FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
算数のつまずきを基礎からしっかり
2012年04月15日 (日)
算数もちょっと引っかかりが出始めた。

このところ予習シリーズ上巻最後の解き直しをやっているんだけど
思ってた以上に間違いが減っていかなくて、予想外に日にちがかかってる。
間違い直しの直しの直し・・・どこまで続くの~?なんてことに。

予習シリーズも週テスト問題も間違えた問題は解けるまで
何度もやるので、今までは何とか過ごせてたけど
さすがに5年生の上巻の後半はそうもいかなくなってきた様子。

解き切って間違い直しは完了させるものの
何ていうのかなぁ、しっかりと足元を固めていけてないような・・・。

うーむ、マズイ。

どのへんかっていうと

・場合の数(特に道順)
・割合(特に円グラフ絡み)

あれ?
書き出してみるとこれだけ?に思えるけど、何か多く感じるんだよなぁ。
短期間でくり返してる割にちっとも進まないからそう見えるんだろうか。
もちろん他は完璧!ではないけど、特に気になるのはこの2つ。

場合の数はカードで数字を作るとか、果物3種類から選ぶとか
単純なものなら大丈夫なので、4年生でやった分は大丈夫ってことか。
かけるもの(積の法則)と足すもの(和の法則)がきちんと理解できてないのか
ここを混同してしまってるところもポツポツと。

説明するとわかるんだよね。「電車かバス」と「電車とバス」の例での違い。
だけど問題になるとわかりにくくなっちゃうみたいで。

それで道順も。
普通のパターンならいいんだけど、途中のある点が通れませんとか
途中のある点を絶対通るとか、どちらも分けて考えちゃったりして
それを足してみたりかけてみたりして。
答え合わせで話せばわかるんだけどねぇ(当たり前か)

それから割合。

そうだなぁ。これも話せばわかるんだけどなぁ(説得か)
食塩水の話は問題数が多かったからか、なぜかできるんだけどねぇ。
だから最近は食塩水を例えにして説明したり。
割合から実際の重さを出したりするのは本当に良い練習になった。

馴染みがないものは苦手なのか?(苦笑)
見慣れてくるといいのか?うーむむ。

特に円グラフを使っての割合の話になると混乱するみたい。
360度をすぐどうこうしようとするんだよね(汗)
まず割合を出してからでしょー、となると「あ!」で後は速いんだけど。

計算についてはできるのに自分で気づけないっていうか
アレコレ考えすぎてしまってるというか。
自分で難しくしちゃってるところもあるんだよなぁ。どうしてだ(苦笑)

割合を出すことはできるし、割合から重さや長さを出すこともできるし
ただもう少し込み入った話になると困るのか。
これも話せば通じるので、後は反復あるのみか。

救いは解き直しをする時に1問ずつ一生懸命やることかな。

まぁいいか~、確かこんな感じだったよな~、なんてことはなくて
毎回一生懸命考えて取り組んでいるのでまだ見込みはあるかと。
もういいよーー、と投げ出すよりは全然マシ。

それでちゃんとやれれば一番いいんだけどね(笑)

あとは理解できていないのではないけれど気になることは
図形の面積を出す時のミス。

もちろんシンプルなものなら大丈夫だけど
四角形と半円の組み合わさったものの重なった影の部分とか
円が4つ重なっていて、重なっていない部分の面積とか。

いろんな部分を計算して、最後に全体から引いたり、全部を足したりして
やっと答えが出るっていうめんどくさい計算工程が多いものをかなり間違える。

まず途中の計算をどこかで間違えてたり、面積なのに直径×直径になってたり
2つ分を引かなきゃいけないのに1つ分を出したところで満足して終わってたり。
考え方はほぼ合ってるので「何やってんだーーー!!」状態。

こういうのは本当にもったいないので、どうしたらミスが減らせるかの工夫も
考えながら演習していくことにしたい。

でもどれも根本がわかっていないわけではないし、私もまだ説明できるので
特に他の市販のフォロー教材を使う予定はなくて
その分しっかり予習シリーズと週テスト問題をくり返して乗り切るつもり。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可