FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英検分野別ターゲット
2012年05月06日 (日)
2級への取っ掛かりとして始めたコチラ。現在も鋭意取組中。
今月下旬には終わる予定。

英検2級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)

大問1の語句穴埋め問題が500題。とにかくソレばっかり。
分野別だから当たり前か。

細かく言えば、単語穴埋め、熟語、文法と分かれてるけど
とりあえずたくさんの問題にイッキに当たってみようということで使い始めた。

500題のうち最後に模擬問題(20題×5回分)が100題あって
前半?の400題は実際の過去問からの抜粋らしい。

説明を見ると・・1991年度から2005年度に出された分だとか。

おぉ、結構古かったのね(苦笑)

どちらにしても過去問(いつもの全問題集)はやる予定なので
コレは取っ掛かりということで一巡だけにしておこうかな。

模擬問題100題以外の400題が済んだら長文をやる予定。

単語を覚えたり、文に馴染むには過去問の長文を精読するのが
今のところ自分達には合うんじゃないか、ということでムスメと決めた。

英検2級 長文読解問題150 (旺文社英検書)

こちらも実際の過去問で、2004年度から2006年度分とのこと。
そんなに古くはないみたい(笑)

長文精読は時間もかかるし、夏休みにしようかと思ったけど
昨年の準2級のを見てみると4月終わり頃から長文読みを始めてるんだよね。

過去問2冊+予想問題集1冊の計52回分で7月初旬までやってた。
(毎日はできてなかったみたい)

それから過去問の前半部分(語句穴埋め~作文)に取り掛かって
夏休みにはそれに加えて長文問題を1つやったんだっけ。
過去問題集2冊のうちの新しい方で、長文読みで1度は一緒に読んだやつ。
内容はさほど覚えてなかったので新たな気持ちで力試しした(笑)

ちなみに予想問題集と過去問の古い方の長文は長文読みで使ったのみで
実際に自力でやるということには使わなかった。

単語を頭に入れるには長文読みが欠かせないと(私達は)思うのだけど
途中からは長文問題で力試しするよりも、語句穴埋め問題をくり返しやって
アウトプットしていくことで定着すると思えたから。

準2級の通りにしようという気はなくても、やっぱり同じ感じになるかな。
それしか成功体験ないからね(笑)

ということで、まずこれを使って長文読み(一緒に精読)

英検2級 長文読解問題150 (旺文社英検書)

43回分。

長期休み期間中ではないので平日にやれるのか?は不明だけど
何とか他を薄くして(できるのか?)もここで長文を入れておきたい。

多分夏休み入る頃?に終われるんじゃないかと思うので
夏休みは全問題集の語句穴埋め問題+作文と、並行して長文問題1つずつ。
この辺は昨年の夏休みと同じ感じ。

2学期からは語句穴埋め+作文の前半部分のくり返しに入りたい。
今回も全問題集2冊(1冊目は夏休みに使用)と予想問題ドリルかな。

出来具合にもよるけど、11月半ばあたりにHP掲載の過去問を力試しでやってみて
1月受検(申込みは12月)をどうするか考えることができたらいいなと考え中。

いやいや、図々しいですかねぇ。そうだよねぇ。

私の頭の中で英語の予定を考えていると、どうしても英語に傾倒したくなるけど
算数・理科・社会、おっと忘れちゃいけない国語(汗)
ボリュームが出る部分もあるので、折り合いをつけていかないとね。

理科でも社会でも、週テスト過去問もくり返しやってると速くできるようになるし
答え合わせや見直しもすぐ済むからかかる時間は少なくなるし、英語もそう。
だから後々はラクに共存できるようになってくるとは思うんだけど。

まず1つ目のハードル?は長文読みだな。
これだけは小分けにできないし、知らない単語が多いとそれだけ時間もかかるしね。

でもエッセイやコラム的に読むのって結構楽しかったりもするので
何とか時間に追われ過ぎないように調整しながらやってみたい。

自分も進歩するのを期待して自主的英語漬け、頑張ってみよう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可