FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
ことば関係
2011年10月15日 (土)
国語の中でも漢字は学校&自作プリント→復習として漢検という流れ、
読解については市販の読解ドリル(論理エンジン・ハイクラステストなど)、
また読解がヤバいと思えば「本当の国語力」で補おうという選択をしたり。

しかし語句系のものは・・・特にやってない(汗)

一応予習シリーズ副教材「ことばの練習帳」を買ってあるので
その中から慣用句・四字熟語の回をやってみたものの(以下割愛)

ぶっちゃけ、コトバ系なんてわざわざドリルで勉強みたいにしなくても
本読んだりしてりゃ知らない間に覚えるもんでしょーよ、と思ってた自分。
少なくとも自分はそうやって覚えてきた(多分)

だから何となくドリルを使うというのにも抵抗があったのも否めない。

でもそれじゃダメだとようやく気が付いた。

自分はって言うけど、自分は中学受験はしていない。
ソレ向けの勉強も当然してない。
だから「私はやらなくても大丈夫だった」と言うのはナンセンスなわけで
今の(+これからも)ムスメにとって必要なんだったら
こういうの嫌だなぁ~なんて言わず、使えばいいだけなんだよね。

そう考えると、どうしてもっと早くからドリルを使って
取りかかってやらなかったんだろう(単純)

というわけで買ってあるコレを早速コピー開始。

中学受験テーマ別特訓ノート国語言葉

慣用句/四字熟語/ことわざ/語句の意味・・・の4部構成。

重要語チェック(2ページ分)に28語ずつ、穴埋め式で載っていて
その次のページにチャレンジ問題(2ページ分)

チャレンジ問題は飛ばして、まずは4分野の重要語チェックだけを流してやる。
全部やり終えたらまた1冊分のチャレンジ問題を通しでやるか、
重要語チェックの出来具合によっては重要語チェックをもう一巡やる。

1回あたりの負担は少ないと思うので早速入れることにした。

「本当の国語力」を入れることにしたので、週末の論理エンジンは中断。
国語力が終わったらまた再開する予定。
ホント、読解ドリルなんてやってる場合じゃないのでね(苦笑)

というわけで国語は平日・週末も分けへだてなく、しばらくは
漢字プリント/国語力/言葉(テーマ別特訓ノート) の3本柱でいくことに。

国語力は最初の方は「これだけでいいの?」くらいのゆっくりペースなので
平日でも3つやっても無理はないと思う。
途中から国語力の時間がかかるようになったら言葉系は省いたりして
様子を見ながらやれる時にやっていくことにしよう。

11月末には漢字プリントが4年生範囲を終了するので、そこからは
この「テーマ別特訓ノート言葉編」を毎日コンスタントに入れられる。

漢字は2月の漢検の後に5年生範囲に入るつもりで
漢検の過去問は冬休みにやる予定なので、それまでは一旦休止。

漢字・ことば系は四谷教材は使わず自力で行くことにする。
なのでこのテーマ別特訓を何度か回して、いずれコレにしようかな。

中学入試でる順ことばの問題3000 改訂版

中身をちゃんと見たことがないので、チェックして時期も考えておこう。

それから漢字は自作プリント&漢検をやっていきつつ、いずれはコレも。

中学入試でる順漢字3500 改訂版

チェック用というのか、6年生(?)になったら何巡かできるようにするとか。
そうやって使うモノなんだろうか。中身を見てみつつ検討しておこう。

何にしても国語は四谷大塚のものではやらないので
ウッカリ置いてけぼりにならないようにしていかないとな。
算数のように積んでいかなきゃいけないという焦りがない分
ついつい後回しにしてしまいがちなのでね。気を付けないと。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可