FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
速さの世界
2011年10月26日 (水)
今やってる算数はこれ。



「単位量あたりの大きさ・速さの世界」

例題+解き方がページの上半分に載っているのをいいことに
自分でできるだろう、と1人でやっていた最初の頃。

今回はあの頃(夏休み)よりも知ってることが増えたし、大丈夫かな・・・と
思って再スタートしてみたら、案外進みが悪い。

1ページ目の下段の練習問題で、できてるものもあれば詰まってるものもあり。
ってことは根本がよくわかってないということなので横について一緒にやってみる。

やっぱりよくわかっていなかったようで、一緒にやってみるとわかってきた様子。

ムスメは例題のやり方を見て、その後の問題は数字だけ入れ替えてやってみる・・
ということはほとんどやらない。
上にやり方書いてありますけど~と思うんだけど(苦笑)

納得しないとやらないっていうのは面倒と言えば面倒なんだけど
逆に言えば納得してない時はこちらに丸分かりなので
勝手にわかった気になって突き進まれるよりはいいんじゃないかと思ってみる。

一番いいのは見よう見真似で練習問題をやってみて、そこから習得していければ
いいんだろうけど、そんな気の利いたところは持ち合わせていないので(苦笑)

再開しての1つめは「単位あたりの量」の話で、例えば

面積45㎡の畑で72kgのじゃがいもがとれました。
(1)畑1㎡あたり何kgのじゃがいもがとれましたか。
(2)120kgのじゃがいもをとるのに必要な畑の面積を求めなさい


という感じのもの。

こういう例題はフムフム・・とわかるし、次の似たような問題ならできるんだけど
ちょっと逆から聞かれるとアワアワしちゃうみたいで。

同じようなパターンの問題が続くのをやっていって
段々と「1」あたりで考えることに慣れてきたみたい。
これがすんなりいかないと次に進めないからね。

その後の今は速度をやってるとこ。

時速、分速、秒速、池の周りを歩いて・・・どれも「1」あたりにすれば迷わない。
しばらくはコレ系の基本的な問題が続くのでやっていって慣れるのみ。
あとは小数や単位換算を間違えなければ(頼むよ)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可