FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英語のドリル・テキスト
2010年01月20日 (水)
何だかすっかり英語教育日記になってる気が(笑)

3学期ということもあって学校での授業も宿題も復習中心、
国語・算数のドリルも2巡目(書き込み)しているところだからかな。
そろそろ来年度の予定も立てたいところだけど、それはまた別日記にて。

家での英語勉強は否定文に入ったところ。

スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル)
スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル)

これの最後・第5章(とは書いてないけど)に入った。
第4章の命令文やLet's~、いろいろな代名詞(himとか)は
聞き覚えがあるのか大体すんなり頭に入った様子。

時間が取れない時は復習として各章ごとのまとめテストをやっている。

まとめテストはコピーして、1度目はちゃんと書いているんだけど
2度目からは書かずに本を見ながら口頭で答えてもらってる。
今はまだ書くのに労力がいるし、書くよりも読めた方が今はいいと思うので
穴開き問題、書き換え問題もそのまま文章を読んでもらいながら一緒に確認。

is か are で迷ってたところも、すんなりわかるようになってきた。
parents や our teacher にも騙されなくなった。
いや別に騙そうとしてるわけじゃないんだけど迷いやすいみたい。

時間がないっていうのも理由だけど、しばらく次には進まず復習を繰り返して
一般動詞に s を付けるのも大丈夫になってきたようだったので否定文に入った。

・・・だけどちょっと難しいみたい(汗)

don't doesn't の違いがわからないのか?というんじゃなくて
何だかちょっと混乱している様子。
先にやったbe動詞の否定文はすんなりわかったみたいだったのだけど
一般動詞を否定しようとするのは、説明ではわかるみたいだけど
読んですぐの例題をやってみるとなぜか isn't が出てきたり。

そうだよなぁ、is が isn't になるのはわかりやすい。ある物を使うだけだから。
だけど do なんてそれまで使ってないのに何で突然出てくんの?・・なのかな。

とりあえず毎晩ORTを読む時に、簡単な文でbe動詞の否定文を言い合ったりして
まずはそこから馴染むようにしているところ。
ちなみにORTのステージ1+では否定文・疑問文はほとんど出てこない。
だからまだ馴染みがないのかな、とも思うとステージ進めたくなるなぁ(邪道?)
ORTからの吸収っていうのは結構良くて、説明でわかりにくいものを
何となく感覚でわかるというか・・文章の格好に慣れるのにも本当に良いと思う。

それとは別に、演習用のドリルやわかり易そうな解説+ドリルみたいな本を探して
買ってみてはいるんだけど、どれも何だかしっくりこない。

一応上の「スタートでつまづかない中学英語」と一緒に

くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

も買って持っているんだけど、中学生以上の自学にはいいけど・・って感じかな。
すごくわかり易く書いてあるので私が読んで、教えるのに役立てたい本かな。

ムスメはどちらかというとテストしながら定着していくのが合っていると思うので、
できれば演習しながら自分で「あ、なーるほど」って消化していくのがいいなと
演習用のドリルを探しているんだけど、これがなかなか。

中学生用の「毎日ドリル」は字が小さくてNGだったし(汗)
それに、和訳があるのも個人的には好ましくない。
今は意味が伝わればいいので、きちんと日本語の文にしなくていいと思ってるし。

それで買ってみたのがこちら。

小学生英語テスト―ライティングの問題・リスニングの問題  できる小学生のハイレベル英語問題集

小学生英語テスト―ライティングの問題・リスニングの問題
できる小学生のハイレベル英語問題集

小学生用っていうことで、やはり書くスペースが広い。助かる(笑)
そして魅力的だったのは「CD付き」か「本だけ」の2タイプがあること。
我が家の場合は英語教室も行ってるし、ORT絵本のCDもあるし
今回は文法の確認を集中してやりたいので「本だけ」というのはありがたかった。
その分、お安く買えるしね。(これ大事)

ただね、標準版と思われる左側のでも最後の方は比較級が出てくるし
それを何で教えたらいいんだ~~、という問題が出てくる(汗)
まぁ自分で紙に書いて教えていけばいいんだろうけども
せっかくなら何か教えるに程よいテキストなぞはないものだろうか。

あ、この小学生英語テスト―ライティングの問題・リスニングの問題

英語でたのしく
英語でたのしく

↑という対応テキストがちゃんとあるんだけど
出版社HPで目次を見る限りでは、ほとんどが既に教えた部分だったので
テキストはパスして問題集だけにしたという次第。

ちなみに、できる小学生のハイレベル英語問題集
中学2年程度の範囲まで網羅してあるらしい。
そうなってくるとますますどうやって教えていけばいいのやら。

何にせよ自宅で自力でやろうとしてるんだから、問題集の問題を見ながら
こちらで説明をしていくようにするしかないかな。

なので説明するワタシ用にということでこれも買った。

CD付き トコトンていねいな英文法レッスン
CD付き トコトンていねいな英文法レッスン

amazonで中身が見れたのでチェックしたんだけど
手書きイラスト&文字で説明してあって、黒板を見てるみたいでわかり易く
これならムスメも一緒に見ながら「こういうことか~」とできるかなと。

これはまだ届いたばかりなので私が見てみているところ。
「スタートでつまずかない中学英語」が終わったら
小学生用の標準問題集をやりながら、不足分は私が説明しつつ
小学生のハイレベル問題集まで進めたらいいな。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可