FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
3学期
2010年01月08日 (金)
年々お正月の感覚というか、ありがたみが減っているんだけど
今年もお正月気分は早々に抜け、気が付けばもう新学期。
3学期なんて本当にあっという間に終わるから、次に気が付いたら春休みかも(汗)

勉強は本人の宣告通り、1月4日の月曜から再開。
オットも仕事始めだったし通常の生活に戻ったからかな。

算数ドリルはハイクラステストが昨日終了。本当に2週間くらいで済んだ。
理解してなくて出来なかったというのはなかったけど
やっぱり計算ミスがちょこちょこと・・・

今日からハイレベ問題集に入る。
ハイクラステストの目次に、やる予定日を目安として書いていたんだけど
ムスメもやる前に気にして見るようになったようで、ハイレベにも書いてくれと言った。
プリントだと私の渡す分をこなすっていう感じだったけど
1冊ものをやるようになって、目安というのか目処?も気になるようになったのかも。

ということで、2人して日にちを数えながら目次に記入。
途中「あ、この日は1日出かけるからパスしようか~」とか言いながら書き込んだ。
(そういうのもアリなんで)

今は完全私主導で決めて、ムスメはそのスケジュールに従っているけれど
そのうち自分で決められるようになるといいな。
いきなり一人立ちなんて無理なので、まずは「一緒に決める」。
今年は一緒にやる量や時間なんかを相談しながらやっていけるようにしよう。

しかしハイレベは手強いぞ~。
1日の予定は1単元(標準問題1&2・ハイレベ問題・最レベ問題)の4ページ。
量的には大丈夫かもしれないけど、途中で考え込む時間がどれくらいか(苦笑)
・・・てか、全て既に最低1回はやってる問題なんだけどね。

でも本人はやる気マンマンなので頼もしい限り。
ハイレベは2月第一週で終了予定。

最近気をつけていることは、「間違いのやり直し

一緒に丸つけをしていたからっていうのもあるんだけど
特にハイクラステスト国語読解力は間違ったところはその場で答え直し。
でもすんなり気づかないことも多いから解説をしつつ答えを引き出す・・みたいな。

わかんないまま答えが合ってりゃOKっていうのもいけないけど
一問一答のようにして私の誘導で答えを見つけるっていうのも
当たり前になってはいけないと思うようになって。

読解問題ばっかりなので、最初の方は本当にできなくて
答え直しをさせてもトンチンカンなことが返ってきてばっかりだった。
文章を読んで話としてはわかっても、質問の意味がわかってないというか。
だから一人でやらせてもダメで、一問一答しながら
なんとか答えまで辿り着くっていう状態だった。

それが最近は聞かれてる意味もわかってきたようだし
文中からの答えの見つけ方もだいぶできるようになってきたので
私だけで丸つけをして、まずはムスメに自力で直してもらうようにしている。

国語なのでハッキリ「×」というのは少ないので、「△」をつけて
「誰が?」とか「何を?」とか赤ペンで書いておくけど
最近はなるべく「△」だけ書いておくようにしてる。
でも「どこが違うの~(汗)」と言ってなかなか進まないのだけど。
これも少しずつできるようになっていくといいな。

算数は計算ミスが主だったので「×」で黙って差し戻せばよかったけど
ハイレベはどうなりますことやら。
でも間違った問題をもう一度頭をひねって考え直すというのは大事なので
なるべく黙って差し戻しをするようにしたい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可