FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
これからの予定(理科・社会)
2011年08月24日 (水)
理科と社会も週末の組分けテストに向けた復習ウィーク。

組分けテスト4回分の過去問を1日1つずつやってる。
先月の学判テスト前にも第19回を除く3回分はやったので
初めてではないんだけど、日が空いてることもあって忘れてるなぁ(苦笑)

だからこうやって定期的にテストを受けるのはいいのかもしれない(他力本願)

マインドマップ作りは、自由研究に思ったより時間がかかったりお出かけしたりで
残念ながら「マインドマップ試し」で記録した後に理科・社会ともう1回ずつ書いただけ。

理科は「第17回 夏のころ(1)」と「第18回 夏のころ(2)」で上巻を一応終了。
社会は「第16回 盆地のくらし」と「第17回 海辺のくらし」で第18回だけ手つかず。

どちらもやったと言ってもマップを書いて要点チェックを口頭で確認しただけで
サブノートまでは手つかずなんだけど(汗)
それでもマップで作った回は頭に入って残ってることが多いな、という印象。

本当は夏休み中に上巻でも覚えの悪い回のマップはいくつか作りたかったけど
そこにこだわってても仕方ないので、とりあえずテスト向けの復習を優先。

来週からの予定は、予習シリーズ下巻に入る(当たり前か)

理科と社会の場合、問題なのはその取り組み方なんだよなぁ。
どうやってやっていくのか、まだまだ試行錯誤中ではあるけど
これからも組分けテストを受けていくし、四谷カレンダーに合わせて
下巻はマップを軸にしてやっていきたいと考え中。

ただし、マップを書くのは時間がかかるので平日は無理。

やりながら大体の時間を計ってみたところ、

★私が読みながら一緒に最後まで見る・・・10~15分
★マップを書く・・・45~50分
★要点チェックを読み合わせで確認・・・5~10分

合計で60~75分くらい。つまり1時間ちょいはかかる。
でもこれをやることで後がラクになるわけだから大事な作業。

ぶっちゃけ平日の勉強時間は1時間半~2時間足らずで
そこに入れるのは難しいので相談の結果週末にやることに。
書くのも結構労力使うので1日1つ、土曜に社会、日曜に理科。

そこから先は

月曜・・・理科サブノート(自力で埋める力試し)
火曜・・・理科要点チェック
水曜・・・社会サブノート(自力で埋める力試し)
木曜・・・社会要点チェック

という感じで予定中。金曜は予備日。

前は予習シリーズを見ながらサブノートを埋めて
別の日にサブノートを自力で埋める力試し・・と分けてたけど
今回マップをきちんと書けばサブノートは埋めれそうな気がする。

なんだけど、土曜・日曜は出かけてできないこともあるので
その時は飛ばして、翌日以降の平日のサブノート・要点チェックもお休み。
そういう週は平日がラクになるわけだ(笑)

組分けテスト前の1週間は通常パターンは中断して復習ウィーク。
範囲4回分のサブノート+組分けで月~金の5日間(算数と同じ感じ)

来週まだ夏休みの間から始めていけば、多分4年下巻はギリギリ組分けには
間に合うペースで進めていける・・・はず。最後の方は冬休みもあるしね。
算数と違って組分け前の復習が二巡目になる。

これでどれくらいやれるのか、マップ作り~要点チェックまでもそうだし
公開テストもどれくらいできるのか。

理科や社会は5年生からでも間に合うって聞くし、実際そうなんだろうけど
でも四谷大塚のウェブで5年生のテキストの紙面見本を見るとすごい大量(汗)

4年生も5年生も、下手すりゃ6年生でも勉強に充てる時間を変えずに
このままいきたいと思ってるので、後回しにせずコツコツ取り組みたいところ。



しかし欲を言えば先取りでもよかったなぁ(コラ)


・・・今までもどこにそんな余裕が。なかっただろ(そりゃそうだ)


やることはやって、でも深追いせず次に繋げるつもりで取り組もうかと。
大人の話だけど、志望校の理科と社会は国算の半分の点数で基本中心だから(ボソ)
だから熱くなりすぎず、算数と同じような力の入れ具合になりすぎず
アップアップにならない程度に押さえていきたいかな。

4年下巻が終わったら、1月下旬から5年生上巻をスタートさせる。
スタート時期は四谷カレンダーと同じだけど、総合回を飛ばすことと
途中の春休みで貯金ができるんじゃないかと予測。

ひとまずは週末のマップ作り。そこでコケたらスタートから見直しだからな(笑)
もちろんマップ作りにこだわりすぎず、無理そうだったら方向転換。
何にしても無理をしない、これが理科と社会の予定。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可