FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
学校説明会
2011年10月24日 (月)
今年もムスメの志望校の学校説明会に行ってきた。
2年生の秋からこの時期に行っているのでこれで3度目。

年に数回あるようだけど、押し迫った時期の説明会だと
6年生対象の模試の間の開催だったり(つまり受験生の保護者が待ってる間に参加)
受験本番前の実践的な話だったりするようなので、人数も多いだろうし
6年生じゃない我が家は邪魔かなと思って遠慮してる。でも来年は出てみる予定。

邪魔にならなそうな中だと、1学期に行うものは学校の紹介が中心みたいで
秋にやるものは学校紹介+入試・募集要項について触れるので
毎年この時期のものに出席するようにしてる。

ありがたいことに過去問ももらえるし平均点も教えてくれる。
ただし合格者最高点・最低点は非公開。ついでに合格者数も非公開。

わかるのは出願者数と入学者数くらいかな。
昨年度の受験者数は多かったんだけど、実際の入学者数はほぼ定員。
これは一体どう見たらいいのか。

試験日が最初の方なので練習台で受ける子も多いのでこういう結果なのかも。
合格者数と入学者数の差を知ったら驚いちゃうかもしれないなぁ。

まず校長先生のお話があって学校の紹介DVDを見る。
前も見たかなぁ・・・でもムスメはその学年で見方も違ってくるだろうし
私も見るポイントが変わってきてるかもしれないし、興味深く見せてもらう。

その後は担当の先生から実務的なお話。

まずは進学実績。

ひょー、この学校でも進学実績から語るとは。
(立ち位置的には環境重視の学校だと思ってるので)
それだけ進学先や実績を気にする家庭も増えたってことなのかなぁ。

他には英検取得者の数や海外研修のことなど英語に力を入れているという話。

それから受験についての話。

昨年までは平均点も教えてくれてたし、そういう用紙もあったけど
今年はそういうことの書かれたものはなかった。あれれ~。
受けた子は多くて、練習に来た子達が平均点上げてっちゃったのかな。
(でも入学はせずに受けただけだった、みたいな)

他にも昨年にはあった説明の用紙が入っていなかったり
その代わりか、カラーのパンフレット系が増えていた。

それから気になったのが、若干強気な空気を醸し出していたこと。

これはオットも同感で、何というかこれまでの「ぜひ来てね」ムード全開から
「試験頑張ってね」という雰囲気になってきたというか。

でも進学校になっていこうとか、レベルを上げていきたいとかではなくて
ただ知名度が上がってきたことでマイナーからの上昇を期待しているのかも。
昨年度の受験者数増加を見ると確かに知名度は上がってるのもわかる。

だから入試問題も多少難化されていくような話だった。

これは昨年の説明会でも聞いてはいたけど、その時は
「頑張ってチャレンジするお子さんを希望します」と控え目な表現だったのが
今年は「試験頑張ってね」オーラが出てたように見えた。うーん、強気。

前は塾に行かなくても多少学校プラスアルファをやれば入れるレベルだったけど
段々とそうもいかなくなってきてるみたい。
塾に通って受験する子も増えてるんだろうな。

あー、だからか?
アンケートでも名前や住所以外に塾に行っているか尋ねられてるのは。

全体の説明会が済んだ後は希望者のみ個別相談や学校内見学。
学校内の見学のみ参加させてもらって帰宅。

個別相談は取り立てて今から聞いておきたいということもないのでパス。
来年はちょっと聞いてみたいこともあるので受けてみようかな。

帰ってきてから、もらった過去問に目を通してみる(私だけ)
昨年見た時とはまた印象が違うな・・・というのも私が成長したから(笑)

前はまだ3年生の秋で、ジュニア予習シリーズはやってたけど
そこまで受験算数って感じじゃなかったので、今になって見ると
「おぉ~、こういうのが出ますか」っていうのがちょっとわかってきた。

確かに昨年度のものはそれ以前の過去問とは雰囲気が違う。
計算問題・一行問題・・・と続いていく形は変更はないけど何か少し違う。

正直それまでの過去問は学校の勉強+ハイクラステストくらいをやれば
まぁ大丈夫かな、という気がしていたけど(受験算数に無知な私の感想)
昨年度のものは私が見ても受験用の勉強をしてないと困りそうだと思った。

途中以降はムスメがまだやっていないものなので(つまり私もできない)
難易度はわからないけど、でもいくら予習シリーズの基本レベルだとしても
やっぱり受験用のモノを見ていないと困りそう。

応用なんて必要ないけど練習問題までは確実にやれた方がいいかも。

国語も出題形式が少し変わってた。
これも昨年度までは割と抜き出し中心だったのが、自分の言葉で書かせるような
問題が入ってきているのがわかった。

これまでのものは、学校の問題に近いのかも、とか
ハイクラステストのハイクラスまではいかない程度かも、と見えていたのに
昨年度のものは組み分けテストみたいなのに近くなっているような。

この辺からも受験向けの勉強を意識してるのがうかがえる。

理科と社会は傾斜配点なのでまだハードルは低めにしてあると思うけど
これも前はほとんど記号選択だったのが(これもすごい親切だ~)
そのものを書かせるものになってきていた。今までが親切すぎたんだろうけどね。

いつからかわからないけど、意外と二科受験から四科受験に増えて
まだ数年しか経っていないのかもしれない。だから最初のほうは易しめだったとか。

どちらにしてもこれからも気を抜かずにしっかりやっていかないと
いけないんだなって改めて思った。

ちなみにムスメはもうこの学校に行くつもりでいて(笑)
学校紹介のDVDで見た中で入りたい部活を決めたらしい(爆)

本当にこの学校に通えるように頑張ろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可