FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英語これから
2012年02月25日 (土)
同じタイトルで書いたのが去年の1月。
ちょうど3級の一次試験が終わったところだった。
二次面接の練習はやりつつ、次はどうしようかという話だったっけ。

あれから1年か。あっという間だな。年をとるわけだ(笑)

今は二次面接も終わり、ウェブレッスンのみの英語。
自宅で英語をやるようになってから、ほぼ毎日ドリル系をやってきたので
ウェブレッスンだけで過ごす日々は少し落ち着かない(笑)

最初は小学生ドリル、それから中学生ドリル、そして英検の過去問。
1つの級が終わると次の学年のドリル、そしてまた次の級の過去問。
こうやってくり返しながら常に毎日少しずつでもやってきたからね。

こうやって見ると、いわゆる得意な小分けのルーツはここにあったかも(笑)

ここ最近はウェブレッスンを週4回だから、平日のほぼ毎日に等しいけど
でもそうじゃなくて、紙ベースのものをこれからもほそぼそと続けたい。

まだ準2級の二次結果は出てないのにこんなこと言うのも何だけど
歩みを続けることしか、私もムスメも思いつかないので次に進むことにした。

さて、次はどうするか。

とりあえず2級の内容を見てみると
準2級と問題数は同じ45問(リスニング除く)だけど配分が少しずつ変わってる。

大問1・・・語句穴埋め(20問)  ←準2級と同じ
大問2・・・並べ替え(5問)     ←これまでで言うところの大問3
大問3・・・長文の語句穴埋め(8問) ←準2級より3問増
       ※A=4問、B=4問
大問4・・・長文読解(12問) ←準2級よりCが増えて全体で5問増
       ※A=Eメール3問、B=長文4問、C=長文5問

満点ゲットしやすかった会話文がいなくなってる(苦笑)
単語と並べ替えはそのままで、長文の語句穴埋めと読解がそれぞれ増えてるので
どちらかというと読みを頑張れるといいのかな。

でもどちらにしても今回も手持ちの単語を増やすことが大切なんだろうな。
単語がわかれば長文もわかるし、結局はそこに尽きるのかもしれない。
話によると大問1を練習すればひいては長文も読めるようになるとか(当たり前か)

今のムスメを見てる感覚だと、準2級の最初の時のように過去問の長文を読んで
語彙を増やしながら・・・というのにこだわらなくてもいいかなとは思える。
前は長文に見慣れるため、という目的もあったけど、もう見慣れてると思うし(笑)

実はこの時は大問1からやってみたら、あまりの難易度の高さに
メゲそうになったので長文読みに切り替えたという話もある(汗)
結果的に急がば回れでよかったかなとは思うけどね。

今回はどっちかなぁ。
実際どんな単語なのか見てないんだけど、きっとコツコツやっていけば
増やしていけるんじゃない・・・かな・・・ってのは甘いのかな(汗)

文章の内容は詳しく目を通していないので難易度はわからないけど
でもやっていけないことはなさそうな気がする。

ちょうど昨年の今頃、3級が済んで準2級をチェックしてみた時の
3級⇒準2級ほどのハードルの高さは感じない。

あの時は単語がグンと難しくなった気もしたし(今回もそうだろうけど)
大問1がどーんと20問に増えたことや、長文は増えるわ長いわ難しそうだわ、
おぉぉ~~と若干おののいたもん。そんな姿はムスメには見せなかったけど(笑)
今回も長文は増えてはいるものの、長文が苦手じゃないからか
何となく、いけそうな気がしてる。

なんだなんだ、この根拠のない自信は(笑)

ただ、やる前から「無~理~」ってことでないことは確か。
厳密に言えば、チャレンジできそうな気がする、というところだろうか。

やってみないことにはわからないので、とりあえず進んでみよう。

リサーチと対策(?)と予定を組むのが私の仕事。
次も一緒に勉強することで私も2級が受けられそうな日がくるかもしれないと思うと
それはそれでワクワクする(単純)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可