一緒にしつこくやったらムスメも覚えるかもしれないし。省エネだ(違)

理科は練習問題、週テストAB問題とやってみて
こうやってしつこくやった回は演習も割とスムーズ。
AB問題も思ったほど悪くなく(できないこと前提か・苦笑)
もう少しきちんと詰めれば大丈夫かなという感じ。

いつもはCS問題も日を改めてやるけれど夏休みはAB問題まで。
2学期に入った平日に第1回から順にCS問題をドバーっとやってみる予定。
その頃は時間が空いちゃってからなのでどうなるかなぁ。

でも社会でも理科でも、その時は忘れても最初にできるだけやっておけば
「聞いたことあったな」とか「あ、そうだった」と思い出せるのかなと。

いや、どうせ最初にどーんとやっても忘れちゃうんだから最初は軽めに・・・な
考え方もあるだろうし、どっちがいいんだかはわからないなぁ。
まずはとにかく入れていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可