FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
急がば回れ
2010年03月04日 (木)
国語の読解、なかなかパッとしない。
読解って言っていいのかな。ソレとかコレっていうのも含むし、とにかく全体。

今はトップクラス問題集を1ステップ(2ページ)ずつやっているんだけど
惜しいというのか、「ちゃんど問題読んでる~?」と言いたいとこだらけ。

トンチンカンな答えを書かれたり、
「さっぱりわからない」と言われるよりまだマシなのかもしれないけど
ちゃんと読めばできるはずなのにねぇ・・・のオンパレード。しかも連日。
ムスメ自身も悔しいと思っている様子。

一応、題材の文を音読するように言ってある。
だけど毎回言わないとサボるし、こちらが言わなくなったらコレ幸いとサボる。
結局サボるわけなんだが。

でもあまりの注意力の惜しさ(本当に惜しいんだ)に
「論理トレーニング」の時に「3回音読しましょう」とあったのを思い出させた。
そう、この時も最初はちゃんと3回音読してたよな。
それでも音読しなくても答えがわかるようになって自主的に音読中止してたな。

1回は普通にまず読め、2回目は頭の中で映像にして読め。
それから設問を読んでみて(鉛筆は持たず目を通すだけ)、本文3回目を読め。

設問を読んでみて・・というのは正しいのか正しくないのかわからないけど
単に「3回読め」と言うとノルマこなしみたいにやるので合いの手を入れる感じ。

これは昨日の話なんだけど、昨日の答え合わせは平和だった。
間違えるにしても「あー、こりゃちょっと難しかったよな」とか
「こういう時はこうするんだよ」と次に繋がる間違いだった。
前日のボロボロに比べれば差は明らか。

それでムスメに聞いてみた。

「前の日(ボロボロだった日)と今日(音読3回)とどっちが時間かかった?」

多分かかってる時間は同じくらいだったと思って聞いたんだけど
ムスメの答えは「今日(音読3回)の方が早く済んだ」だった。
(これまた質問どおりに答えてないんだけども・苦笑)

ムスメ曰く、

早く済ませたいからささっと本文を適当に(おいおい・・)読んだ昨日は
問題文を読んでから答えを探したり考えたりするので、そこから時間がかかった。
でも音読3回してからの今日は問題を見てすぐに答えがどこにあるかわかったし
こっちの方が早く済んだ気がする。


なんだそうな。

早く終わらせたいからってパパーッと読んで問題をやった日よりも
時間がかかりそうに思える音読3回の日の方が早くできて、
しかも内容的にもそっちの方がよくできてる

「これってどういうことだ?」と聞くと「急がば回れだ~」って気づいたムスメ。

そう、急がば回れってのはこういうこと。
本人に実感として伝わったらいいんだけどなぁ。
なんせコドモゆえ、またちょっとしたらサボりそうだから(苦笑)

でもね、算数でも同じことが多くて
ちょっと考えるような文章問題も絵を描いて考えればいいものを
そういうのを端折ってさっさと済ませようとしがちなんだけど
これも立ち止まって絵を描いたり考えたりする方が早く答えに辿り着けるんだし
身をもって実感してもらえたらなーと願うハハなのであった。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可