FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ5年(上巻)終了
2012年04月18日 (水)
泣きが入った解き直しが済んで、やっと終わった予習シリーズ5年上巻。

最後の直しは、次回に持ち越しがないので終わるまで続くからね。
今回も長かったーー。

でも泣きを入れた翌日は同じくらいの量でもキッチリ全部正解で終わった。
やればできるのにね。

こうやって間違い分を抜き出してみると「多い~」と思えるけど
そのうちのどれだけが計算ミスやポカミスか。
直しが減らしたかったら1つ1つきちんとやればいいわけで。

「この問題は次にはできそうだからもうパスしていいね」なんてのはナシ。
あまりに日にちがかかるとホロリと情けをかけたくなってしまうけど(笑)

だって説明を聞いてわかったつもりでも、自力でやってみるのは必要だと思うし
考え方もバッチリ合っててポカミスしただけだったとしたら
なおさらもう一度注意しながらやってみるべし、だと思うし。

ちょっとの間違いでも抜き出すことでその量に気付かされる。
だから少々しつこいかなと思っても、このパターンはやっぱり止められない。
「やればできる」ってのは「やれるのにやってない」ってことだからねぇ。
だったらその時にやっとけよ、ってことで(鬼)

上巻が済んだので次は週テスト問題集へ。

第7回までは既にやってあるので第8回・第9回のB問題とC問題、
それから第10回(組分け)。そしてもちろんその間違い直し。

これを日曜までに終わらせて、来週からは組分けテスト前の復習ウィーク。
(範囲:第6回~第10回)

上巻1冊が終わってみて・・・

4年生分は今から考えてみると日にち的にも余裕があったので
先に予習シリーズも週テストも解き直しも全部一気にドカンと済ませて
後はテスト前に再度復習ってわかりやすいペースが組めていたけど
5年生ではテキスト自体にかかる時間も増えたし、解き直しも増えたから
途中途中にテスト前が挟まってきて、若干予定に押され気味。

何度か問題をくり返しやりたいので日程的に余裕は持たせたいけど
理解度ももちろん大事だから、ペース配分も気を付けていかないとね。

何とか上巻が終わったけど、理解はどうなのか??は
公開組分けテストで5回分ずつの範囲を受けることになるので
「テストで力試し ⇒ できていないところや弱いところを確認」で
また小刻みにチェックしていくことになりそう。

上巻が終わったとはいえ、次は週テスト問題集。

こちらもなかなか直しきらなくて、直しの直しの直し・・・と続くからなぁ。
第1回~第19回までをグルグル回すのにも慣れてきた。
というより、これくらいグルグルやってちょうどいいくらいだもんな(苦笑)

「ま、いっか」に流されないようにきちんと見直していこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可