FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
地動説
2011年06月03日 (金)
予習シリーズの理科、今週は時間がないので
要点チェックのページをコピーして書き込みをして完了、ということに。

これまでは要点チェックはムスメが読み上げ&私が答えを見ながら聞く・・で1日、
翌日にサブノートを埋めるってやってたけどサブノートが負担な週もあるので。

それに読み上げるだけじゃ案外と頭に入ってない、というか
どうせやるなら読むだけより書く方が効率的に頭に入りやすいかなと思って。

いや、ちゃんと頭に入るという話じゃなく(苦笑)
どちらがちょこっとだけでも残りやすいか・・という話。

それで今週の理科は天体の話。

自転と公転なんて聞いて(話して?)くるもんだから
ガリレオを持ち出しつつ話をしてやると

えー、私達(=地球)の方が回ってるの~~?

やはり地動説を初めて知ると信じられないもんなのか。
こういう人たちが多数だと、ガリレオが悪者になっちゃうわけだよ。

脇道へそれたのはさておき、うーん、天体系は大丈夫かなぁ。
私が星座とかあまり明るくないんだよな。

・・と思ったらその後からコレを読んでた。

ドラえもんの理科おもしろ攻略 天体(地球・月・太陽・星の動き)がわかる (ドラえもんの学習シリーズ)

頼みの綱のドラえもん。
だいぶ前に買っておいて、今までもちょこちょこ見てたとは思うけど
今回はかなりフムフム・・と読んでいた様子。

ホラ見て、ママ~!と見せに来てはいろいろ読んで聞かせてくれる。
これでわかるかなぁ、どうだろうなぁ。

やっぱりドラえもん学習漫画は前もって置いておくに限るなと改めて思った。

最初は漫画のところだけでいい。
途中の説明やら計算やら実際の問題を解くところは飛ばしててもいいや。
実際に学校で習ったり家での問題集に出てきたりした時に
もう1度読みに戻って、今度はフムフム・・・となればいい。

そういえばムスメは「前に読んだよね」とか「あそこに書いてあった」と
いうのは結構残ってる子で、国語のドリルで読んだ題材の文章の中で
知り得た知識(国語とは全く関係ない砂漠の話だとか)を何かで繋がった時に
「そういえば・・・」と引っ張り出してくることが結構ある。

だからって記憶力が良いとは限らないんだけども
1度見たり聞いたりしたものは意外と残ってるタイプみたい。
先生の話も、別に伝えるように言われていなくてもきちんと教えてくれたり
集会での校長先生の訓示(?)も話して聞かせてくれる。

しつこいけど、だからって記憶力が良いわけではないので
こういうタイプの子には書いて覚えろ!っていうんじゃなくて
話の流れで入れていく方が合うんだろうなとは思う。

こういうのもいいよなぁ。

ガリレオ・ガリレイ―「それでも地球は動く」といった物理学の父 学習漫画 世界の伝記 [単行本]

私が読みたかったりして。

そういえば英検の準2級過去問の長文の中にサリバン先生の話があって
聞いてみたらヘレンケラーも知ってるような知らないような・・・
名前くらいは知ってる~だったかな。そんなもんかとちょっと驚いた(汗)

歴史ものは「そーなんだ!歴史編」で着実に溜まって、いや貯まってるけど
人物的なものに関しては足りてないところがあるからなぁ。
片っ端からというわけではなくて、話に出てきたものは家に置いておくか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可