FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
2年生の使用教材 漢字&国語
2009年07月24日 (金)
学校の宿題の漢字ドリルだけでは足りないと思い買いました。

■ハイレベ100 漢字(奨学社)■

かん字ハイレベ100 小学2年

書きやすそうだし、算数でハイレベを使っていてよかったので。
音読み・訓読みも意識させてくれるし、結構幅広い語句を載せてくれてます。

ただ学校で習う順番ではないんですよね。(わかってたことですが)
最初は漢字を先取りしようと思っていたので、構わず順番にさせてましたが
どうも取っ掛かりがよろしくない。時間をかけてやった割にはイマイチ入っていかない。

「漢字は繰り返しで定着だ」と言われますが、ムスメの場合は
どうやら図でイメージしているのか割と学校ですんなり覚えてきます。
家でやるより学校で習った方がいいみたいだとわかりました。

なので今は前から順番に習ったところを拾ってやっています。
1ページに6文字なので1ページ全部やると結構時間がかかるのですが
習ったところを拾っている分には負担も少なくて済んでます。
書写のところだけやって、読み・書きのテスト部分は3学期にまとめやりの予定です。

■ムーミン かんじのがくしゅう(低学年用) ■



ドリルではないのですが、定着用に使っているノート。

1ページで1つの漢字を学習するようになっています。
まず最初に大きく漢字を書いて、その下には音読み・訓読み、書き順、部首・画数を。
書き順をなぞるよりも、自分で一画ずつ増やしながら書くのは
おもしろいようでもあり、考えながらやるので定着にもなると思います。

※これは「低学年用」ですが、同じシリーズで「1・2年用」というのもあります。
同じ「1ページ1字」となっていますが違いは「部首・画数」があるかないか。
うちでは部首・画数はあった方がいいと思うので「低学年用」を使っています。

それから漢字の練習でひたすら書く。
次に使い方としてその字を使った単語を書く。
最後にその字を使った文章を書く。
(二行あるので音読み・訓読みでそれぞれ一文ずつ作るようにする)

我が家では漢字辞典を見ながらやっていて、
単語も「載っている中で知っている言葉なら書いてよし」にしてあります。
何も見ないで単語を思い出して書くというのは
ボキャブラリの少ない2年生にはまだまだ難しいですし
「聞いたことはある」という言葉を見ることで知識になればいいと思うので。

ただし知らない言葉は書いちゃダメ。
また知ってる言葉でも自分が使えない漢字は平仮名で書く。
(間違った漢字を書かれるといけないので)

このノートを使ったやり方は夏休みの勉強としてやっています。
1学期で習った分が約90文字なので、1日3文字ずつで30日分。
部首の仲間分けが好きなようで仲間の字を辞書で引いてはあちこち脱線しています。

冬休みには2学期で習った分を、春休みには3学期で習った分を、
という形で漢字の定着をしていこうと思っています。

■トップクラス問題集(文理) ■

トップクラス問題集 国語 小学2年

どこのカテゴリに入れようか迷ってこのあたりに(苦笑)

実は算数のハイレベなどと一緒に買ったのですが、まだ使っていません。
というのも、最初はカタカナ・漢字・外来語?などの部分もあり
習っていない漢字があって順番通りに進ませられないからです。

国語なので漢字やカタカナも込みなのでしょうが、文章題がよかったので
今は「はなまるリトル」や「成長する思考力シリーズ」を使うことにして
これは3学期にまとめの意味でやってみたいと思います。
(その頃には「はなまるリトル」が終わっていると思われるので)

国語の問題集って迷います。
「はなまるリトル」と「成長する思考力シリーズ」は来年も続けると思うので
トップクラスの方は実際に使ってみて3年生はどうしようか考えたいです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可