FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
小数の計算チェック
2011年05月18日 (水)
どうも小数の計算がアヤシイ?と思い
「計算と一行問題集」をお休みしてこちらでチェック中。

小数の計算 (日能研ブックス―算数基礎マスター)

まず巻頭の57問をやって、苦手なパートをチェック。

最初のたし算・ひき算・かけ算は難なくスムーズに進んで
わり算も「わる数が整数」の場合は難なく進んだ。

ちょいちょい引っかかってきたのが「わる数が小数」のもので
「小数÷小数」になるとドッチラケな感じになってきた。
それから同じく「小数÷小数」で余りが出る場合。

どうも小数点をずらすことがわかってないらしい。
そして「余りだと元の小数点の位置のまま」というのもわかってない。

学校でやったことまではきちんと理解できてるので
我が家の場合はビバ学校!で感謝してるんだけど
小数のわり算はまだまだ学校では出てこないからなー。

予習シリーズでは上巻の第17回で「小数÷整数、あまり小数」をやったけど
その時もいまいちスッキリしてなかったみたいだからなぁ。
あ、予習シリーズでも「小数÷小数」はまだ出てないのか。

しかし基本さえわかればケタ数が増えてもできるという考えなので
ここで小数の基本をきちんとやっておこう。

最初の57問でアヤシイ計算のパターンを見つけたら
その番号のページの練習問題をやって確認・練習するというのが
この本の正しい使い方(?)らしい。

小数の計算 (日能研ブックス―算数基礎マスター)

ムスメは40番あたりからアヤフヤになってるっぽいので
40以降をコピーして練習。

練習のページでは6問のうち最初の2問は筆算になっていて
数字を書くところが口(四角)で用意されているので、埋めながら練習。
残り4問は式だけなので自分で筆算にして練習。

練習問題は右ページのみで、左ページはやり方がポイント付きで書いてあるので
アヤシイところは確認しながらやることができる。

本当につまづいたところから復習できるようなカタチになってるらしい。

筆算の練習問題が用意されてるのは、小数点で混乱しているわり算は特に良いかも。
埋めながら「あ、そういうことか」とやっていけるのがいいしね。

先取りするつもりはないんだけど、文章問題をやっていて出てくるようになったら
否応なしにやれなきゃいけなくなるので、この機会にきちんと確認しておきたい。

予習シリーズでは「小数÷小数、あまり小数」は下巻の第18回で出てくるらしい。
その時にきちんとできるように今は下地作りということでやっておこう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可