FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
図鑑・百科事典
2011年06月28日 (火)
我が家には図鑑・百科事典の類がない。
だからか、だから植物とか昆虫、動物系に弱いのか・・・?

私自身は子供の頃、気が付いたら家に百科事典シリーズがドーンとあった。
大人になって知ったけど、結構なお値段で一括購入したんだそうな。

でも使った覚えはあんまりなくて、本棚に入ってた背表紙が記憶にある程度。
いや、ちょっとは使ったかなぁ。

小さい時には重たすぎるし手にも取らず、
ムスメくらいの年齢の頃には遊ぶのに忙しく(笑)
高学年になったら学校の図書館でアレコレ見たり他の本を読んだり。

基本的に図鑑に興味のないコドモだったのかも・・・これが一番の理由か(汗)

ムスメは国語辞典も漢字辞典も日々使っているので
辞書を引くのは好きだし速い。
(学校の辞書引き大会?でもクラスで1番だったとか)

「ナニナニって何?」と聞かれた時に自分で調べられるといいよなぁ。
それが百科事典ってやつか。

それに図鑑系もあると理科・社会もわかりやすくなるかなぁ。
(最近理科と社会が懸案事項だったりするので)

2年生の夏ごろにコレが欲しいなと思って本屋さんで中身を見てきたんだけど

きっずジャポニカ

今ならちょうどいいのかもしれない。
2年前に見た時は親だけが「いいじゃーん」なんて思ったけど
当のムスメは全く興味ナシ。当時は本すら読まなかったからなぁ。
(ちなみに今はヒマを見つけては読書するようになった。ビックリ)

英語の長文を読んでると、ちょこちょこと「コレってどういうもの?」と
知りたくなる物が出てくる。

「どういう意味?」じゃなくて「どういうもの?」

意味なら国語辞書でもわかるけど、そうじゃないコトもあるのでね。
英語の長文で結構いろんなことを見聞きするので
遅まきながら百科事典ていうのもあったらいいなと思う今日この頃。

あとは図鑑なんだけど

植物 (小学館の図鑑NEO) 宇宙 (小学館の図鑑NEO)

この辺が欲しかったりする。

どんだけ理科に抵抗感アリアリなんだか(汗)←私が
でもホント、自分自身が自然系なものに興味のないもんだから、つい。

こういうのって親の好き嫌いがモロに出るからなぁ(苦笑)

その他で私の強い分野はムスメもよく知ってるんだけどね。
キャンプ好きな家の子は知らない間にテントの張り方を覚えるし
お菓子作りが好きな家の子はお菓子作りも身近にあるわけだし
何にせよ家庭環境ってことだ(笑)

植物図鑑ってのは特に本当に考えるところで
でもドーンと大きいのまで買ってもそこまで必要か?なんて思っちゃって
受験だけに向けた考え方ってのもどうよ・・・と思わなくもないんだけど
でも図鑑を眺めてノンビリ自然散策という状況でもないので
興味を持てる程度?の図鑑かなぁ、とかグルグル。

それでこの間、本屋さんで見たものをひとまず購入。

中学受験 理科の実験・観察資料集

いやらしい話、受験塾の出してるモノなので
ポイント的にピックアップしてあるんじゃないかなぁと思って。
1冊ずつ分かれた図鑑の1冊分よりお安いのでとりあえずコレで様子見。

でも上のNEOの植物と宇宙は欲しいなー。
サンタさん、持ってきてくれないかなー(コラ)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可