FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
学校の授業
2011年10月29日 (土)
初めての4年生なので前がどうだったかわからないけど
学校の勉強もぜーんぜんゆるくない。
ゆとり教育っていうのが終わったからか?

算数も気が付いたら面積、小数、分数とあっという間にやってるし
社会もあっという間に日本全国の都道府県が済んだ。しかもオール漢字で。
そのうちすぐに県庁所在地をやって、日本の気候や地方の特色もやりそう。

理科は平行するところがよくあるなと実感中。

予習シリーズ第8回「秋のころ(2)」は秋の虫・鳥などのあたりなんだけど
第7回の秋の植物に引き続き我が家にはちょっと厄介なところ。

秋の植物は一問一答で名前や特徴も何とか身近になってきたけれど
虫関係まではまだ辿り着けず、でも試しに演習問題集をやってみたら
「学校でやったー」「学校の授業で映像(写真?)を見た」のが続出。

あら、そうなんだ。
学校でトンボの産卵とか他の虫の様子も映像で見たらしい。

新指導要綱を真面目に見に行ってみると

------------------------------

【物質・エネルギー】

(1) 空気と水の性質
・閉じ込めた空気をおすと体積は小さくなるが、圧し返す力は大きくなること。
・閉じ込めた空気は圧し縮められるが、水は圧し縮められないこと。

(2) 金属,水,空気と温度
・金属,水及び空気は温めたり冷やしたりするとその体積が変わること。
・金属は熱せられた部分から順に温まるが
 水や空気は熱せられた部分が移動して全体が温まること。
・水は温度によって水蒸気や氷に変わること。また水が氷になると体積が増えること。

(3) 電気の働き
・乾電池の数やつなぎ方を変えると豆電球の明るさやモーターの回り方が変わること。
・光電池を使ってモーターを回すことなどができること。

【生命・地球】

(1) 人の体のつくりと運動
・人の体には骨と筋肉があること。
・人が体を動かすことができるのは,骨,筋肉の働きによること。

(2) 季節と生物
・動物の活動は,暖かい季節,寒い季節などによって違いがあること。
・植物の成長は,暖かい季節,寒い季節などによって違いがあること。

(3) 天気の様子
・天気によって1日の気温の変化の仕方に違いがあること。
・水は,水面や地面などから蒸発し,水蒸気になって空気中に含まれていくこと。
 また,空気中の水蒸気は,結露して再び水になって現れることがあること。

(4) 月と星
・月は日によって形が変わって見え,1日のうちでも時刻によって位置が変わること。
・空には,明るさや色の違う星があること。
・星の集まりは1日のうちでも時刻によって並び方は変わらないが,位置が変わること。

------------------------------

今うちでやってる4年生の予習シリーズと結構かぶってるんだなぁ。

予習シリーズに入ってて、学校ではやらないのは
5年生の「流れる水のはたらき・流水と地形」くらいかな。

空気の体積が増えるというのも予習シリーズに実験の仕方が載っていたけど
学校で実験をやって楽しんできたらしい。

家でやってやろうか?と聞いたら「みんなでやるからいい」だとさ(苦笑)

昆虫にしても家で予習シリーズをやった時は淡々としてただけなのに
学校で見た後は意気揚々と話して聞かせてくれる。

ビバ、学校。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可