FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
読解・作文トレーニング
2012年03月07日 (水)
復習ウィークでも国語(漢字&読解)は特に変えずいつも通りで。

国語の読解モノも入れるようになって2週間近く。

読解・作文トレーニング―読む力・書く力をぐんぐんのばす (4年生) (論理エンジン/小学生版)

これを毎日やっているところ。
一章ごとに5ステップに分かれていて、それを1日1ステップずつ。
ちょっと長いかな、と思うところは1ステップを2日間に分けたりしてる。
時間にして20分くらいかな。だから入れやすい。

簡単だなと思うところも全て一緒にやってる。
どこまで手をかけるんだよって感じだけど
国語はそんなこと言ってられないのでしばらくはガッツリ隣でやる予定。

昨年度まで市販の読解ドリル(トップクラスやハイクラス)をやってきて
どれも1人でやって、その後に一緒に答え合わせ、間違っているところを解説
・・・とやってきたけど、根本からちゃんとやらなきゃなと思って。

できてるだろう、できるだろう・・で、こんな状態(=平均以下)だからね。

感覚で解いちゃいけないらしいのに
本人のセンスや勘に任せっぱなしにしてたからなぁ。
私自身は感覚で解いてるつもり・・・というより、何も考えずに解いてるから
わからないんだけどねぇ。でももしかしたら基本的に理詰めな人間だから
無意識のうちに理詰めで分けながら読んで解いてるのかもしれない。

・・・ってよくわかんないけど(無責任)

まぁとにかくチャンチャラ簡単だろうと何だろうと、もう手取り足取り。
中には「こんな簡単なのやってられっかよー」と言うタイプの子もいるようだけど
ムスメはこの辺はプライドがないっていうのも助かる。
簡単だと喜んでやるからね(笑)

今は親音読・子黙読(どっかで聞いたような・笑)でやってる。

私は音読が得意、ムスメは音読が得意じゃないので
まずはこうやってテンポをつかむことが大切(らしい)
黙読に集中して欲しいし。

でも最初のうちは私が読んでるところよりも先を勝手に見てたようで
目線でわかって厳重注意した。
読んでるところを目で追ってなかったら私が読んでる意味ないし。

ムスメはナナメ読み傾向があるので、こうやってじっくり読んでいくという
ペースをわかってくれるといいなという段階。

肝心の中身のほうは、一問一答で基本的なことが続いてる。

空いているところに接続語を入れるとか(選択肢アリ)
要約するような問題でも解答欄は穴埋めになっているので
キーワードだけを抜き出して(   )に入れればOKとか。

「算数と同じようにやり方があるんだって」とムスメには話してある。
算数好きというか、やり方が決まってる方が楽しいみたい。
だから算数のようにやっていけば国語もできるようになるからね、と。

どうも感覚で解こうとする子なのでね(苦笑)
書いてないことを推し量って先の先まで答えちゃうタイプ。

普段はこちらの意図をちっとも推し量れませんが(汗)

そうなんだよ、空気も読まず、聞かれてることには答えないくせに
こういう読解問題だと「~~だと思ったから」と背景にまで考えを馳せちゃう。

例えばこのトレーニングの中の「よだかの星」より
よだかがまるで鷹のように高く叫んだ、という後に続いている文で

野原や林にねむっていたほかのとりは、みんな目を(   )、
ぶるぶるふるえながら、いぶかしそうに星空を見あげました。


(   )の中に入る四字の言葉を考えて答えなさい、というもの。

主語と述語をきちんと押さえよう、文と文の繋がりを考えようというところで
ムスメが出した答えは

みんな目を(丸くして)、ぶるぶるふるえながら・・・

うーん、やっぱり想像し過ぎ。てか飛び過ぎ。
夜中に叫び声⇒驚く⇒目を丸くする、ということらしい。・・・安直(苦笑)

ムスメは「ぶるぶる震えて空を見上げた」のイメージから
「目を丸くしてぶるぶる震えながら空を見上げた」と繋げてしまった。
多分感覚で解く典型な気がする。

確かに文章的には何となく素敵かもしれない(違うか)
でも文章的に主語-述語で押さえるとズレてるんだなぁ。

きちんと分けて考えると、この場合は主語は「鳥」で述部は3つ。

主:ねむっていた他の鳥は
述:目をさました/ぶるぶる震えた/空を見上げた

なので正解は

みんな目を(さまして)、ぶるぶるふるえながら・・・

こうやって一緒に一問ずつやっていると、ムスメの見方のクセもわかるし
どうしてズレてるのかも何となくわかってくる気がする。

ズレてることは既にわかっていて(苦笑)
どんな風にズレてるかわからないと修正もできないし。
でも傾向がわかっても、その後どうしたらいいかは不明なんだけど(涙)

それをこのトレーニングで少しでも得られたらいいなぁ。

ムスメはまず、シンプルに考えられないこともあるし
聞かれたこと「だけ」に端的に答えることがなかなかできないようなので
その辺もこのトレーニングの一問一答で慣れていけるといいかな。

最初は文法中心(主語-述語、修飾語など)で
途中からこういった読解問題になってきた。
基本に則った問いみたいなので今後もちょっと楽しみ。

これまで私の中でも何となく「できるだろう」と感覚でほったらかしにしてたので
最初の最初、スタートだと思って1つ1つ丁寧にやっていきたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
それもよさそうですね。
それもよさそうですね。
それもやらせたいところですが、何分、時間足りない感じがして....。
うちは、予習シリーズの基礎演習問題集の国語を買って少しずつやらせることにしました。
基礎の方は、少し時間かかりますがひとりで解いてやることができるレベルで本人に負担ないような感じでした。blueさんの娘さんも、時間があれば、5年生の基礎演習問題集もよいかもしれませんね。少なくても、公開テストと連動するところもあると思うので。
うちも、家にある緑色の出口さんのドリルあったような???3年生バージョンで、1年前は、難しいと泣いてやっていて途中でやめたんですよねぇ。
4年の水色は、まだ、無理かもしれないなぁ。
2012/03/08(Thu) | URL  | 繭 [ 編集]
繭さんへ
うちは「一人でやれること」は望んでいないんです^^;
まずはがっぷり四つに組んで(相撲か)、とにかく根本から付き合うつもりです。

それから国語に関しては公開テストの範囲は意識してないんですよ。
あ、言い訳じゃなくて(爆)

とりあえず読む量やスピードについてはテストでこれまで時間切れというのはないので、長いモノを読む(だけですが…)はできるので、後はとにかく見方・答え方の基礎練習を積まないとな…と思ってます。なので今のところは市販ドリルの方が使い勝手が良くて。

でもできるようになってきたら四谷教材の1学年下の物をやってもいいかもしれませんね。それも基礎問題集で^^ゞ

論理エンジン、うちは緑色のものはなぜかできるんですよ(-_-)
だから今まで気づかず放っておいてしまったわけですが…。
水色のものはとにかく細切れにしてあるので、うちみたいな基礎練習希望には良さそうです。
お互い国語が伸びてくれるといいですねぇ。
2012/03/08(Thu) | URL  | blue@管理人 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可