FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
週テスト問題集(上)まとめ
2012年05月18日 (金)
4年生の時に記録していたので5年生版も記録。

算数の週テスト問題集(上)の総括。

4年生版はABCの3コースだったので真ん中のB問題だけ、
5年生ではABCSと4コースなのでB問題とC問題を(制限時間通り)

赤字は平均以下なもの。

       <B問題>   <C問題>
      ムスメ 平均  ムスメ 平均
        ↓   ↓      ↓   ↓
第1回   92  76 / 70  64  倍数と公倍数/きまりを見つけて解く問題(1)
第2回   54  63 / 41  56  約数と公約数/多角形の性質
第3回   51  64 / 64  51  分数の計算(1)/面積の計算(1)
第4回   84  69 / 70  67  分数の計算(2)/決まりを見つけて解く問題(2)
第5回  112   - (200点満点・各コース共通問題)※昨年度未実施
第6回   85  62 / 77  51  分数の計算(3)/立方体と直方体(1)
第7回   70  72 / 62  57  和や差に関する問題/表とグラフ(1)
第8回   48  61 / 54  57  数列に関する問題(1)一方に揃えて解く問題
第9回   69  60 / 70  58  割合の表し方/立方体と直方体(2)
第10回 152 110 (200点満点・各コース共通問題)
第11回  70  63 / 40  48  割合に関する問題(1)/円とおうぎ形(1)
第12回  69  71 / 61  56  一方におきかえて解く問題/円とおうぎ形(2)
第13回  76  73 / 57  69  平均に関する問題(1)/角柱と円柱
第14回  71  73 / 35  63  平均に関する問題(2)/水量変化とグラフ(1)
第15回 136 109 (200点満点・各コース共通問題)
第16回  70  66 / 69  62  濃さに関する問題(1)/場合の数(1)
第17回  76  70 / 64  70  場合の数(2)/表とグラフ(2)
第18回  62  54 / 27  54  場合の数(3)/面積の計算(2)
第19回         / 39  64 (組分けではなく総合回のC問題のみやった)
学判(春) 90  58 (150点満点・各コース共通問題)
学判(夏)114  76 (150点満点・各コース共通問題)

+++++++++++++++++++++++++++

もっといっぱいあるかと思ったら・・・って、結構あるってか(汗)

B問題の翌日に同じ回のC問題、というやり方だと、やり方に慣れちゃってたり
本当に理解できて自力でやりきれているのかが不透明なので
B問題を最初から最後までやって、C問題をまた最初から・・・にしてある。
基本がわかっていればそうやって間が空いてもできると思うから。

見てみると、C問題ではちゃんとできてリカバリできている単元もあれば
やっぱりまただよ~~っていう単元もある。

単元名も赤字にしてみると、何だか一目瞭然(苦笑)

ただ1回につき2単元なので、どちらか片方で躓いている場合もあるしね。
もちろん両方ともに躓いていることもある・・かも(汗)

最初の方の約数、公約数、分数・・・あたりはよくわかっていなかったのもあるけど
面積計算で計算間違いをしていたりもちょこちょこあった(汗)
でもこの約数・公約数関係はその後でも分数の計算をしたり、植木算だったりで
使いながら演習していけたと思う。

その他の図形関係(円とおうぎ形)も赤字になってるけど
これはどちらかというと相方の「割合」と「おきかえ」と「平均」の方かな。
一方に置き換えるやつはだいぶやったので進歩はしている・・・はず。
(たこ焼き、焼きそば、お好み焼きのそれぞれの値段を出す問題みたいなやつ)

割合もここだけじゃなく他でも使うことになるからだいぶ慣れたかな。
平均を出すものは面積図を書くとわかるんだけど、自分で気付けないのが難点。
あまり面積図に頼ることなく、とも思うし。
あとは聞かれている意味がわかってないというのもここでは目立った気が(汗)

水量変化とグラフも結構イイ線いってるんだけど
「水を出しながら排水で捨てる」というパターンが苦手みたいで(苦笑)
15リットル入れつつ、全体としては20リットルずつ減らしたいみたいな。
でもこれもチンプンカンプンから脱出してきたので今後に期待。

後半は場合の数が散々。点数もハンパないほど低い。

考え方は近づいてきたかな~とは思うけど、答えが合わないことにはね。
惜しいといえば惜しい・・・なんて言ってる場合じゃないな。
基本中の基本はわかっているのだけど、カードで同じ数が2枚あったり
男女別々に2人ずつ選ぶ決めるとか、一発で出せないものになるとまだまだ。

それでも予習シリーズの練習問題をやっている頃よりは進歩してると思う。

答え合わせ後の解説も言えば通じるようになったし(そんなレベルか・笑)
自分で「どうしてコレを出したか」と私に説明しながら
どうして(どこで)間違えたのか自分で見つけられるようにもなってきた。

さて、次はまとめての直しデー。

第10回分までは既に組分けテストが済んでいて
それまでに直しもやって、復習ウィークで2回目も済ませてある。

ちなみに実際のテストの出来具合はこんな感じ。
・第5回までの時(3/11)・・・104点(平均96点)偏差値52
・第10回までの時(4/29)・・128点(平均105点)偏差値56

解き直し+復習ウィークで再度やると何とかカタチになってくるのかも。

今回は第11回より後の分の直しを。
直す問題数は点数にリンクしてるから量も多い(汗)
4年生の時よりも多いな。

でもこのしつこいくらいの解き直しが後で実になってくると思うので
これで上巻の〆だし「ま、いっか」にならずに今回もやっていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可