FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
予習シリーズ5年
2011年12月08日 (木)
予習シリーズ5年が届いた。おぉ~、いよいよきたか~。

算数から見てみると、最初の例題部分多し。1回分で2単元ずつだから当たり前か。

基本問題が1ページから2ページに増えていて練習問題は変わらず2ページ。
5回分ごとの総合回も変わらず基本2ページ練習2ページ。

4年生版は例題+基本、練習問題と2日間でやってたけど、これからはどうかなぁ。
例題の後に実際の問題をやっておきたいので(ムスメもそう言う)
基本問題までやれるといいけど、例題も基本問題も増えてるからなぁ。

難しさの負担というよりもうちの場合は時間的な問題で。
理科と社会、英語も毎日やりたいしね。
トータルで正味2時間足らずとは言っても算数が多すぎると時間足りないからなぁ。

まぁ基本は小分け方式なので、様子を見つつ調整だな。

テキストは4年生版と同じように、基本問題&練習問題はスキャンして
1問ずつバラにしてエクセルで作った方眼用紙に貼って準備。
計算、筆算がきちんとできるようにスペースも多めにしたつもり。

スペースがあっても慣れてくると小さい字でゴニョゴニョ書いたり
筆算も目盛りを無視してやると間違いも増えるからね。
ここでまた初心に戻ってきちんとやるクセをつけて欲しいところ。

こうやって1問ずつバラして(と言ってもそんなに面倒じゃないけど)
問題用紙を作ると、だいたいの問題に目を通すことになっていいかなと思ってる。
どんなことをやるのか、どんな程度なのか、どんな量なのか。

今はまだパッと見てもわからないことも多いけど、先にひと通り目を通して
おくことになるのでスキャン&問題用紙作りもなかなか良いモノかと。

それから理科と社会。

おーい、何だか分厚くなってるぞー(当たり前か)
4年生版が何だかヒョロリとして見える(苦笑)

説明部分が1ページ増えていて、それに要点チェック(これは4年版と変わらず)
あと練習問題が2ページ分くっついているから分厚いのか。

そう、練習問題も付いているので今回は演習問題集は買わなかったんだった。

いろんな問題をやった方がいいのかもしれないけど
とりあえずはこの練習問題と週テスト問題集をきちんとやれるようにと思って。

その週テスト問題集。

算数・理科・社会と3冊買ったので荷物の重かったこと(苦笑)
何だかどれもこれも重量感増してる気がするなー。

理科と社会はABコースとCSコースの2パターンあるらしい。
(算数だと4コースごとにある)
理科社会は2パターンか。うちは・・・ABコースの方だな(笑)
余力があればCSコースの中から基本的な問題だけでも(弱気)

中身の方は、塾の先生に面談で聞いたとおり
「理科と社会は5年生でもう一度やるようなものだから、4年生よりラクかも」
しれない。特に社会は今やっていることに上積みするような感じかな?

もちろん覚えることはいーーっぱいあるけどね(汗)

そうだよなぁ、5年の前半でこれだけやるんだったら
4年生のペースのスローさを考えると、もう少し4年生でやっててもいいかも?

あ、5年生からスタートする子もいるからこういうパターンなのかな。
でも今回のカリキュラム変更で来年度の4年生からは前倒しになるのかな。
どちらにしても我が家は目の前の流れでしっかりやっていくしかないんだけどね。

理科も塾の先生曰く「よっぽど4年生の方が細かい」そうなので期待したい(コラ)

そうだな、ざっと見てみると星座や月、物のあたたまり方なんかもあって
4年生でやった部分も混ざってるみたい。先生の言うのはこういうことか。
もちろん新たに覚えなきゃいけないことはいっぱいだけどね(笑)

理科と社会はサブノートも購入。

こちらも4年生では合同で1冊だったのが、5年生からは1冊ずつ。
しかも2ページずつだったのが4ページずつに増量。倍じゃん(汗)

サブノートは使ってても「穴埋めしたら終わり」という上っ面しかなぞらない
ムスメにはあまりありがたみはない気がするんだけど
授業で何か聞いてノートにまとめるでもなし、自らノートをまとめるでもなし
そういう家には必要かなと思って用意した。

そもそも「穴埋めだけする」みたいな取り組み方が間違ってるんだけどね(汗)

全体を意識して読む、穴埋めの部分もポイントとして意識しながら書き入れる、
そんな取り組み方をしてもらいたいもんだ(願)

国語に関しては何も買わず。
読解も漢字もその他の言葉系も各パーツで市販教材を使っていく予定。

算数だけひと足お先にスタート。
5回分ずついっきに進めて、そこでそれまでの間違い直しをしてから次へ進む。
間違い直しでクリアできない分は次の間違い直しの時にまたやる。
累積の累積で最終回の後の間違い直しはかなりの量になるかもしれない(汗)

でもこうやってくり返しやってきたので、5年生版もそうするつもり。
またコツコツと頑張っていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可