FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
10minボックス
2012年03月02日 (金)
こりゃ困ったぞ、星座(予習シリーズ5年・上・第6回)

4年生の時にやった星座や星の名前、見える季節だけじゃなくて
全体の流れというのか動きというのか、そういうものも含めてなので
なかなかストンと入るのが難しい。

NHK教育ではジャストミートする回がない、と書いたけれど、よく見たらあった。

「10minボックス」という、中学・高校向けに分類されてる番組。

確かにこれまでチェックしていたのは4年生~6年生の番組で
星や月が取り上げられている回もあるんだけど、
中学受験の範囲だとそれだけでは足りないようで。

10minボックスは10分間番組で、キャラクターも出ず淡々とナレーションのみで
アニメーション的な説明もないんだけどシンプルでわかりやすい。

それに予習シリーズでは
「北極星は北緯36度の東京からは36度の高度で見えます」
ってあるんだけど、そもそも「北緯」を知らないムスメにはわかるわけなく。
(みんなこの年代のコドモは北緯って知ってるんだろうか)

その辺に転がってたボールを持ってきて、北緯とは・・・から説明したものの
そこから北極星が見えるのが、えーとえーと、と私もアレレ状態。
こんなわけでムスメもわかるわけがない(汗)

あ、もちろん予習シリーズにもこの話は図で説明されてるけど
ウチの子には「なるほど~」って一発でわかるとは思えない(汗)

そこで10minボックス。

何だかねぇ、同じような話でも平面のイラストで見るのと
映像を説明付きで見るのとでは、どうしてわかりやすさが違うんだろうねぇ。
ありがたやありがたや。

ムスメと一緒に星絡みのところを3話(?)ほど見た。

これで少し頭の中で繋がったところで、再度サブノート埋め。
それからテーマ別特訓でもう少しやっておこう。

星関係ってどこまでも詳しくやろうと思うとイロイロあるんだけど
ひとまず予習シリーズに書いてあることをきちんとやっていこう。
・・・って言ってもサラリと書きつつ結構な量があるんだ(汗)

ここでふと気が付いた。

これから先、何がどのあたりで出てくるんだろう。
この星関係はまた後でどこかで出てくるんだろうか。

4年生の時の理科・社会はどれも今後の下地作り的な感じで
後からまた出てくるからあまり突き詰めなくても大丈夫、と聞いていた。
確かに5年生になってみて、4年生でやったものがところどころに出てきて
全てが「はじめまして」じゃないので助かってることもある。

でも社会は今後はもうこれっきりだし、理科もそうなんだっけ。
・・・と今さらながら、天体系の予定をチェックしてみると

5年(下)・・・地球と太陽
6年(上)・・・地球と宇宙
6年(下)・・・宇宙の中の地球

こんな感じ。
6年(上)で範囲は全部完了するらしいので、下巻のは総まとめ的なものかな。

ってことは、月と星が出てくるのは今やってる5年(上)だけなのか。
もちろん根本がわかってないと後でも困るんだろうけど
こりゃ6年生になってとか、それこそ入試で星とか出られた日にゃ忘れてそうな。

そうならないように6年(下)では総復習をするんだろうけど
社会の地理も5年生で終わってしまうので6年生では忘れてる~とも聞くし
何だか4年生の感覚で「また後で出てくるから」と思ってるのはよくないな。
ついついまだそんな気がしちゃって。

5年生モードに切り替えて、1つずつちゃんとやっていかないとな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可