FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)下/第2回
2012年06月15日 (金)
1回分のペースを再度見直して、例題2日+基本2日+練習2日でやることに。
その方がお互い平和だということがわかったので。
やっぱり時間がキツいと心に余裕がなくなるということもよくわかった(苦笑)

ただし休日にかかった時は1日でやっていこうとは思う。
1回分=6日分フルにかけてしまうと後々困ってくるので。

++++++++++++++++++++++++

5年生(下)の第2回は

・売買損益の問題
・図形の回転移動(1)


何だかムズカシそうなタイトルだなぁ(汗)
でもアレでしょ、何割引きってやつでしょ。主婦なら大好きな(爆)

最初に「何割何分」が出てきて、これがマッサラで初めてだったらと思うと怖い。
パーセントをやった時に打率の話をしたりしておいてよかった。
でもまだお馴染みではないので、最初は馴染みのあるパーセントに直して
それから小数に直して計算してみたり。まぁいずれ慣れるし。

仕入れ値、見込利益、売り値、売上げ、利益、損益・・・

実はフリマに出店してムスメも手伝いから店番までしたことがあるので
値段を付けた時のことを思い出しながら。
原価(仕入れ値や材料費)より高い値段を付けなきゃ赤字になっちゃうからね。

バザーなんかでも売れ残ったら最後は半額~!なんてやってるでしょ、
あれだと利益は減っちゃうね、などなど。

基本的なことはわかったかな・・・ということで例題をやってみたけど
2つめあたりからやや固まってしまうことが増えた。

図を描け、とは言ってあるものの何を「1」とするのか混乱するみたい。
「仕入れ値の2割を見込み利益として」というものの後に
「売上げの3割を」と出てきたり。

その都度、何を出しているのか考えながらやっていかないと途端に迷子。

ムスメは目についたところからやっていくところがあるので(計画性ナシ)
複合図形の面積なんかと相性がいいのは、こういうのは計算が順不同でもいいから。
細かいパーツごとに面積を出して後で合計すれば答えが出るもの。

反対にこういう話の流れのあるものは、順番に1つ1つ計算して
その計算結果をまた次の条件で計算をして話を進めていくものだから
ムスメのように目についたところからやっちゃうようじゃ無理なんだよね(汗)

つまりは理論的に話が進められるかってことで・・・こりゃ無理だ(汗)

だから単純に線分図を描いてもかえってわかりにくかったりするので
頭の中で全体をイメージしてやっていけるといいのかなぁ。
こう思うのは私が大人だからか?(苦笑)

もう1つの図形の回転移動は話が早かった。
平面でも立体でも頭の中でクルクルと回せるタイプだからかな。
心配なのは計算だけか・・・おうぎ形の面積とかね(汗)

<基本問題>

200円の2割はいくらですか、みたいなのから始まり、後は利益を出す問題。
ムスメは最初食塩水の絡みとごっちゃになって、ちょっと考えてたようだけど
考えこんだ後には何とか大丈夫そうに。

でも「利益」を聞かれてるのに「売上げ」が出た時点で完了してたり
またもや計算間違いもあったり(涙)
筆算してるのに計算間違いってどーよ。単純なかけ算じゃないか(怒)

でも仕入れ・定価・売値・売上げ・利益・・・の基本の基本はわかったかな。
やりながら覚えてくタイプなのでね(笑)

図形の回転移動では、また出たよ、弧の長さを出すのに半径×半径。
面積じゃないかーーーー。もう何とかしてくれ(怒)

別の1つはこれまた計算間違い。
もう1つはどこの面積を聞かれてるのかわからず。
「回転後の面積」というのがよくわからないらしい。

こんなんじゃ、できるものもできないじゃん。解き直しも増えるばかりだし。
もちろん身をもって体感して欲しいので全部解き直しに入れるけどね。

<練習問題>

うーむむ、基本的な問題に近いと思うのだけど
やっぱり売り買いの話はムスメにとっては手強そうだなぁ。

一度覚えると後は手堅いタイプ、裏を返せば頑固。
どうもパーセンテージの話は食塩水と繋がるようで話がややこしくなる。

だーかーらー、あの時はあの時で、コレはコレなんだよーー。

まだビギナーなのでこうは言わないけどね、頑張ればできると励ます(笑)

線分図を描けということで描くものの、余計にわかりづらい。
というより、わかってない状態で描くんだからわかるわけがない。
頭の中でわかってるものを整理するためのものでもあるんだしね。

線分図はない方がいいのかなぁ。あると混乱しちゃうかなぁ。

あとは「何かの0.9倍」とかそういうのもハードルを上げてるかも。
前よりはわかるようになってきたから希望はあるか(苦笑)

それに「定価で何個か売って、割引きで何個か売ったら利益が★★円になった」
なんて問題はつるかめ算も絡んできてるじゃないか(汗)
この手のツルカメは理解できてるのでまだよかった・・・はぁ。

あれこれといろいろ絡んでくるから、その時のものは
きちんと押さえて進んでいかないと危ない危ない(怖)

翌日にもう1度やった方がいいのかな。
第5回でまた出てきて、その後に解き直しでやるのは先すぎるかな。
2~3日おいてまたやりたいくらいだ。どうするかなぁ。

回転図形の方も結構お手上げ。
立体をクルクル回すのは結構大丈夫かなと思うんだけど
そうか、平面の方は立体よりも落ちるのか(汗)

基本問題同様「移動した後の面積」というのがピンとこないらしい。
一緒に赤ペンでガッツリと線を書き入れながら
どこにどう移動するのかを確認してみる。

点そのものが回転した後の移動先はきちんとわかっているので
後はその動線っていうのかな、動いた軌跡がわかればいいんだよなぁ。
動いた後の面積も「元の三角形+おうぎ形」というのはわかってるので
後は確実にどの線になるのかがわかれば。

面積やまわりの線の「出し方」はわかってるので
慣れればいけるんじゃないかといずれに期待。

++++++++++++++++++++++++

うーん、第2回にしてかなりヘビー(汗)

問題量は変わらないんだけどね、やっぱり内容がこってり(胸焼け)

例題も基本問題も練習問題も2日に分けて正解だな、こりゃ。
もれなく1つの単元ごとになるっていうか。

下手すりゃ1つ目の単元の例題→基本→練習としてから
2つ目の単元も同じようにやるっていう流れもありなのかも。

14回分(第19回まで-総合回4回分)と考えずに
2単元×14回=28単元と考えるっていう。
まぁコマゴマ言っててもしょうがないのでやってくだけなんだけど(苦笑)

しかし第5回(総合回)の翌日の解き直しデーは怖い。

相当数残ってるし、1回目を自力でやって間違えたのなら
解き直しで消化できるかもしれないけど、1回目でサッパリお手上げで
自力でやるというよりも私の解説を受けながら解き方を学んだようなものは
解き直しでもきっと自力ではできないと思う。

でもどんなに壁が高くても、こうやってやってくしかないかな。
数をこなすよりも、同じ問題の回数をこなして体得していきたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可