FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
こどあど言葉・主語述語
2010年02月21日 (日)
国語トップクラス問題集も中盤に入ってきた。

「こそあど言葉」と「主語・述語」が出てきていて
学校でもやってきたことだし、言葉回し(?)の多いムスメなので
ここは難なく過ぎるだろうと思っていた。

が・・・「おしゃべりで言葉が多い」のと国語ができるのとは別物なんだよなぁ。
まぁ、おしゃべりっていうのも女特有のとりとめのないお喋りで
5W1Hとかめちゃめちゃなんで。
(↑これも少しずつ練習していきたいなと思っているところ)

でも正直、こそあど言葉や主語・述語くらいはわかると思ってた。

ムスメの傾向として、単純なものでも勝手に難しく考えたりする。
簡単な話をあれこれひねくり回して難しい話にするって人もいるけど、そんな感じ。
なんでかなぁ、言われた通りに素直にそのままでいいことなのに、と思うんだけど
当の本人にしてみたらあれこれ考えてしまうらしい。うーん、よくわからない。

考えなきゃいけない時にエネルギー使えばいいのになぁ。

こういう傾向の人って思い込みが強いタイプが多いんだろうな。
勝手に思い込んじゃうから途中で修正しにくいっていうのか。
途中どころか、こちらが後で指摘してみても「え?なんで?」ってことが多いし。

思い込むのが今後どう影響していくのかねぇ。
国語にしても算数にしても、それで意味の取り違いが相変わらずだし。
聞かれてる質問が理解できないのか、違う意味で解釈してしまっているのか、
それも見極めるようにしていかないといけないかも(私がね)

で、表題の「主語・述語」

一緒に読み直してみるとだいたいわかる。
これが良いのか悪いのか。
ゆっくり考えていくとできるっていうことなんだろうか。はて。

でも文章が長くてよくわからない時は英語を例えに出すとわかることが多い。
英語を訳すとき、日本語的ではなくて「私は します テニスを」という具合なので
主語・述語にドンピシャリ。
その例えで話すと、日本語の文章もシンプルに見えてくるらしい。

それから修飾語。
「どの言葉をかざっていますか」という問題なんかも最近は英語を例えに出す。
「これは ペン です」がシンプルな原型だとすると
「ペン」は「私の ペン」になったり「私の 赤い ペン」になったり
どんどん飾られて言葉が増えていく、と説明するとよく通じる。

本当は日本語で説明して伝えられるのが一番いいのかもしれないけど
やたらと言葉に振り回されてしまいがちなムスメなので
「何が どうした」と先に結果から言ってしまう英語の方が例えやすい。

どれも繰り返し繰り返し・・・なんだよなぁ。
言葉は興味があっていろいろ使ってみたり、本当に口数だけは多いので(苦笑)
上手いこと文脈的に繋げていけるようになるといいなと思う。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可