FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
一問一答
2011年10月21日 (金)
ムスメは文字を読むのにまだまだエネルギーを使う子のようなので
何度も読むとか音読するとかじゃ無駄に労力を使う割に頭に入らない。
人に読んでもらう方がスルスルと入ったりする。
またはテレビでちょろっと見たことの方がずっと残ってたりする。

だから学校の授業の方がありがたかったりもする。

社会は都道府県に入ってるし、しかも漢字で書くように言われてるらしいので
よっぽど有料テストよりも厳しい。学校じゃ平仮名では×だからね(笑)

理科も授業で月をやって、もうすぐ物のあたたまり方の実験をやる予定らしい。
それで先週末の第8回「水や空気と温度変化」はパスして
第11回「星のあつまり」をやった。

先に見ておいて実験でなるほど~でもいいんじゃないかと思うんだけど
ムスメは「先に答えを知りたくない~」らしい。
ドキドキワクワクして結果を想像しながら実験を見たいんだそうな。一理ある(笑)

どこまで学校でやるのかはわからないけど、そんなわけで
理科の第8回・第9回は学校の授業待ち。

実際に見たりやったりした後で予習シリーズをやると吸収が違う。

先に進んで第11回の星をやってみたら、学校の授業でもうやっていて
テストまで終わってたらしく(テスト見た覚えがあるようなないような)
大まかなものはなんだかんだと覚えてた。

学校で出てない分は全然頭に入っていかないんだけど
それでも学校の授業ってありがたいなぁと思う。
特に理科は実験や観察をしながら、先生もお話上手なようで楽しいらしい。

なので予習シリーズを読んで・・・だけで頭に入らないのも何となく納得。

私は自分で読みながら自分で手書きでまとめたい人なので
よく書かずに聞いていられるもんだと思うんだけど、これも個人差か。

とはいえ算数の問題や国語の問題はちゃんと読めているので
読みが苦手というより、読んで覚えるのが苦手。



・・・あぁ、つまりは暗記が苦手なのか(結論)


ガックリ。

そこを何とか頭の中に引っかかるように工夫しつつ
そういう部分が成長して変わっていってくれるのを待つしかないか。

でも待ってるだけってわけにもいかないので、今の状況でできることを
ムスメに合うカタチでやっていきたいところ。

平日に理科と社会の覚えなきゃいけないモノをくり返しやりたいなと思って
何かいいのはないかなと探してみたんだけど、ちょうどいいのがあるわけない。
受験用のチェック本は大まかなチェックものだし(当たり前)

なので結局またエクセルで一問一答を自作。作った方が手っ取り早い。

どちらかと言うと理科の植物・昆虫系のため。
社会は地理で何となく頭に入ってるものに今は上積みしていってる内容なので
演習問題集を少しずつくり返せば大丈夫な気がする。
もちろん社会で必要があれば作ればいいや(結局自作派)

それより理科だ、理科。
電流みたいに仕組みのものは一度じっくりやれば問題に当たってみて
あーだこーだまた理解していけばいいかなと思うけど(4年生範囲だしね)
何せ植物・昆虫系は名前を知らないことには始まらないので(苦笑)
あと星の名前関係とかも。

少しずつ平日に一問一答を入れていくと後がラクになるんじゃないかと思って
A4サイズにして大きな字で書き込めるようにゆったりモノを作った。
もう、公文もビックリなほどのプリント家庭になってきたぞ(笑)

毎日あれもこれも少しずつってのは効率的にはどうなんだ?と思わなくもないけど
本人はパッパッと終わらせて次にいくのがスッキリするらしい。
まぁ達成感はありそうだ(笑)

というわけでしばらくは必要なもので一問一答にした方が良い場面は
自作プリントで反復していくことにしてみよう。

あとは月の動きや星座の動きなんかはこれで復習。

テーマ別特訓ノート理科天体―国立・私立中学受験 図で覚えるから解けるようになる

これもゆったりしたつくりなのでところどころに入れてみたい。
特に月の見える時間とか動きは自分で図を書いていくことで
理解・納得できるような作りになってるようなので。
この辺は私もあやふやなので実は一緒にやってみたい(笑)

理科も社会も算数と同じで一度には詰め込めないってことなんだな。

あ、勉強はどれもそうか。

イッキに詰め込めないから小分けにするのが大事なのかもしれないな。
それに算数みたいに習ったものを使いながら慣れていくのとは少し違うから
そういう分野は反復あるのみってことなんだな。
英語では同じモノを淡々と反復してるのに、他教科はまだ割り切れてない(汗)

割り切って小分けだ。
算数のペースを緩やかにした今のうちに理科社会の反復のペースを作ってみよう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/21(Fri) |   |  [ 編集]
>実際に見たりやったりした後で予習シリーズをやると吸収が違う。

先に進んで第11回の星をやってみたら、学校の授業でもうやっていて
テストまで終わってたらしく(テスト見た覚えがあるようなないような)
大まかなものはなんだかんだと覚えてた。

やっぱり、blueさんのお子さんもそうですか?うちの子もそうなんです。だから、まだ、時間あるので、予習シリーズは、3年生の理科の単元とダブっているものからやっています。吸収力ちがいますよね?

エディの掲示板の書き込みでも、理科と社会は、詰め込みの受験勉強に入る前に、博物館や社会見学など外の体験があればあるほどあとの勉強につながっていく...なんていう書き込みを目にすることがあるので、たぶん、こういうことなんだなぁ~と思います。
ダイソーの100円ショップで理科の実験アイテムなどいくつか売っています。場合によっては、勉強する単元と同じ実験が家庭でできたりするので、チェックして損ありませんよ。私も、かなり買い込んでいます。(笑)社会は、テレビや漫画でフォローできるところがありますが、理科は実験の要素もあるので、やはり体験に勝るものはないのかもしれません。
私もいままでできるだけ科学館や科学工作の講座など足を運びました。でんじろう先生のDVDもおすすめです。
2011/10/22(Sat) | URL  | 繭 [ 編集]
繭さんへ
机上の勉強だけで覚えられる子って少ないかもしれませんね。
または実体験はしていないけど本を読んで疑似体験(?)で体得しているような子はいるのかもしれません。うちは本も読まないのでそれもないんですけどね(苦笑)

3年生なら本当に下地作りでいいと思いますよ。興味があればドンドン進めてもいいでしょうけど。
新指導要綱で多分うちが3年生ではやらなかったところも今年の子はやってると思いますし。

予習シリーズ4年では若干5年生の分も入ってますが、学校と併走している部分もあるので実験や観察関係は学校にお任せしつつ家ではたいと思います^^ゞ
2011/10/22(Sat) | URL  | blue@管理人 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可