FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
漢字の学習
2010年02月22日 (月)
ムスメは入学してから漢字を勉強しはじめて
漢字のために勉強の時間は取ってなくて、学校の授業+宿題くらい。

漢字を「図」として認識して覚えるからなのか、字を書くのが苦手じゃないからか
覚えるのに困ったこともなくここまで過ごしてきた。

・・・時々チェックすると書き順が間違ってたりするんだけど(汗)

年度の総仕上げにやろうと思ってるところ。

漢字標準問題集 (小学2年)
漢字標準問題集 (小学2年)

いつもお世話になってる受験研究社。

よくある漢字ドリルは、1文字5~10回練習するマスがある物が多いんだけど
これは最初に読み・書き順が載ってるだけで後はひたすらテスト形式。

何度も書いて覚えるというのも大事なんだろうけど
一応「字」そのものは覚えているムスメなので
できればいろんな読みや使い方を知っていって欲しいと思ってテスト形式。

見開き1ページずつやっていって39回分。
他の国語・算数ドリルと違って頭を使って考え込まなくても良いし
ゆったりとしたスペースなので、おそらく10分くらいでできそう。
早速ホワイトボードに「漢字」のマグネットを作成してペタリと追加した。

実は2年生の始めにこれ↓を使ってみたんだけど、挫折してしまって(汗)

かん字ハイレベ100 小学2年
かん字ハイレベ100 小学2年

こちらもいつもお世話になっております、ハイレベ。

悪くないとは思うんだけど、最初に練習10回ってのがダメだったみたい。
練習の後のテストもマスが小さかったかな~。
読みのところはいいんだけど、漢字の解答欄が□っていうのは
字のダイナミックな(単にデカイんだけど・・)ムスメには厳しかった。
せめて(  )欄だとまだ融通がきくんだけどねぇ。
それに加えてハイレベル問題は難しかった。さすがハイレベ。

これは実は漢字の先取りをしようと用意した物だったんだけど
↑な理由もあって挫折。

というより、漢字の先取り自体がムスメには合わないのかなと思って
1年生の時と同様に学校の授業+宿題だけというのに戻した。

それが最近、ちょっと変わってきた。

少し前から「ジュニアエラ」の記事を写すことをしているんだけど
その中で当然読めない漢字もたくさん出てくる。
記事にはふりがなが振ってあるので読むのは読める。

まだ習っていない漢字には赤鉛筆で○の印を付けておいて
後で漢字辞典を使って書き順を確認しながら練習するということにした。
(繰り返し書くのが嫌なので3回のみ)

小学生の新レインボー漢字読み書き辞典
小学生の新レインボー漢字読み書き辞典

辞書を見る前に、「私、書き順わかると思う!」とムスメが言うので
私が辞書で確認しながら、指で空に書いて見せてもらうとほとんどが合ってる。
左から右、上から下というのがわかってれば何となく想像つくもんね。

それに今まで習った漢字の組み合わせでわかったり。
「案」だって「安と木の合体だ~♪」だし、シンニョウやモンガマエなんかは
「○の中が△に変わっただけだね~♪」という感じだし。

なので最初に空中に指で書いて見せてもらって、私が書き順をチェックして
OKならノートに3回書くということにした。

ちなみにこのエアー指書き(笑)は

プロ親になる! (宝島社文庫)
プロ親になる! (宝島社文庫)

の中の「楽勉のすすめ」という章の中で
「漢字指書き」という言い方で紹介されている。

初めて習う字を紙に書くというのは子供にとって結構重労働で
しかも間違えて消したりというのも負担になる。
だからまず、漢字指書きをたっぷりしてマスターできてから紙に書かせる。


という話だった。
読んだ時はなるほど~と思っただけだったんだけど
ムスメが「ちょっと見てて」とエアー指書きやって思い出した。
確かに子供にしたらすごく楽らしい。

書き順をエアー(笑)で確認した後に書くとスムーズだし
3回も書けば3回目はバランスも良くなってきちんと書けるようになってる。

これは習いたてじゃなくて2年生も終わり頃だからだと思うんだけどね。

最初のうちは書き順も含めて覚えるのは大変なんだろうけど
ある程度覚えてしまうと、後は楽なのかもしれないなと思った。

そういえば・・・と思い出して本棚から出してみたのがこれ。

ドラえもんの国語おもしろ攻略 歌って書ける小学漢字1006 (ドラえもんの学習シリーズ)
ドラえもんの国語おもしろ攻略 歌って書ける小学漢字1006 (ドラえもんの学習シリーズ)

これはすっかり埋もれていて盲点だった。
ムスメも四字熟語やことわざの本を好んで読んでいたし。
(ドラえもんシリーズは10冊以上あるので ←言い訳・・苦笑)

漢字辞典とかぶるからっていうのもあって埋もれてたんだけど
改めて見てみると手頃でちょうどいい。
そのままテーブルの上に出しておいたら、ムスメもしょっちゅう眺めてる。

ムスメの漢字練習の場合、覚えはあまり心配してないんだけど
一番気になるのが書き順。つきっきりで見てるわけにもいかないしねぇ。

これなら歌(下村式)になってるので頼まなくても勝手に書き順を唱えてるし(笑)
1つ1つの字に「ここは止めない」とか「似てるけど注意」とか
書く時のポイントも入っているので助かる。

ジュニアエラの書写もこれでお世話になろうっと。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可