FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
英語ママ教室の進み具合
2010年01月08日 (金)
冬休みを使って、英語ママ教室を開催した。

スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル)
スタートでつまずかない中学英語 (くもんのベイシックドリル)

量は決めず、キリの良いところまで。
ページの左半分の説明は、ムスメの知っている単語やORTを引用して説明。

右半分の練習問題はもちろんコピー
英語を書くのが好きなムスメは喜んでやっている。

意外と躓いたのが is と are の使い分け。
もちろんそれぞれの音は知ってるし読めるんだけど、難しかったみたい。
自分は中学で知らない間に「This is a pen.」を覚えている世代なので
どうしていいのやら。

その後に play と plays の話が出てくるので、うやむやにしては進めないので
次に進まず、そのところを繰り返し。
テキストには書き込んでいないので、穴あき問題を見て書かずに読んで復習。
書き込みはコピーにしててよかった。

それで慣れてきたので次へ進んで、一般動詞+sのところへ。
この辺はORTで読んでいるし、is are を通ってきたので大丈夫だったみたい。

そして次の代名詞へ。
(もちろん三人称やら代名詞なんて言葉は教えてないけど)
my は見慣れているけど、意外に your が馴染みがなかったみたい。

所有格と目的格まで終わったところ。
もちろんあやふやなので、またしばらくはテキストの問題を繰り返しだな。

ここまで否定文・疑問文はなし。
なぜかこのテキストでは否定文と疑問文は一番最後。
次は Please と Let's を使う文と、セットで使う言い回し(look atとか)なので
所有格・目的格の復習をしながら進めていけそう。
次に進んでもour とか him とか出てくるから、どっちにしても復習になるし。

このテキストは和訳はあえてしてないらしい。
英語どおりに「私は 食べます リンゴを」みたいに書いてある。
私も日本語のちゃんとした文で意味が載っていない方がいいと思ってるので
あまり日本語に言い直したりはしないように気をつけているつもり。

これをやり始めて気が付いたのは、結構読めるようになったこと。
書くドリルじゃないのか?という話もあるけど、読みが一番伸びたかな。
メジャーだけど教室でもORTでも目にすることがない単語が出てくるので
「ん?」と言いながらも読むようになってきた。
英語読みたい!という気持ちが強いムスメだから嬉しいみたい。

このテキストをやり始めての嬉しい影響としては
「マジックe」と「二重母音」を教えることができたこと。

あ、別にそういうページがあるわけじゃないんですけどね。

いろんな単語を目にしてみて、ムスメにしてみたら自分が知ってる
フォニックスのルールでは読めないというのに気が付いたようで
ちょうど良い機会だと思って、テキストに出てる単語を使って教えてみたら
うまいこと頭の中でハマったみたい。

特に read speak で二重母音がすっきりしたみたい。
あと know という単語で「kn の k は読まない」というルールも知ったし。

ハハとして一番よかったなと思ったのは、
「ルール通りとは限らない」というのも伝わったこと(苦笑)

だって「live」はマジックeの通りには読まないし
oo が延ばすのか、切るのかにはっきりと決まりはないし
この辺は「覚えるしかない」だったので(フォニックスの本にも書いてあったし)
英語はそういうのがあるってことが伝わったのが一番よかった。

日本語でも上地と書いて、かみじさん、うえちさん、いろいろでしょ?と。
(ヘキサゴン好きなムスメなので)
言葉なのでいろいろあるんだよ~っていうのが話せてよかった。

焦らず焦らず、復習しながら進めていこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可