FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
我が家の小学生の家庭学習の記録(※現在は高校生)
自作漢字プリント
2011年05月23日 (月)
毎日コツコツの自作漢字プリント。
最初ほど時間もかからずにできるようになってきた。

1枚に2字ずつ、3年生の漢字は200文字だから100枚(!)
60枚を過ぎたところで、もうすっかり習慣になってる。
そりゃ60日間かけてやってるんだから当たり前か。

枚数の積み重なりが日々の積み重ね。
これを短期間でやれ!と言っても無理なので本当にコツコツに限る。

短文作りも書きながら「~~って変?」と時どき聞いてくることもあるけど
変じゃないことの方が多くなってきた(最初は変なのばかりだった・苦笑)

実は私に見せる時は私の膝の上に座って一緒に見る。
普段鬼ハハなので、こういうところは甘えさせてる。儀式みたいなもんだ。
見せ終わったら「次~!」とピュ~ッと自分の机へ戻って行く。
(漢字プリントが一番最初なので)

時間があれば熟語を見ながら話をしたり、私も短文を作って聞かせたり。
言葉を意識して伝える時間にもなってるかな。
普段から意識しとけよって話もあるけど(苦笑)

書き順・画数・部首を確認しておくと、案外覚えている子なので
これで結構なチカラになってくれてるんじゃないだろうか・・・と思いたい(願望)

熟語のチカラがどれくらいついているか、まだわかんないけど。

4年生の分を早くやりたいなぁ(コラ)

知ってる漢字が増えてきたっていうのもあるし、習ってない字でも短文作りで
使ったりできるようなので、この自作プリントだと先取りもできるかも。

なので4年生の分は四谷大塚の「漢字の学習」に揃えちゃおうかな、なんて(コラ)

いやいや有料の公開テストを受けるなら、こういう知識系は入れておきたいし。
四谷大塚のHPで目次が見れるので参考にさせてもらいつつ(コラコラ)

ちなみに学校の漢字の小テストはいつもほぼ満点。
字面はすんなり頭に入るタイプみたい。
ほぼ・・って言うのは、毎回満点じゃないから(汗)

でも間違える字も、一本足りないとか世の中にない字を創るということはなくて
同音異義語を書いてしまうパターンがほとんどなので
漢字の学習においては熟語や使い方が問題なんだよなぁ。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可