FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
5年生の漢字
2012年03月08日 (木)
5年生の漢字はこれを使用。



始めて1か月くらいで3分の1が済んだところ。

1ページ2文字ずつ。
まず本の説明+ちょっとしたイラスト小話を読んで確認して
次のページの穴埋めをやる(もちろんコピー)

読み2問、書き順1問、文章中の熟語が8問くらい、意味の2択問題。

書き順と最後の意味問題はできていて、後はちょこちょこ間違える。
読みも「確固」を「かくこ」と書いていたり。
耳から覚えることはないようなんだなぁ・・・と思わされる。

熟語も「持久走」が「自久走」になってたり。
※この時のテーマの漢字は「久」

これもその時に習った漢字があるからまだいいのかもしれない。
全部ごちゃまぜで「じきゅうそう」と聞かれたら果たして書けるんだろか。
「走」くらいは書けそうだけど、後はアヤシイよなぁ。

でも日々の負担は少ないようで、2文字1ページで5分ほど。

熟語までバッチリ!と、漢字が使えるようになるにはまた別のやり方が必要だけど
とりあえず毎日の予定に組み込むにはちょうどいいかな。
まずはどういう字があるか知る、その文字を覚える、ってところなので。

字そのものは割とすぐに覚えてしまうムスメなので
「その文字だけ」を5~10回書き取りという欄がないのは助かる。
まぁあっても省けばいいんだろうけど、ムダがなくていい。

当初はこのドリルを二巡やろうと思ってたんだけど(二巡目は問題部分だけ)
ムスメの感触を聞いてみると、二巡するより他のをやった方がよさそう。
確かにもっと範囲レスな他のものでたくさん言葉に当たった方がいいかも。

なのでそうなると一番手っ取り早い漢検用ドリルか過去問かな。
ひとまずこのドリル辞典で5年生の漢字をざざっと終わらせて
後はいろんなドリルで反復しよう。学校でも習い始めることになるしね。

覚え自体は年が上がるにつれてますますラクになってきた気がする。
これまでに習った漢字と部首やつくりなど共通の組み合わせがあったりするし。
手持ちが増えた分、本当に年々ラクになってる。

字面だけを覚えるのはね(汗)

後は意味や使い方だよなぁ。ホントいつも思うけど、使えてナンボだからな。

しかし3年生の時は漢字の先取りができなかったけど
今になって見るとアタリマエのようにできるようになるんだなぁ。
これも成長だ。

あとは使えるように練習していこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可