FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
自学自習
2010年02月10日 (水)
まだまだ自学自習には程遠い我が家。
まぁ私の場合、子供が自分で○つけなんて
まだまだしなくていいと思っているので今はいいんだけども。

だって自分で○つけなんて、適当にやるに決まってる(汗)

ま、いっか~となるに違いないし
何より子供のどこがどういう風に足りてないのか、惜しいのか
そういうのを把握するのにも自分でやりたい。

特に字も丁寧な時と雑な時とマチマチなので
今しばらくは「見られてる緊張感」を持ってもらいたいもんです。

採点はいいとして、自分で参考書的なものを読みつつ学習を進める・・・
というのは果たしてできるのかどうか?
新しいものを家で勉強するということは基本やってこなかったし
定義を読んでから、「これを踏まえて~」みたいなのは無理かなぁと。

そうしたら昨日、英語のプリントをやっていた時のこと。

小学生英語テスト―ライティングの問題・リスニングの問題

今はこのコピーをやっているんだけど、昨日は物の複数形の所だったみたい。
(把握したいと言いつつ、割と易しめなので順番にやってってるところ)

このドリルは問題ばかりなんだけど
ページごとの最初に例文と約束事が書いてあって
「 y で終わる時は y を i に変えて es を付ける」など複数形の約束事が書いてあった。

やってる途中で覗きに行くと、「 candy 」もちゃんと複数形にしていて
「教えてないのにどうしてわかった?」と聞くと「この説明読んだ」とのこと。
そういえばさっき「ママ~、ちょっと~」とヘルプに呼ばれかけたんだけど
すぐに「あ、やっぱりいい~」と言ってきたんだった。
この例文&約束事の部分に気づいたのかな(笑)

すごーく小さなことだったんだけど、
「初めて知ることを自分で読んで、私に聞かずに自分でやっといた」
っていうのがムスメにしたら結構な一歩になってるんじゃないかなぁと思って。
だってわからないとすぐに聞くんだもん(苦笑)

そうだ、先日も自分でやりきったことがあった。

はなまるリトルの算数で
3ケタ+3ケタの筆算で答えも3ケタという9個のマスがあって
1~9までの数字を1回ずつ使って埋めなさいっていう問題。
たくさんのパターンがあるので、3つ書きなさいとマスが用意されていた。

普段の虫食いくらいだったらできるんだけど、
全部まっさらの問題なんてわかんない~!とすぐに聞きに来るムスメ。
いやいや、何でもいいから入れてごらん、とりあえず考えてみてごらんと返却。
あまりに唸っているので、
「繰り上がりにするといいわけだから、繰り上がりやすい数字を使え」
とだけヒントを出して後は放置。

するとしばらくして「できた~~~!」と歓喜の声。
正直、3つもやるのは大変かな・・時間も足りなくなってきたし・・
1つを自力でやれたら後は免除してやるかなぁ・・・なんて思ってた甘いハハ。

すると「おーし、次も頑張るぞぃ」と言って早速取り掛かり
ちょっとやったら「よっしゃー、2つめもできたー!」と言い
3つめもすぐに「終わった~♪」とできていた。

自分でやり切ることができたのが母娘共に驚き(笑)
1つできれば充分、と後を切り上げさせなくてよかった。
まずは1つずつ1つずつ、自分でできることが増えていくといいんだろうな。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可