FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
公開組分けテスト(後期・1回目)
2011年10月08日 (土)
組分けテストを受けてきた。

下巻の第1回目で、範囲は第1回~第4回。
前回初めて受けたのは上巻の最後のテストで、範囲は習ったとこ全て。

と思ったら、どうも「これまでに習ったこと」も若干入っているらしい。

ひょえ~。そうなのね。
確か今後の組分けテストもその時の4回分の範囲に加えて
既習範囲も入れていきます、ってどこかで読んだような。

自己採点は一応してみたけど、どうせ数日後には素点がわかるので
記録するのはそれからにしよう(笑)

感触としては算数は前回の平均点以下(偏差値48)のに比べると
学判並みにとても良い感じ。自己採点通りならかなり期待。

国語は本当に平均ジャストでも良いのだけど・・・無理だろうなぁ。
多分6割も取れてない(涙)

理科は7割くらい、社会は・・・・5割取れてないはず。

社会は「2つとも答えが合って正解」というニコイチが多くて
ムスメは片方だけ合っているというパターンが多いもんだから
頑張って答えている割には点数に結びついてましぇんって感じ。
もちろん知識の土台もぐらぐらしてるのでそこもマズイんだけど。

しかも昨日の過去問が時間切れだったのと同じく、本日も時間切れ。
しかも問題用紙1枚分が手つかず。それだけで30点あるんでね(汗)
そう思えば、答えた中での正解率はよい・・・かと思ったけどやっぱり6割弱。
うーん、フォローのしようがないな(苦笑)

トータル点数は前回よりも10点アップくらいかな?
算数が50点(自己採点上では)近くアップしてるのにコレってことは
国語と社会で40点くらい下げてるってことだよなぁ。

あー、上手くいかないもんだねぇ。
算数だけ上がってくれたらよかったのに(夢)

しかし社会は最後までできなかったことが相当こたえたみたい。
でも手を付けた分がしっかりできてればいいんだからさ~と
答え合わせしてみたらさらに追い打ちをかけた(汗)

だけど覚えてはいるんだよね。
答え合わせを聞いていたオットは素直に驚いてた。

少し前にも書いた気がするけど、県の場所や名産、地名なんかは覚えてるので
地図上で「これは何県ですか?」や「ナニナニが名産なのは何県ですか?」
みたいに聞かれると答えられるんだけど、
何て言うか複合的に問われると知っているのに答えられないというか。

うーん、上手く言えないけど。
単に問題慣れっていうことでもなくて、知識を整理できてないってことか?

どちらにしても今回の社会は私こそ勉強不足。
インプットだけに目がいっててアウトプットに関心を払ってなかった。
せっかく多少なりとも頑張って覚えているんだから、覚えた知識を必要に応じて
出せるような練習をどうやってやったらいいか考えてみないといけないな。

こういうことがわかったのが今回の収穫。勉強になりました。

4教科とも自己採点をしながら見直し、解き直しを済ませた。
家で聞けば答えられるっていうことも結構あって解き直しは短めに済んだ。
前回は当日にはやれず結局ズルズルと持ち越しちゃったので
これからはこうやって当日に見直してみたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可