FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英語ドリル
2010年02月21日 (日)
毎日これをやってる。

小学生英語テスト―ライティングの問題・リスニングの問題
小学生英語テスト―ライティングの問題・リスニングの問題

もちろんコピーして(笑)
1レッスン2ページを、1日2レッスン(4ページ)ずつ。
この1冊では83レッスン分が入っている。

最初はの2レッスンくらいは単語だったのでパスした。
その次は This is ~ / Is this ~? 
These / Those も通り越し、なぜか途中で What is ~ 入ってきたり。

だいたいもう知ってることなので復習がてらやってる。
でも教えてない「 or 」や「 some 」「 a lot of 」とかが早い段階で出てきて
こういうのも自力で教えてると漏れ(抜け?)があるので助かる。

今日でレッスン32までいったので、半分近くかな。
時間の聞き方と答え方、数字も出てきた。
数字は書けないので良い練習になったな。

そしてなぜかレッスン35で「 I am a boy 」が出てくる。
その次のレッスン36では「 We are 」、レッスン37では「 He is 」
うーん、順番がよくわからない(笑)

今ちょっと混乱しかけてるのは「 some 」と「 any 」

日本語では「いくつかの」ってつけなくても「机の下に猫いる?」で通じるけど
英語はいちいち何かつけなきゃいけない。←このままムスメにも説明(苦笑)
そこへ「 How many ~?」も一緒に入っているので「いくつかの」あたりで
ちょっと混乱してるみたいだった。

この辺は一応説明しつつ、いずれ繋がる時がくるだろうと思い軽くスルー。
あまり根を詰めて説明しても難しいと思うし、またどっかで出てきて
その時にはムスメの中でも何かカチッとはまるかもしれないし。

なので同じ程度(と思われる)ドリルは3冊くらいあるんだけど、
1冊やって、終われば2冊目・・とやっていこうと思ってる。
2冊目の最初の方は当然また「 This is ~」あたりなんだけど
こういうのは繰り返しの方がいいと思って。

2冊目はちょっとハイレベル。

できる小学生のハイレベル英語問題集
できる小学生のハイレベル英語問題集

最初は基本中の基本だけど、進み具合は1冊目よりも速くて
途中から少しハイレベルな内容になってる。

それから3冊目に用意しているのが



今年、算数・国語読解のハイクラステスト問題集で
お世話になった受験研究社。
「10分間復習ドリル 中学1年 英語」というもの。

なんと462円(嬉)
A5版と小さいので却下になりかけたんだけど(答えが書きづらい)
拡大コピーでB5サイズにしたらスペース的に大丈夫そう。

これ1冊やれば中学1年の範囲はわかるかなと思って3冊目に。

それにしてもこういう英語のドリル系は持ってくる順番がいろいろ違う。
What が早い段階で出てきたり、am は後からだったり。
中学英語のものは am から先みたいだし。

まぁ結局最後までやれば同じなんだけどね。
というわけで3冊終わったら、英検5級の過去問題集に進む予定。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可