FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
算数の先取り
2009年12月08日 (火)
基本、先取り派ではない我が家。
否定するわけでもないけれど、なるべく最初は学校で習ってきて欲しいし
家ではその復習を目安としてこの2年生はやってきた。

テキスト・参考書の類を自分で読んで予習(自学自習というのかな)というのは
まだまだできそうにないし・・というより本人の中にはない世界だと思う(苦笑)
いつかは自力でやってもらわなきゃいけないんだけども、今はまだ未知の世界。

なので、学校で習う→家で問題をやるっていうことでやってきた。

が、ここにきて市販ドリルを消化しようとしていくうちに
学校では習わない単元もやらなきゃいけないってことに気が付いた。
今は移行期間ということもあって、上の学年や下の学年のママさん達と話してても
「これは去年やった」「これは今やってる」と学年で入り混じってる状態。
だから過去にはやってたのかもしれないし、いずれは2年生でやるものかもしれない。

ドリルには入っていて、学校ではやらないものだと
例えば、はこの形や植木算、旅人算、場合の数とか、そういうもの。
(植木算・・とかは学校自体でやらないのかもしれないけど)
はこの形なんかだと身近な物だし、教えなくても感覚でやっていたり
植木算・旅人算は「小難しい文章問題」みたいなもので、
とりあえず絵を描いて考える練習だと思ってやってみたり・・で何とかなった。

ただ問題だったのは「水のかさ」
デシリットルってなんだ~。今どき使うのか?

改めて思うに、私って自分の小さい頃のことは本当に覚えていないらしい(汗)
いや、知ってますけど、忘れてます・・

単位換算が苦手っぽいムスメでもあるので、どうしようか迷ったけど
せっかくだし教えながらやってみることにした。

ちなみに

ハイクラステスト算数 (小学2年)

には載ってないけど

算数ハイレベ100 小学2年 小学2年算数最レベ問題集

には載っているので、例題には事欠かない。
それからこれにも↓説明が載ってた。

学ぼう!算数 低学年用 下 [推奨学年2年]

一応これを一緒に見ながら教え始めてみたけど、話しながら紙に書いて
説明したのが一番わかりやすかったみたい(笑)
後はもちろん入れ物や計量カップ、ペットボトルを実際に持ってきてみるとか。

後は本人がアレコレ頭を捻りながらハイレベ・最レベに取り組んだ。
単位換算もとりあえずはこなせるようになったらしい。
1学期の「長さ」で「え‘ーーっ」と思うような突飛な換算をしてたことを思えば
頭の中も成長してきたんだなぁと感じる。

最レベ問題も一通り自力で解いた。
正解は半分くらいだったけど、間違えたところを一緒に確認してみると
文章問題で引っ掛かってみたり、考え方と式は合ってるのに計算間違いだったり。
なので一応は理解できてるみたい。

・・・この「問題読み違え」と「計算間違い」って

「惜しいよね~、考え方はわかってるんだもん♪」と喜んでいいわけはなく
「惜しいよね~、本当はやればできるんだよね♪」と納得していいわけなく

最大の課題

ってことなんだよな・・・。
計算の反復練習は必死にやらなくても、という考えもあるんだろうけど
やっぱり「計算」というのは基礎の基礎、間違ってたらお話にならないんだもん
これは低学年のうちにきちんと抑えておかなくては、と思うハハなのだった。

まっさらの状態で初めての先取りをしてみたんだけど
結果としては心配していたよりも大丈夫だった。

心配ってのは、ムスメがちゃんと話を聞くかってことなんだけど(汗)
私の講義ちっくなものを嫌がらずに聞くのかなぁって。
問題プリントありき、で始めたので「これをやるには話を聞かねば」という
ことでよかったのかもしれないな。

先取りについて考えるところがあるので(というより予習かな)
これはまた別の話にて。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可