FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
迷う英語教室探し
2010年02月21日 (日)
英語を習い始めてもうすぐ7年。新年度からは8年目になるムスメ。

途中、効果が見られるんだか見られないんだか・・という時期もあったけど
そりゃ自分も家で何もやってなかったんだしね~と納得して続けてきた。

英語を読みたい、英語話したいという本人の希望もあって
秋からORT絵本を読み始め、冬休みから自宅で文法を教え始めて
今までやってきた土台のおかげだなと感じている。

それで今は英検5級を自力で受かるべく、ドリルをやっている日々。

基本的なことは冬休みに教えてあるので
ドリルで初めて見ること(There is ~ ・How many ~ など)が出てきたら
その都度教えるくらいで割と楽に進められている。

過去(動詞が変化する)や can・will なんかはドリルではまだ出てきてないけど
ORTではずっと目にしているので多分すんなりいけるような気がしてる。
比較級もドリルの後の方で出てくるのでどうかな~と思っていたら
最近読み始めたORT stage2 で比較級が出てきたのでちょうどよかった~。

こんな感じで6月の英検までは行くつもり。



でもふと思った・・・英語習ってる必要ないんじゃ??


いや、辞めるつもりはないんで、思っただけなんだけど(苦笑)
だって先生の話す英語を聞いたり、聞かれたことに答えたりする場って必要だし
英語の習い事自体を辞めるつもりはなし。

よく聞く、英会話と公文英語を併用するといいっていうのに近いかな。
うちでは文法的なドリル、教室では言葉のやり取り。
確かにそういうやり方ってすごくいいと思うから、自宅の自習と教室は併用したい。

でも、そうなると教室に望むものが変わってきてしまった。

今通っているところは書くことも割と早めからやってくれていて
(それは親子共に家で取りかかるきっかけをもらったのですごく感謝)
お遊び中心の英会話~とは違うなと思う。
6年生で英検5級を目標というのも検定を検討する我が家には良いと思った。

でも検定は自宅でやろうと思うようになって(4級までしかできないだろうけど)
そうなると教室では会話をもっとやって欲しいと思うようになってきた。

来年度については継続の返事をしてしまっているのでこのまま続けて
自主的に4級まで取りつつ、平行して新しい教室探しもするつもり。
だいたいどこもそうだろうけど、年内に継続の意思確認があるので
それくらいまでに次の教室の目処をつけておけたらいいなと。

ネットやフリーペーパーなどでいろいろ見ているんだけど
本当にいろいろあって迷う。
当たり前なんだけど入会金・料金もいろいろだし。
いいなって思うところもあるんだけど、やっぱり高い(汗)

内容は金額に必ずしも比例するとは限らないと思ってるので
安く済ませられるならその方がいい。

これくらいの年齢になると、話すばっかりの英会話教室よりも
書く・読むなど英語の授業を意識した教室を選ぶ人が多いらしい。(周囲の人談)
でもうちの教室、書くことが多いんだけど、中には合わずに辞めてく人もいる。

こればっかりは家庭の望む姿によるんだろうな。

うちの場合は・・・・なんだろ。
家でドリルはずっと自主的に続けていきたいと思うし
中学2年生用、3年生用っていう復習ドリルをいろいろ続けて利用していけば
反復練習にもなるし、ステップアップもしていけるかなと考え中。

だからインプットとアウトプット、会話重視の教室にしたいかな。
ムスメにも言い回しを覚えたり、自分で発することもたくさんして欲しいし
ORTで読んだ言い回しがリアルな会話で出たりすることもあるだろうし。
こればっかりは家ではできないことなので(苦笑)

それから小学生の間に3級も目指したいと思っていて
さすがに私の独力では無理だろうから、その辺の希望も聞いてくれるところかな。

ECCジュニアとか手頃なんだけど、こうやって考えてみると
外国人のやってる英会話教室の方がよさそうだなぁ。
それでもかなりの数があるのでその中から絞るのも大変なんだけど(汗)

あと、学年でまとめられちゃうのもちょっと考えないといけないのかも。
今は普通に学年相当でやっているんだけど、
年齢が上になるにつれて習ってる年数や状態って違うと思うし。
長く習っていても会話中心の教室だったら読み書きは足りないこともあるし
逆に習い始めは遅くても、文法もバランスよくやってる教室だと習熟度も違うし。

いずれにしても、個々の状態を見て相談に乗ってくれる教室だと嬉しいな。

いろんな教室のHPを見ていると、英検対策講座でも結構金額するのね・・・
そういうの見てると自宅で私が教えるだけで合格できるのか気になっちゃうぞ(汗)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可