FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
テーマ別特訓ノート(言葉)
2012年01月08日 (日)
公開組分けテストで出た四字熟語のあまりの出来なさに驚いて
10月半ばからやり始めた言葉系。

中学受験テーマ別特訓ノート国語言葉

四字熟語・慣用句・ことわざ・語句の意味・・の4部構成。

28個ずつ並んでいて、穴埋めで確認していく重要語チェック2ページと
その28個の中からテスト風になってるチャレンジ問題2ページ。

最初に重要語チェックから。

四字熟語6回分、慣用句6回分、ことわざ3回分、語句の意味7回分なので
一巡するのに延べ22日間。
途中組分けテスト前はやらなかったので1か月くらいで一巡できたかな。

一巡目の様子は散々たるもので(苦笑)
四字熟語は28個中8個くらいしかわからないとか(汗)
他の慣用句やことわざも「へっ?これも初めて聞くもの?」と私が驚く状態。

そのまま二巡目に入って、こちらは三週間ちょいで終わった。
特に四字熟語はまだまだなのでもう一巡やろうかと考えたけど
ちょっと飽きてくるだろうし、目先を変えようとチャレンジ問題へ。

チャレンジ問題の方ができちゃうんだよな~。

だって重要語チェックでは四字のうち一文字だけとはいえ、選択肢もないから
自分で考えないといけないけど、チャレンジ問題は選択肢の中から
一文字または二文字と意味を選ぶ形だから結構スイスイできちゃうわけで。

とりあえずチャレンジ問題を一巡やってみて、
そうだなぁ、これを二巡っていうのはどうなのかなって感じ。
だってほぼできちゃうんだもんね。

四字熟語でもそういう状態で、慣用句あたりはほぼできちゃっているので
二巡するよりも他を考えた方がいいなというところ。
多分今はできてるものでも、聞かれ方が変わったらどうかわからないし(苦笑)

ここでこの特訓ノートは一旦お休み。
いずれ戻ってくる時はチャレンジ問題をやるか、他のを採用するかは考え中。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可