FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
今年度の受験
2012年02月15日 (水)
同じタイトルで日記を書いたのが1年前の1月末頃。

あれから1年か。早いなぁ。
しかも気が付けばもう2月も中盤。

昨年はドキドキしながらネット掲示板やブログで推移を見守ってたっけ。
今年ももちろんいろいろ見聞きをしていたけれど昨年ほどじゃなかったかな。

昨年は新4年生になる時で、受験を意識しながら市販ドリルをやりつつ
具体的なことが見えていなかったり、具体的に取り組むものがまだなかったり
かえって落ち着かなかった頃だったかも。

今年は予習シリーズを4教科やるようになって、組分けテスト等の有料模試も受けて
しっかりしたカリキュラムというのか、ある1つの流れにに沿っているので
何ていうのかな、昨年よりも現実的に見えてきているということもある。

それに日々に追われてるからアレコレ考えてる暇がないってのもある(苦笑)

2年生、3年生くらいで受験を考えつつも
実際に乗っかるカリキュラムがないとか、まだ方針が確立されてないと
あれやこれや浮き足立ってしまうものなのかもしれないな。
私もその頃はあれこれ情報集めたりあれこれ考えたりしてたもんなぁ。

今は目の前のやることを1つ1つやってくのみ。
だからやることが決まってしまえばそれを頑張るのみで気持ち的には楽かもしれない。

ふと気がついて、いろんな塾HPの合格実績を見て回って
ムスメの志望校への合格者数を集めてみた。

これは昨年には気が付かなかったこと。私も成長したもんだ(笑)

四谷大塚自体の実績は首都圏満載なので参考にはならないから
地元の四谷大塚提携塾だったり、地元の塾だったり。
あちこちまわって数えてみて、定員くらいの人数は見つかった。

でも入試日が早い方だし、多分かなりの数の合格者を出してるはず。
難関校でもないのでお試しや練習、併願ってのが相当多いだろうしね。
なのでこうやって数えられない隠れ合格者(なんじゃそりゃ)も多そう。

だけど塾に行ってる子も結構受けてるんだ、ということはよくわかった。
(昔は塾に行かなくても受かる学校って位置付けだったらしいので)

塾の合格実績だけで定員いくってことは、その子達が全員入学することに
なったらそれだけで席が埋まっちゃうってことだ(ないけど・笑)

実際に入学するかは別としてこれだけ塾の子が受けてるってことは
入試の時は塾の先生が応援にやって来たりするってことだろうな。花道とか?
当日ビックリしないように、自信が持てるように頑張っていきたいね。

四谷提携塾の中には、学校名と合格者のテストコース(S.C.B.A)を
書いてくれているところもあって非常に参考になった。

ちなみに我が家の志望校はBコースでも大丈夫そう。
でも目標は「目指せCコース」でいこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可