FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ(算数)上/第18回
2012年03月25日 (日)
5年生(上)の第18回は

・場合の数(3)
・面積の計算(2)


結構続く「場合の数」
それだけ大事だってことなんだろうなぁ(汗)

でも何だかスッキリしなくて、結局樹形図で書いていたりする。
例題でも何だか消化不良。
答えを見たり解説を読めばわかるんだけど、自力で気づけるか?と言うと
私もあんまり自信がない(オイ)

だってさ~、めんどくさ~い(コラコラ)

ムスメも同じようで、後半の面積の計算の方が意気揚々としてた(笑)

しかし、困ったねぇ・・・場合の数。
樹形図自体は苦手でもないので、本当に単純なものなら樹形図でやれるけど
ややこしくなってくると数え間違いや漏れもあって
ちょっとの違いでも×は×なので、間違える時は立て続け。だから怖い怖い。

「場合の数」を特訓する別冊を用意した方がいいんだろうか・・・

しかし志望校では元々受験算数はちょっとしか出ないので
場合の数は基本だけできれば御の字じゃないか、なんて思ったり。
(そもそも過去問を見る限りでは場合の数は出てないような?)

いや、そんなこと言ってちゃいけないぞー

2人のワタシ(天使と悪魔)が両サイドで意見を言い合う図(汗)

この範囲が公開テストに出るのは7月の学判テストからだから
それまでにちょっと別テキストも含めて検討してみよう。

もう1つの面積の計算は図形の組み合わせで重なったところの面積など。
ムスメはまだ見慣れていないからか、図形の分け方や効率の良い出し方は
まだやれずに手詰まりになることが多かったけど
ヒントを出すとザザーッと計算して答えが出るので、面積計算は大丈夫みたい。

後は自力で気づけるか、だな。

これまたイヤラシイ話、志望校の過去問(数年分所有)では
こういう重なった図形の面積の問題を何回か見たことがあるので
現実味って感じになってきた。

<基本問題>

もう、いろんなパターンで聞いてくるんだもんなぁ。
「場合の数」は本当に基本のものなら難なくできるようになってる。

ただ「7チームで総当たり」とか「大・中・小のサイコロを振って」とか
条件を考えて、それに合わせていかないといけないものは間違えてしまう。
他にも「赤・赤・青・白」とか、1つずつじゃない時とか。

何とかしてやりたいなぁ。
でも結局樹形図書いて考えていくことが我々には一番しっくりくる。
それで確実に基本をやれるようになればいいのか?(自問自答)

面積の方も基本的なものならスイスイできるようになっていて
円や扇の面積も久しぶりだけど大丈夫だったみたい。
何とか図形はこのまま安定感を持ち続けてもらいたい(願)

<練習問題>

どうもアヤフヤな「場合の数」なので、予習シリーズの例題を
解説してくれているありがたいサイトを見てもう一度おさらい。
簡単な例を出しつつ確認しつつ、何となくスッキリしたようなしないような。

そもそも基本問題もあまりできてなかった状態なので練習問題はほぼ壊滅。

樹形図で考える基本パターンならできているので
どういうパターンならわかるのか、苦手なのかを見つけながら
「こういう時はこうしていこう」と2人で相談。

役員を決めるという、人間が例えのものはだいたいわかるようになってきた(笑)
あとはサイコロの場合は2回目に振っても出る数は6パターンあることとか
分銅を使う場合は1個ずつ使うものもパターンとして数えるとか
今まで見なかったものを再度確認。

練習したっていうより、ここも例題扱いになっちゃったな。
これで演習が減っちゃうんだけど、またやり直しでやっていけばいっか。

図形の面積の方もほぼ壊滅状態。
複合図形だからどこでどう区切って出していけばいいかがまだ探せないようで
やり方さえわかればきちんと出せるのでこれも演習あるのみ。

でも途中で計算ミスしたり、うっかり他の数字を使ってみたり。

うーん、計算することが多くなるから怖いなぁ。
扇の面積を出してそれを長方形から引いて、それを三角形と足して・・・とか
3.14を使うから小数もバンバン出てくるし、どうか計算ミスだけは勘弁しておくれ。

しかしほとんど×がついたのにメゲないのは偉いなぁ。
ケロリとしているとか、ノー天気っていうんはなくて
本人も至って真面目に向き合ってる。

投げやりにもならないし、メソメソするわけでもないし
解説を聞いて「そうかー、くそー」って感じなのでナイスな心意気。

さぁ次は上巻ラストの総合回。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ヒシヒシと....。
ヒシヒシと読んでいて感じます。
大変ですよねぇ...。
6年上になると、さらに私の場合、読んでもチンプンカンプンです。(笑)
5年下、がんばってください。
2012/03/26(Mon) | URL  | 繭 [ 編集]
繭さんへ
そうですねぇ、さすがに厳しくなってきましたね。
この4年と5年の急激?な変化はこういうことなんでしょうね。見ていて怖がらせてるかもしれませんね^^;

我が家の場合、1週間ごとの締切に追われていないのと、組分けテストのスケジュール的にも余裕があるので、マズイところは立ち止まったり間違い直しもしつこく(笑)しながら何とか乗り切りたいなと思ってます。

春休みで良かった~~^^ゞ
2012/03/26(Mon) | URL  | blue@管理人 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可