FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
2年生の使用教材 単発編
2009年07月24日 (金)
気になるとつい買ってみてしまう私。
なるべくいろんな視点観点から(親も)いければと思い、取り入れています。

■糸山メソッド 絵で解く算数(低・中学年版)■

糸山メソッド 絵で解く算数(低‾中学年版) (アエラキッズブック)
★その他のイメージで数ページ見れます★

これは1年生の時に知って買っておいたものです。
ムスメは自由人な面もありながら杓子定規に考えるところがあって、
「押してもダメなら引いてみる」とか「とりあえず考えてみよう」なんてこともなく
これなら「とりあえず絵で描いてみよう」となるかな・・・と。

私自身が何を考えるにもとりあえず図にしてみる人なので
ワタシ的にはとてもすんなり受け入れられる物でした。

ただ・・・1年生時では食いつきが悪く一旦保留。
2年生になって時間や長さを分かってから、その復習のような感じで
時間や長さの入った問題をやってみるようにしました。
どれをやるかは本人に選ばせて。

「自由にやっていいよ」と言われても、慣れないと自由にできないみたいで
また計算やドリル系の感覚がついてしまっているからか
先に考え方を出そうとしたり、式で考えようとしたり。

もう少し頭の柔らかいうちに取り入れてあげればよかったなぁ・・と思いもしますが
性格的にキッチリキチキチなタイプのムスメなため
いつから始めても大差なかったかな、と思ったり(苦笑)

時間がある時にやるようにしてのんびり取り組んでいきます。

■子どものための論理トレーニング・プリント■

子どものための論理トレーニング・プリント
 ★なか身検索あり★

子供って文章の組み立てめちゃめちゃです(笑)
喋ってることもあっちゃこっちゃに飛びますし、いつ終わるんだってことも多々です。

作文や日記を書くのにいいのはないかと思っていた時に見つけて買ってみました。

私は文章を書くのがとても好きで、長いのが欠点なほど
作文でも読書感想文でも原稿用紙を埋めるのにあまり苦労しませんでした。
でも子供に教えるというのは難しい・・・

ということで少しずつやっていますが、子供としても楽しいみたいです。
「どっちの文章がわかりやすい?」で違いを考えさせたり
「どうして○○くんの説明はわかりにくいんだろう?」と考えさせてみたり
「じゃあ、こういうふうにしたらどうだろう」と例を提示して書かせてみたり
順を追って考えさせていき、最終的には自分で書けるようにもっていくというものです。

用意された単語を繋げて文章を作っていったり
それを接続詞で繋げてみると物語になったり
無理なペースではなく、「ほぉ~」という流れで進んでいきます。

基本の「いつ・どこで・誰が・何を・どうした」もあるので
日記や作文の宿題の時にメモ書きさせて作るのもわかりやすくなりました。
親に言われるより「ほら、アレにも書いてあったじゃん」というほうが
子供も素直にできる・・・という年頃になってきたのでしょう(苦笑)

■立体王「入門編」たのしいキューブ100 ■

花まる学習会式算数脳ドリル 立体王「入門編」たのしいキューブ100 (学研 頭のいい子を育てるドリルシリーズ)

立体的に物が見れる子なのかどうか、好きか苦手かもわかってませんが
評判がよかったので買ってみました。
こういうのは私よりも休日にオットと楽しくやる方がいいかも~と
図形が出てくる頃に使ってみようと思っています。

ちなみに私は立体で考えるのは苦手ではありません。
が、平面で考えるのがとても苦手です。
展開図は得意なのですが、折り紙や洋裁の本などの平面の説明はサッパリです・・・
スポンサーサイト



テーマ:小学生ママの日記
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可